四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 23日

飲む、彫る、彫る

狩猟の神様諏訪大社より
「慈悲と殺生は両立する」と言う教えを元に、発行される狩猟の免罪符
「鹿食免(かじきめん)」
f0097924_1047438.jpg

その教えの元、集まった男達その名も「鹿食men!」
天白のシャーマンお手製の、神聖なケモノ燻製の数々・・・・
f0097924_10473519.jpg

今回、その秘密の集まりに、お仲間に入れてもらいました。
シャーマンの素敵妻ASUKAさんと、「鹿食わらし」タマちゃんも一緒。
すべてが美味しくて、大変贅沢なお料理。
f0097924_10502544.jpg

お集まりの鹿食menの殆どが、自転車男子。
なにしろクエストてんちょがいらっしゃったし。
f0097924_10491739.jpg

SURLYだぁ、ミニだぁ、ロータスだぁ、オヤジ肉だぁ、奥さん漬けだぁ、飲み屋のみちこだぁと、話題も豊富。
いやぁ~、バランスの取れた、四十路男子達。いるいる所にはいるもんだなぁ~
と、バランスを崩した四十路女が感動!
みなさまご馳走さまでした!

さて、神聖な集まりと言えば、翌日。
会場同じくして、彫刻家「はしもとみお」さんのワークショップに参加。
f0097924_10553421.jpg

先生のトランクには、可愛らしいいきものの息づかい。
木ということを忘れてしまいそう
f0097924_1056321.jpg

そうです!わたしゃ自然の素材で小さく彫られたカワイイ生き物を作りたい
f0097924_10562366.jpg

ところがどっこい、前日に食べたケモノ肉が、効いたのか
彫られた生き物は、生き生きしすぎてなにやら怖い・・・・
私は「あなほりふくろう」を彫りました。
おそらく前世は同じ部族と思われる3人が彫った生き物達。
f0097924_10564286.jpg
それぞれの作品が、全く違う生物なのに何故か同じDNAを感じてしまうのはそのせいか?
毎回ながら、彫刻は、2次元から3次元へ、更に、異次元への貴重な体験。

貴重な体験と言えば
昨日の公益財団法人浜松国際交流協会主催の「多文化体験スクール」
で「消しゴムハンコ」の1日センセをしてきました。
総勢15名のブラジル人とインド人の浜松在住外国人の皆様。
f0097924_1057743.jpg

去年参加してくださった方の息子さん。
母よりも、消しゴムハンコ大好き!で上達早し。たくさん作って来てくれました。
f0097924_10573547.jpg

ブラジル人にも人気のアンパンマン
リクエストにお答えして、ほり出せば、細かくて大変っ!
「口は鉛筆で書いてねっ!」と、笑って誤魔化し逃げる・・・・
f0097924_1058694.jpg

インド人の方々は器用な方が多くて、感心。
代表してお一人パチリ。
f0097924_10581990.jpg

みな夢中で気が付けば、時間が45分もオーバー
f0097924_110482.jpg

言葉は殆ど通じませんが、
「コミニュケーションってこういう事?」なんて思ったりもして。
緊張もしますが、楽しい時間を過ごす事ができました。
f0097924_111155.jpg

いろんな人と会って何かをするということは、大変エネルギーを使うことですが、
使ったエネルギー以上に、また、新たなエネルギーをいただけるような気がするなぁ。
と、感じる約一週間でございました。
ちなみに補給できない夫は、MAX不機嫌でございます。
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-03-23 01:30 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/17339644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 結局、夫婦で高知が好きながよ      プチ鯨海酔候 >>