四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 11日

アフロブログ

「だからねえさん、別に好きじゃないって言ってるでしょ!」
のTEINENPI GIRL グッズ。弟からのプレゼント。
姉さんが、好きじゃない事を知っていながら、弟しつこくプレゼント。
f0097924_0574726.jpg


連休2日間実家に帰ってノンビリ。

母が檀家の新年会で被ると言う「金髪アフロ」で記念撮影
f0097924_058775.jpg

「年寄りと話すと、病気と、孫の話しかしない!」
と、母70歳。
「あんたは、かつらが馴染んで、面白く無いねぇ~」と、私に文句。
母はコレ↑をかぶって詩吟を披露するそうで。

本人が、面白くもないのに、面白がらせようとするのは無理があるけれど
本人が無意識に面白がっている事は、自然と面白さが伝わってくるもので
母は金髪アフロで詩吟が最高にウケル!そうする自分に笑いが止まらないものだから
きっと周りのお年寄りも同じ気分になると信じているわけで。

この考え方、私がブログをUPする時に心がけていることにそっくりで。
無意識に面白がっている事が、共感してもらえる時はやはり嬉しくて。
さらに、共感できる方にお会いできるとさらに嬉しくて。

連休3日目は、たぶん私と似たようなアンテナをお持ちなんだろうな~
と、(そうじゃなかったらごめんなさいっ!)思われる方
と、お会いすることができました。
正確には、2時間かけて会いに来てくださいました。
大手自動車会社から、名古屋のその道では有名なレコード店で鑑定士、そうしてトマト農家へ
面白そうな人生を歩みつつ、これからのビジョンをしっかりお持ちの方の話は本当に面白くて、
夫も一緒になって夢中でおしゃべり。
まともに話をするのは初めてなのに、旧知の仲と、言った気分。
ブログの力恐るべし。
f0097924_0583261.jpg


彼女が帰った後。
すごく気持ちが良くなり、何の話題の関連も無いのだけど
CDを引っ張り出して来て、
以前、自分に「何かあった時」に何回も何回も聞いていた曲を聴いてしまった訳なのです。

いわゆる、少女時代大貫妙子が好きだったなぁ~って、その周辺も良く聴いていたなぁ~
でもなぜかこの曲は大人になってから「月面軟着陸」でシビレタよな~とか

女アフロ繋がりで、とにかく「私に力をくれっ!」と叫びたい時ひたすら勢いのいい曲なんで、その勢いだけで、自分を奮い立たせたな・・みたいな。

何か、伝えたいけど、伝わらない事はわかっていて
半分はつぶやきなのだけど、そのつぶやきから何かわかる?
みたいな、そん気分をブログにするのは難しいなぁと言うことで。
わかるかな?わかんねぇだろうな~で、
昭和アフロの松鶴家千とせで、強制終了する私なのでした。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-01-11 23:30 | 浜松(生活) | Trackback
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/15318011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 玄関前冷蔵庫・・・      高知釣行 長すぎる番外編 >>