気分は、四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 06日

夏休み終了

グラビアアイドル風にポーズ。
普段は寡黙な夫も石垣島では、ちょっと変人いや別人。
f0097924_1381084.jpg

今年の夫の夏休み
終わってしまいました・・・・・
テラピアとも遊んじゃったもんねの、後姿。
f0097924_1385639.jpg

一番の心残りは、このポイントで出た60センチ級の鋭いアタリが取れなかったことだそうで
f0097924_1391354.jpg

翌日も朝から同じポイントへ。
無反応に悔しがっている夫の横を、おじいさんが車でわんこの散歩
ゆるい・・・・
f0097924_2341735.jpg

台風のお陰で
連日強風に悩まされましたが
久々リーフでのフライに集中。
f0097924_1392932.jpg

「どうであれ、釣りさえ出来ればいいのだ」と言うことで
時間のある限り、力いっぱい釣りをしました。
結果は大変シブかったですが。
f0097924_1395383.jpg

私が、唯一、フライでまともに釣ったお魚は
ヒロサーくん。
f0097924_1401019.jpg

「自分の好きな色全部身に付けてる?」と、自分の将来を見ているようなカラーコーディネイト。
「そのセンス大好きです!」と、告白しても返事無し。
f0097924_1405826.jpg

夫は、地道に釣り続け。
なぜかサイズは、沖で釣るサイズの五分の一
もんがらのお子様
f0097924_1413628.jpg

ミミジャー?のお子様
f0097924_1421666.jpg

アメリカのお子様
f0097924_1425628.jpg

ミーバイのお子様
f0097924_1451820.jpg

河口では
ジャックのお子様
f0097924_1433973.jpg

シーラカンスのお子様ではなくて、ホシマダラハゼのアダルト
f0097924_1443485.jpg

釣りの合間の一息。
ランチは2日間とも嘉とそば。
ソーキそば。上品な軟骨ソーキに上品なおダシ。
f0097924_146448.jpg

2日目は石垣名物車海老付。プリプリの甘い海老。
皮まで完食。
f0097924_1465845.jpg

石垣島にはお洒落なカフェが結構あるにも関わらず
とってもインパクトのあるお店で
f0097924_1471813.jpg

石垣島産の自家焙煎コーヒーをいただきました。一杯500円
うーん、ちょーアメリカンッ!
f0097924_1473163.jpg

八重山そばの400円が激安に思えてくる。
f0097924_149369.jpg

親切なコーヒー屋のおかあさんに
「クイズです、これはなんでしょう?」と、
一口食べて夫「昆布!」ブッブー!私はその苦味で「ゴーヤー!」とピンポーン!と正解。
2キロのゴーヤーを三温糖でじっくり煮たそうで、美味しいでしょ?止まらないでしょ?とおかあさん自画自賛。
確かに、今が旬のゴーヤーはみずみずしくて大変美味しい!
f0097924_1475267.jpg

そういえば、心の居酒屋「錦」のゴーヤーチャンプルーも厚切りだったなぁ・・・
写真は、初オーダーのジーマミー豆腐の揚げ豆腐
ふわふわで濃厚なお豆腐最高~
f0097924_150430.jpg

なっ、なんと!夫がミルクさまに見える~
f0097924_1571153.jpg

八重山地方の神様、ミルク(弥勒)さま↓
f0097924_1573593.jpg

お魚があまり釣れないと
風景と食べ物の写真が多くなるのは、自分のブログの傾向です。

たとえ釣れなくても、旅行には小さなドラマがたくさんあって
今回は、初めてアカショウビンを見ることができました。
水に見えるリングはアカショウビンがダイブした後に出来たもの。↓
真っ赤なくちばしは艶々と光り、まるで宝石のよう
3回ダイブを繰り返し。
夫とふたり息を呑む体験を久々にしました。
f0097924_158597.jpg

コーヒー屋さんのおかあさん曰く、牧草地が増えてから
アカショウビンも減ったとのこと。
お店の写真も古くて絵の様。ちょっぴり幻想的
f0097924_2105294.jpg

石垣島から帰ってくると、
「もう、どうでもいいね」と、つい言いたくなり。
でもそれは自暴自棄になった訳では決してなく
石垣島でまた釣りができれば、どうでもいいということなのですが
まあ、でも、本当に、しばらくは、どうでもいいです
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-06-06 02:24 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/17623924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tac-phen at 2012-06-06 06:21
石垣島、いいですね。

海の透明感がすごいですね。

それにしても大漁じゃないですか!

こんな休日過ごしてみたいです。

ブログランキング、ポチリ。
Commented by ひゅるるるるるるー at 2012-06-07 00:07 x
 tande akaショウビンです。やんばるの山中でこの泣き声を聞いて育ちましたが、姿を一度も見たことがなく、怖い、謎の鳥でした。宮古島で初めてナマの姿を見ましたが、その燃えるような赤い色は感動でした。東南アジアとを行き来する渡り鳥なんですね。
 そして、見崎のつがいは本島素通りなんですね。(←やっかみ)
Commented by Clearwater0606 at 2012-06-08 23:23
今回も充実した旅だったようですね。5枚目の写真、凄いですね。海の美しさが、半端じゃないですね。

ちなみに、色んな魚を釣っておられますが、catch and releaseなのでしょうか?それとも、catch and eat?
Commented by kazusanokami at 2012-06-09 07:24
「車でわんこの散歩」、笑いをこらえてもこらえても、笑ってしまいます。
この写真だけ、何で、縦横比が違うんやろ?トリミング?ケータイカメラ?と、笑いながら悩んだりもして。
その次の「釣竿と海」、波の絵筆が描いた油絵のよう。
秀逸です。
「アカショウビンの残したリング」、その姿が目に浮かびます。
そ姿が写っていないからこその、いいブログです。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-11 09:51
tac-phen さま

はじめまして!なつかしのランキングからですか!
もうエントリーしてないのですが、tac-phenさんへポチリ。

石垣島、病気になりそうなぐらい良いところです。
2日間で、このお魚ではたぶん石垣島ではまだまだ・・・・
機会があったら、是非!サイクリングも楽しそうです~
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-11 10:03
tande akaショウビンさま

どこか物悲しげで、幻想的な鳴き声・・・・
と!思ったら、幻の鳥tande akaショウビンさんでしたか
マングローブ、あだんの実、真っ赤なアカショウビン
田中一村の絵の様な風景に、レーパン履いたtandegaさん・・・・・

素通りしてませんYO!
見崎つがいは、毎回那覇空港で八重山そばもしくは、ソーキカレーを食べて1時間は、羽を休めてます。

余談ですが、苗字「見」を「美」に変えたら、沖縄っぽいかしら・・・・美崎に憧れます。




Commented by furimukebakaeru at 2012-06-11 10:07
Clearwater0606 さま

おかげさまで、台風にびくびくしながらも充実した旅でした
5枚目の写真は主人が、めずらしく写したものなのです。
魚が釣れないと、景色を楽しむ余裕が出てくるようです・・・・

catch and releaseです。。。旅する釣り人はクーラーボックスを持っていけないのが主な理由ですが。
ガイドさんと一緒でeatもOK!と、鼻息荒い時は、eatできる魚が釣れないのです・・・・・(涙)
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-11 10:21
上総の守さま

おおっ!鋭い(?)ご指摘。そうなんです~縦横比違います
この部分を強調したかったので、余計な部分はカット!トリミングしました。
先回りすれば、ワンコが車を牽引しているようにも見える写真も撮れたのに・・・心残りです。

褒めていただいた写真、主人が撮りました。
喜んでました!が、魚は釣れなくて、あーあーこんなキレイな海なのになぁ~という気分で、写したそうです。

見たい鳥NO1のアカショウビンが見れたことで、約10年かけて
かわせみ、やませみ、アカショウビンのグランドスラム達成できました!


<< おらがbefore after      初ドック、初カヤック >>