「ほっ」と。キャンペーン
2015年 01月 11日

ベトナム旅行記 その4 俺様怪魚に挑む・・には無理があった

いよいよ!ベトナムの釣り

1日目 夢の雷魚と対決!(妄想)

朝も早くから、ニャチャンで一番大きい川Cai Riverに、張り切って出かけました。
ホテルからビーチを歩いて20分(普通タクシーで行くらしい・・・)
どよーん~~~~
f0097924_8221287.jpg

川岸まで降りることができる階段には!
こういった↓形のものがぼちぼちと、落ちている・・・
この写真の植木はベトナム人のガイドさんが言うには「BONSAI」と言うそうですが
川近くの公園の植木がすべてこのようにカットされているということは、まさか川原は暗黙のトイレマーク??
天然の水洗トイレ??
f0097924_822556.jpg

橋の向こうは、こういった風景
リゾート地に開発された場所は外資の入った別世界。
川の水でいきなりお洗濯の状況・・・・・
ここまで立ち入ってロッドを振る勇気は俺様にはなかった・・・・・(トモロヲ風古い)
f0097924_824127.jpg

2日目 フライで、南シナを攻めまくる!

天気も良いし、風もやや弱め
フライフィッシング日和だ!!と、「どすこいビーチ」(勝手に命名)沿いを北上し
ニャチャン中心部から4キロ、ホンチョン岬をめざしました。
f0097924_8244295.jpg

この岬はガイドブックによると、魅力的な岩がゴロゴロ!穴場のダイビングスポット!地元の人が釣りをしている!地元のデートスポット!ってこれは関係ないか・・・
f0097924_8285895.jpg

やっと到着!
「なんと!いきなり入場料取るの!?」と、ホンチョン裏口から攻めようと、裏口で反応よければお金を払って
堂々と釣ろうと!リゾートなのに、せこい~!!!
f0097924_8292410.jpg

結果「ピクリもパクリも無い・・・・・帰るかな・・・」
f0097924_8294697.jpg

行きに見つけた、気になる場所へ
ニャチャン名物、午後からはお決まりの、強風
しかも、お互いの声も大声じゃないと聞こえないレベル
f0097924_8301678.jpg

しばらくロッドを振ってみましたが
「ピクリもパクリも無い・・・・帰るかな・・・」
f0097924_8304411.jpg

4キロの帰り道(タクシー乗れよ!!)
「やっぱ、ガイドだな、フィッシングガイド!」とその足でホテルのツアーデスクにフィッシングツアーを予約。
8キロ歩いた上に、ブリューワリーまでまた歩き、10キロ歩いてしまった・・・リゾートなのに。
ホットドッグ美味しかったねぇ
f0097924_8311135.jpg

3日目 ベトナムガイドフィッシングの真実

私達を迎えに来てくれたガイドのキュー君は
大変感じの良い子。感じ良い子と、言った方が良いかも
ニャチャン港は地元の人でごった返し
f0097924_8323440.jpg

なんだか、映画を見ている様・・「ラマン」って感じ。ってまともに見てないよ。
f0097924_8321450.jpg

船上で夫「フライフィッシングをしたいんだ」と、ロッドを見せる
キュー「いいよ、いいよ!その竿使えるよ」
「で、どのオモリ付ける?」
夫「君はフライフィッシング知ってる?ベイトフィッシングじゃないんだ」
キュー「知ってる!知ってる!ベイト?ベイトは聞いたこと無いけど・・・」
「で、どのオモリ付ける?」
f0097924_8331197.jpg

行きの車中でも、「あなた達の竿を使って、私は予備にもう一本持って行きまーす」
の予備の竿を見たときに、直ぐ察すればよかったのかと後悔してももう遅い。
彼は、全くフライフィッシングを知らなかった・・・・
写真はキュー君がフライロッドに付けろと言ったオモリ。
f0097924_8333835.jpg

ベイトは知らんと言ったくせに、海老の剥き身を針にさし。
重いオモリでだらだらだら~と沈める釣り。
f0097924_834104.jpg

これまた、キュー君が用意してくれた竿が「トンでもない竿」と言うことが、この私でもわかる
ロッドティップが無いんですけど!!
ガイドがあったり、なかったりあったり、なかったり(↑夫の写真参照)
f0097924_835615.jpg

が、しかし夫は、こんな状況でもポンポンと釣り、「あなたは素晴らしい!」といつの間にか船に乗り込んでいた漁猟長に褒められる
「どんな状況でも釣る男」と言いながらも、まったく移動無しで数時間
そりゃ釣れなくなるわね、「石垣島のあじさし船長を見習え!」と日本語が、通じないことをいい事に、悪態を付き
f0097924_838799.jpg

結局ランチタイムでタイムオーバーとほほ
f0097924_8382741.jpg

と言うか、船上は、海老を付けるだけのガイド、ボート運転手、釣れたら親指立てて褒めてくれる漁猟長と呼んでいたおじさんの3人
なんなのこの構成???
f0097924_84158.jpg

BBQは海上の生け簀で
海に直結これまたトンでもない戦慄のトイレの先には、BBQ用生け簀・・・・
こわばる私の顔サービス
f0097924_8412250.jpg

一族みなハーヴェイ・カイテル顔の生け簀小屋のおじさん
「金持ち日本人、BBQにどうだぁ~」と、いきなりイセエビの一番大きいのを秤にのせ
ガイドに値段を聞いてみたら!驚愕の14,800円!!
「なんじゃそりゃー日本より高いよ~」
小さいイセエビが2尾で4000円って、いらないっちゅーの
f0097924_8414635.jpg

結局ツアー内のランチで充分でした。
てか、海老が一番美味しくないんですけど!!
他に3組観光客、釣り人が生け簀に立ち寄ったりランチをしてましたが、誰も生け簀のものを食べていませんでした
f0097924_8423632.jpg

わかり難いですが、カスミとアカジンとゴミが一緒になった生け簀・・・・
f0097924_843966.jpg

「ベトナムのガイドフィッシングは30年早かったな・・・」
と、月を見上げながらつぶやく俺様だったのでした
f0097924_8432994.jpg

最終回、思い出のサイゴンに続く(まだ続くのです)
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-11 08:50 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/23539175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korosuke at 2015-01-11 19:04 x
ビーチの姿は、怪しいですよ。
良く捕まらなかったですね。(笑)

Commented by Clearwater0606 at 2015-01-12 17:39
だんだん、ストロングになってきましたね。
Commented by furimukebakaeru at 2015-01-19 15:39
korosukeさま

お返事遅くなって申し訳ございません
怪しい人が堂々としていると、怪しまれないみたいです・・・
Commented by furimukebakaeru at 2015-01-19 15:44
Clearwater0606さま

ストロングから、シリアスへ・・
と、言っても私の場合シリアスの程度が低いかも。


<< ベトナム旅行記 少しまじめにサ...      ベトナム旅行記 その3 セクシ... >>