2015年 12月 09日

冬の石垣島の楽しみ方

今年最後の石垣島
夫の会社からのご褒美もすっかり、使い果たし・・・・・
石垣の海もいよいよ冬景色。
俺様の懐具合も冬景色。
お空はどんより、風も強し。
f0097924_11453955.jpg

土曜日は、いつものパターンで、到着後即RED HEAD赤木さんにお世話になってシーカヤック。
一ヶ月前と同じポイント。
f0097924_1446665.jpg

あんなにお魚でにぎわっていたのに、今回はスローペース。
とは、言うものの「12月の釣りってだいたいこんな感じだよね~」と言う事で。
漕いでは、流され、漕いでは流され・・・・・
これだよ、これ!冬の釣り!!みたいな。
f0097924_14443546.jpg

それでも気温25度あるので、着込んで漕ぎ出せば汗ばむぐらい。
「12月に、寒さ気にせず釣りが出来るなんてなぁ~、いいよなぁ~」
結局はどんな状況でも、いいのか?と、つっこみを入れたくなる今日この頃。
f0097924_1448750.jpg

今年最後の石垣島のシーカヤックは、大爆発することも無く、ちょっぴりほろ苦い釣りで終わったのでありました。
f0097924_14511716.jpg

赤木さん、怒涛(気分だけは)の2015年お世話になりました。
しみじみ・・・

今回の旅行中、釣りが出来ないほど、天候が荒れるとは夢にも思わず。
多少の雨風なんていつもの事とのんびり構えていたのですが。
結果から言えば、楽しみにしていたリトルターンのボートフィッシングは断念・・・・
ネットで気象図を確認すれば、石垣島の真上に前線がビッシリ。
しょうがないわ、離島の定期船でさえ、欠航だもの。
長島キャプテンの連絡を受けて夫、小一時間ほど放心状態でございましたが、立ち直って
ホテルのバーで軽く一杯のジントニック。
石垣島の夜景が・・・・目に沁みる。
船長また来年お世話になります!って先は長いですねぇ。
f0097924_14592697.jpg

その夜は、ゆんたく居酒屋なかちゃんで、プチ忘年会。
なかちゃんは、味もコスパ良い上に、ドキドキするほど豊富すぎるメニュー
「次来るときは何を食べよう・・・」と、中毒性のある居酒屋。
今回は九州からやってきた「ダチョウのタタキ」これが美味しくて、夫次回も食べることを決意。
f0097924_14543675.jpg

翌日の日曜日は朝から雷、大雨、強風・・・・
「だめだこりゃ」と、諦めがついて、久々のホテルのブッフェをゆ~っくりいただきました。
日航八重山の朝食は評判が良くて、パパイヤカレーは名物とか?
それにしても夫は、なぜ、シシャモ・・・・・
f0097924_150481.jpg

実は27回目の石垣島にして、初めて観光をしました。
街をゆっくり周ってみましたYO!
ちょうど開催していた「石垣島やきもの祭り」で、「もうすぐ、私お誕生日なの」と、夫におねだり妻をし・・・・
f0097924_1503771.jpg

あこがれのやちむん8寸皿ゲット!半額に近い値段。
「俺は何がいいのか良くわからん!」と
f0097924_1541344.jpg

そのお向かいで開催されていた「てづくり市」で、「ヤラブ(テリハボク)」のオサレなまな板も購入。
ヤラブは沖縄では街路樹として良く見かけるそうですが、南の木材、全然知りませんでした。
f0097924_151018.jpg

そうして、いつもは閉店間際に大急ぎで買い物をする
八重山のファーマーズマーケット「ゆらてぃく市場」でもじっくり買い物。
月桃のお茶を大人買い。香りがとても好きと、言っても私だけ。
青パパイヤの安さに驚いたり、いちごの高さに驚いたり。
f0097924_1552816.jpg

マングローブの売り方にも感動!
f0097924_1562672.jpg

さらには「八重山博物館」
f0097924_1574028.jpg

どんなに地味でも博物館は裏切らないぞっ!(撮影はフラッシュ無しならOKです」
f0097924_1582258.jpg

プラスチック部分の無い道具って美しいな!
f0097924_15101535.jpg

スバルスゥヌムで「小便する物」尿瓶っ!ということは「スバル」の意味って・・・
と、夫は妙にコレが気に入り、7枚も激写。訳わからん。
f0097924_15104550.jpg

博物館から歩いて7分
重要文化財の宮良殿内(みやらどぅんち)、にも行ってみました。
現代風に言えば、市長さんのお家でしょうか。

殿内周辺には数軒ですが、昔ながらの赤瓦屋根の民家が残ってます。
「散水用の水は井戸水を使用してます」と、看板。
断水の多い石垣島。ご近所さんへの配慮なのでしょうか。
f0097924_15115712.jpg

屋根の上のゴジラを撮影中。一つ間違えば犯罪者だYO!
f0097924_15152037.jpg

宮良殿内到着
昼寝中?のランニング姿の受付のおじ様に「どこから来たの?」
「浜松です」
「で、人口は?」と聞かれ面食らう。
f0097924_15163618.jpg

お庭から、お屋敷の中を見学。
お庭全体の香りが6月の岩手の渓流の匂いと、そっくりで。
たまに甘い花の香りもしてくるのですが
受付のおじ様に、何の香りか聞くと「何にも匂わないよぉ」
噛み合わない会話がまた楽しい
「おじ様、もう少し見やすくディスプレイしたら?」の展示物。
f0097924_1517484.jpg

雨も止んだし、海に行こうかと、3時過ぎ。
風裏を選んで日が暮れるまで釣り。
カマスを釣ってその日はおしまい。
f0097924_15171697.jpg

さてさてこの日のメインイベント!
心の居酒屋「錦」で、珍しくお客さんが少なかったので
しゃべりまくり
日本一じゃないかと思う、ゴーヤーチャンプルー
f0097924_1115465.jpg

夫がすごく気に入ったぼんじり。
鶏の尾骨の肉だそうですが、ジューシーです。
f0097924_11161445.jpg

ヤラブ、スバル、ぼんじり・・・石垣島にはまだまだ知らないことがたくさんあります。
ぼんじりの喜びよりも、マスターの奥様と同じ血液型と知って、妙に嬉しかった夜なのでした。
そんな中、夫の小さな目の奥に「千鳥足サイン」が表れたので、今年最後の錦にさようなら。
今年も美味しい楽しい時間をありがとうございました。
石垣島のエレクトリカルパレードを堪能しつつ、ここでやっとお魚に囲まれてしあわせな俺
f0097924_11232285.jpg

規模はコレだけですが。
f0097924_11251951.jpg

フラフラしつつもカメラを向けるとカメラ目線。
チラッ
f0097924_1126244.jpg

「たいしたもんだ」と、思うのはどんなに酔っ払っても、釣具に関するメンテナンスは最小限やって寝る。
派手に水漏れするウエイダーのホールを探す夫。
臭そう・・・
f0097924_11262946.jpg

最終日は、ハブに噛まれたフライの貴公子とフライフィッシング。
処置が早かった為大事には至らなかったそうですが、「たとえ貴公子でも草刈りは長靴を履きましょうね!」と、いろんな人に注意されたに違いない。
八重山のハブは毒がきつくないそうですが・・・・
相変わらずの、どよーんとした天気ですが、釣りが出来るだけでも贅沢だわ。
f0097924_1143196.jpg

夫は貴公子作のフライで、良いガーラをかけましたが、ランディングまで至らず。
でも、最後の最後で、フライで楽しめて大満足。
f0097924_11304326.jpg

ルアーで絶望的に釣れない私と違い、貴公子と夫は、ちょいスモールワールドを楽しんでいました。
貴公子にはたくさんお付き合いいただいて、本当にお世話になりました。
f0097924_11311013.jpg

決して良い状況では無いのに、
帰りの際の別れの寂しさが、いつにも増して感じられる冬の石垣島。
無口な夫がより無口になってしまうので
「がんばって、生きろ!」と、無責任に励ましてしまうのでした。
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-12-09 14:38 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://surly1x1.exblog.jp/tb/24751466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Clearwater0606 at 2015-12-20 10:04
今回は、いつもと違う視点からの写真も拝見できました。こういうのも面白いですね。

水中眼鏡のフレーム(?)、凄いですね。色んな物が作れるんですね。素晴らしいです。
Commented by furimukebakaeru at 2016-01-03 13:37
Clearwater0606さま
あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします
年が明けてしまいました・・・・
先月石垣島に行っていたなんて信じられませんっ!
今年は健康オタクブログとしてがんばってみようと思います。と、今すでに挫折ぎみですー


<< 新年の決意      またもや石垣島なのです。 >>