四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 19日

高知旅行と台風

先週末は
母と一緒に、高知「おいしもん食べるぞ!」旅行。
もちろん釣りは無し。

お天気イマイチ。
初めての電車de瀬戸大橋。
「あの山は、何?」
「うどん富士」いい加減に答える娘。
f0097924_17102798.jpg

お料理自慢の高知のお宿に泊まり。
f0097924_17421349.jpg

こーんな料理たべちゃったもんね。
f0097924_17421919.jpg

かつおの塩タタキ。
f0097924_1131215.jpg

高知産のヒラスズキさん。
いつもと違った姿でお会いしました。
f0097924_1742518.jpg

土佐赤牛。お箸で切れます・・・・
f0097924_17425546.jpg

と、昨日までは、高知の美味いもん写真を「どや!」と、嫌味なほどのせまくり、
さらに、ブログの最後には
「旅行の目的が違うと、その土地を、また違った目線で見ることができ。
さらに、旅の目的はどうであれ、高知の美味いモンと、居心地の良い雰囲気は
変わらないのでありました・・・・・」と、やっぱり高知大好き!の言葉で締めようと思いましたが。
f0097924_11241086.jpg

今朝の我が家の様子を見たら、
浮かれ調子の自分にちょっとしらけてしまいました。
f0097924_11242474.jpg

台風4号直撃。正直怖かった・・・・
久々の長時間の停電にも焦りました。
f0097924_11244573.jpg

うつ伏せにしてあった、カヤックは何故か、フェンスに立てかけてあるし。
f0097924_11245797.jpg

カモフラカヤックに避難しているカエルはカモフラなのか、と細かいところに気になる。
f0097924_11251930.jpg

ゴーヤー棚は倒れ、ゴーヤーは潮風のせいで、焦げたようになってしまいました。
f0097924_11255554.jpg

花をつけ始めた枝豆は、みんな北西へ向かってお辞儀中。
中には土下座の方もいて、再起できるか心配です。
f0097924_11261960.jpg

ご近所さんでは、温室が飛ばされ、さらに、窓ガラスも飛び。
我が家は大したことが無くてよかったです。

停電で、わかったことが一つ。
停電最大の敵は「蚊」と言うこと。
ベープリキッドが効かなくなった為に、夫婦で5箇所以上。
真夜中襲われ、寝不足です・・・・・・

ホンの少し前は、ハイだったのに、予期せぬ出来事にテンションさがり、周りの環境に振り回されて
そんな事を繰り返しながら人は生きていくのね・・・・・と言うことで。
皆様の被害も少ないことをお祈りしています。

と言いながらも、高知美味しかったです・・・・・
f0097924_11385882.jpg

土佐清水のプリプリのゴマ鯖の刺身で締める私なのでした。
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-06-19 17:52 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/17672626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BUZZ at 2012-06-20 12:04 x
台風直撃被害、大変でしたね。
スピードが速かったのでこちらは台風が来た実感なしで通過しました。
Commented by korosuke at 2012-06-20 16:14 x
台風の被害甚大だった様ですねぇ
そちらに呼び込んでくれたおかげで、家の畑は無事でした。
復旧頑張ってください!
Commented by やまひろ at 2012-06-20 18:55 x
ヒルツさんお楽しみの枝豆、回復するとエイ!ですね。
お二人が無事で何よりです。

また高知の美味しいもの(自分が言うのもなにですが)で癒されに来てくださいね!

Commented by tandega at 2012-06-21 01:10 x
 全ての愛情を注いだ農場の、無事と回復を心よりお祈り申し上げます。そう、ゴーヤーは熱に強いけど、風に弱いんだよね。おとうのエダマメ回復作業に思わず「いいね!」とは言い切れず、でもすごくシンパシーです。(日本語アヤしくなってきたので、このへんで)
Commented by ふくちゃん at 2012-06-21 22:26 x
こちらは空振りに終わったので、たいした事無かったって思っていたら
大変だったのですね。お見舞い申しあげます。

うちのゴーヤが育ったら、おすそ分けしますね。
Commented by 夜羊歯 at 2012-06-22 08:28 x
あぁ・・直撃でしたか。あぁ、何と言っていいのやら・・・
ゴーヤの塩害が心配ですね。復活お祈りします。
それにしてもカエル姉さん好みのステキなカエル!
うちはトノサマ参上です。
Commented by Clearwater0606 at 2012-06-22 22:26
「うどん冨士」、そのネーミングのセンス、ナイスです。

カエル君の柄、なかなか良いですねえ。かちょ良いッスね。
Commented by at 2012-06-23 06:44 x
全滅じゃないけど、全滅じゃないけど・・・
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 09:41
BUZZさま

お返事大変遅くなってもうしわけございません!

名古屋は、大したことなくてよかったですね!
昨日行って来ましたが、タンデムのお庭もきれいでした
コチラのお庭は塩害が酷くて、まだまだ台風引きずってます・・・・
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:01
korosukeさま

お返事たへん遅くなってもうしわけございません!
台風がそれてよかったですね。

高知、私たちがお邪魔した時からずーーーーーーっと雨なのでは?
高知の雨粒は、大粒ですよね。身体にあたると痛いです。
korosukeさんの高知のお散歩風景、良いですね。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:08
やまひろさま

お返事遅くなって申し訳ございません!

釣りぬきの高知は、もう食べるしかない!!と言った感じでした。
母も高知のファンになりましたよ。
歯の悪い年寄りにも美味しく食べられるものが多いと感動してました。

おかげさまで、枝豆はなんとか持ち直しました!
塩害枝豆でビール。また妄想がはじまります。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:26
tandegaさま

お返事遅くなりまして申し訳ございません!

おかげさまで、おとうのえだまめなんとか復活しそうです!!
ちなみにおかあのモロヘイヤは全滅です。愛情が足りないからでしょうか?と、人生相談。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:28
ふくちゃんさま

お返事遅くなってすみません!

わーい!ゴーヤだゴーヤだ!
と!家族中でよろこんでおりますので、よろしくお願いします。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:43
夜羊歯さま

お返事遅くなって申しわけございません!

そちらは台風の被害がなくてよかった!
ゴーヤーは駄目でした・・・・とけちゃいました。


ところで、オケラって種を食べてしまうのでしょうかねぇ。
植えても、芽が出ないと思って掘り返しても種は無し。
オケラの通り道跡が多数!夫はオケラのせいと、決め付けてます

これから、って今も忙しくなりそうですね!身体に気をつけて
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:50
Clearwater0606 さま

お返事遅くなって申し訳ございません!
「うどん県」のお山はなんでもうどん富士でごまかしました。

カモフラかえる。主人も「かっこいい!」と言ってました。
男性はこの柄に弱いみたいですねぇ
と、言いつつ私も弱いですが。
Commented by furimukebakaeru at 2012-06-27 10:51
夫さま

だから、ガンダムネタはわかる人のところでお願いしまスー
わけわからんし。
Commented by kazusanokami at 2012-06-30 00:25
「うどん富士」、上手いこと、言いますね。
今度、使わせていただきます。
写真の、瀬戸内海に浮かぶ「うどん富士」は大槌島やと思います。
讃岐平野の「うどん富士」は飯野山、讃岐富士とも呼ばれています。
瀬戸内海の島々や讃岐平野の山々の幾つかが、うどん、否、おにぎりの形をしているのは、先史時代の瀬戸内海の形成が関係しているようです。
《讃岐生まれのkazusayomeの亭主、上総》
Commented by furimukebakaeru at 2012-07-02 15:35
上総の守さま

お返事遅くなって申し訳ございませぬ
あらっ!上総の守さまのおかみさま、いや、奥様は「うどん県」のお生まれでしたか!
そうなのです、香川県の山々は、子供の描いたような、かわいらしい「お山」の形をしていて見ていて和みますね。
出来ることなら毎回瀬戸内側からの景色を見ながら四国入りしたいと、思えるような景色でした。
飯野山「うどん富士」見たことあります!!


<< 思いやり週間      おらがbefore after >>