四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 31日

石垣島至福の時たぶん その1

作品タイトル「至福の時 in 石垣島」
f0097924_13513561.jpg

では無く!
本当の至福の時はこの海で
f0097924_13515041.jpg

今回旅のメインは朝から夕方までシーカヤックで!
とんでもない魚を釣って、エメラルドの海の上で「至福の時」を迎えられられられ・・・・・
f0097924_13522439.jpg

と、少々壊れてしまいそうになるほど
シーカヤックは楽しかった・・・・とんでもない魚は釣れなかったけど。
f0097924_1353019.jpg

「初心者では、中止してました!」と、おっしゃる今回お世話になった
RED HEADのガイドの赤木さん。たぶんすごい風なのに、スイスイ・・・・
それもそのはず、風速7、8メートル
f0097924_13534382.jpg

風で海面ちりめん状態。
腰の下ではうねりを感じ、目の前白波・・・・
浜名湖のゆるゆるカヤック夫婦危うしっ!
ですが、不思議なほど恐怖心は無く、どちらかと言えば
うひょ~とか、うほほ~とか波が来るたびに二人とも声が出てしまうハイな感じ。
夫まずは、ミーバイ連発っ!顔が怖い・・
f0097924_13581094.jpg

流されながら釣り、また必死に戻りを、何度も何度も繰り返し
正直厳しい状況。
こんなタフな状況に、釣れる魚はどんなタフな魚達だろう・・・
劇画調の顔に(たぶん)なりながらキャストを繰り返すと
どおおおおっと、すごい引き
ありゃ?!っと、引きだけはいっちょまえ
おめめパッチリ!イソフエフキ?
f0097924_13591936.jpg

強風の中、妙なアドレナリンが出始めて
もっと、もっと、漕いで、
もっと、もっと、釣ってやるぅ~
疲れているけど気持ちいい~
f0097924_141243.jpg

サイズは小さいけれど
夫と二人
なんだのアミメフエフキ
f0097924_1421978.jpg

かんだのムルー
f0097924_14143398.jpg

と、二桁釣っておりました。
気が付けば日が傾き始め・・・・・

子供のころは、楽しい時間に終わりが来ると
泣きたくなるほど、悲しくなったけど
f0097924_1442671.jpg

年と共にそれほど楽しい時間もなくなり
大人なりの悲しい気持ちを回避できる方法をみつけたりして
それほど、時間の終わりが怖くなくなったけど
石垣島を離れる時が怖くって、泣きたくなるぐらい悲しくなるのです。
お決まりのセンチメンタルな写真↓
f0097924_14185866.jpg

そうそう一つ目標ができました、シーカヤックをアセアセ必死に漕ぐのではなく
脱力&ミニマムの力で漕ぐと言う事です・・・・釣りもそう言って早20年力みっぱなし。
そんな訳で旅行の洗濯そのままで、背筋、胸筋、鍛えにジムに行ってきます・・・あーいそがし。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-10-31 14:25 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/16761157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Clearwater0606 at 2011-11-02 17:43
3枚目の写真、良いッスね。心ひかれる物を感じます。

しかし、海の水の透明度が凄いですねえ。石垣島ですか。行ってみたくなりました。
Commented by furimukebakaeru at 2011-11-04 17:34
Clearwater0606さま

ワイドで写したつもりが、全くワイドになってませんでした~
もっと、バックに海が広がっている様子を写したかったのですが、思い通りに行きません・・・・・
そうなんですッ!感動の透明度です。場所によっては水族館の様に
魚がカヤックの下を泳いでいる姿が見えるそうです。
風速8メータとか、白波やうねりなんてClearwaterさんなら、全然問題無し!なのでしょうね。穏やかな海は、正直面白くないと
ガイドさんもおっしゃってました。ずーっと漕いでいるとランナーズハイ
のような、気持ちいい~!状態になるそうですが、そうなのでしょうか?
ユルユルですが、いつかそうなってみたいっ!


<< 釣れいや、ツレがうつっぽくなりまして      にわか「ひこちゃん」 >>