カテゴリ:石垣島釣り旅行( 32 )


2012年 09月 09日

一週間前の石垣島

もう、一週間も経ってしまった・・・
石垣島日曜日も遠い昔のようだわ・・・
f0097924_17164014.jpg

日曜日
夫とあちこちランガン繰り返し
朝一から縁起がいいね!
と、思いきや先が続かず・・・
f0097924_17162941.jpg

またもや自称ミーバイクイーンの私、
10年以上前のパタゴニアのベスト、ポッケが溶けてるのは秘密。
f0097924_17171636.jpg

地味に釣果をアゲ
f0097924_17175777.jpg

アゲ
f0097924_17182288.jpg

夫もやっと・・・
f0097924_1720926.jpg

それにしても、この景色
海の中の牧草地。
f0097924_171995.jpg

お昼にはカトそばで、八重山そば&ミルクパイン冷やしぜんざい食べたし
f0097924_17203795.jpg

この日のフィナーレはもちろん
心の居酒屋「錦」での生中タイム。
週一で食べたい錦サラダから見える俺様の幸せそうな顔。
f0097924_17212063.jpg

釣りたてカツオもいただきました!
陳腐な表現ですが、「ちょー新鮮!」
f0097924_17214884.jpg


ところで、時期にもよりますが、自分たちで旅行の手配をするよりも
JALパックが断然お得な時もあります。今回はそのおかげで宿泊もビジネスホテルではなく日航八重山へ。
朝食ビュッフェが想像以上に美味しくて、
オムライスはその場で作っていただけます。朝からふわトロ卵を堪能
お野菜も美味しい、フレッシュジュースも手作りで美味しい~
f0097924_17252221.jpg

そうして本当の意味でのフィナーレは
アングラーズ・ハイのアラヤさんに望みを託し
最終日・・・・
f0097924_1732428.jpg

またもやミーバイ・クィーン登場
何故か、X-RAPでイシミーバイ入れ食い
オホホ~のアオノメハタ、ブルーのドットが綺麗
f0097924_17303465.jpg

実は大変苦労して釣ったミーバイさん自己記録
キャハハ~のキビレハタ。重い・・・
f0097924_17312450.jpg

いつもいつもそうなのですが、最後に必ずドラマチックな事が起こるのですが
船ギリギリのシャローな場所で釣っている最中
夫のバスロッドに、ラブラドールレトリーバー大の犬、いや、ロウニンがバシーンと、掛かりました
アラヤさんのブログでも是非確認してくださいと、無理やり誘導
f0097924_17324576.jpg

うわわわわ・・・・とラインを全部出され
グッバイ、ロウニンとなりました。10キロ級2尾。スピードは釣師の単位のマッハです。
あまりの凄さに夫婦で、しばし半口開けたまま

その上、あと5キャストで終了っちゅーと時に
のんきに休んでいたアジサシが働き始め
ドッパーン、バッシャーンと、チェイス~が始まったと同時に
帰りの時間となりました。
f0097924_17331251.jpg

ドラマチック石垣島。
f0097924_17345352.jpg

夫の入院保険解約してまた来ます・・・・
しまった!夫婦分すでに解約済みだそうです。
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-09-09 17:43 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(12)
2012年 09月 04日

土曜日の石垣島

土曜日は里帰り
と、夫が言ってくれというので「里帰り」
f0097924_20415788.jpg

すっかり、石垣島定番!RED HEAD 赤木さんにお世話になって
どんぶらこ・・・・
f0097924_2055147.jpg

こんな穏やかな美しい日にカヤックに乗ることができたのは
本当に、ラッキー!
f0097924_2055397.jpg

もしかして、合成写真?と、自分でブログでUPしながら疑いたくなるほど・・・
この空と海を眺めて暮らすにはどうすれば良いか、夫と語らない日は無いです。
f0097924_20572310.jpg

え~誰も褒めてくれませんが、私、夫よりたくさんお魚釣りました。
f0097924_20575817.jpg

私としては、一日の釣果にしてみたら、すごい事なんですけど
f0097924_212179.jpg

ミーバイクイーンって呼んでっていうぐらい釣ったつもり
f0097924_20583283.jpg

でも夫の手前あまり自慢できません・・・・控えめな妻を装う。
夫、釣れた!と思えばエソのスレ。
f0097924_20591424.jpg

近年稀に見る、怖いくらいの絶不調
やっと!のミーバイさん。
f0097924_2103488.jpg

釣れる釣れないはともかく!(と、余裕をかます私。)
風景に溶け込みながら釣るというのはカヤックフィッシングならでは。
それにしても、毎回毎回、帰りの岸まで漕ぐ時の景色は、「終わっちゃった・・・」と切なくなります。

とか、カッコつけちゃってますが、頭の中は生中と夕食何食べようかで頭のなかぐるぐる
程よい疲労感も、夜の生ビールを美味しく飲むためのウォーミングアップ
f0097924_2125874.jpg

今回はお昼も夕食も赤木さんに教えていただいたところで
日本そば!
f0097924_2182881.jpg

意外や、意外は失礼ですが、おそばも、島野菜たっぷりのかき揚げも、美味しかった。
石垣島たけ兵衛また来るぜ!
f0097924_2174463.jpg

夕食は豚肉専門の焼肉屋さん「波ノ屋食堂」沖縄のブランド豚アグーや、イベリコ豚まであります
なんと!七輪で焼きます
これが大変美味かった!思わず美味しいの顔。
f0097924_21103368.jpg

キンキンに冷やした赤ワインとよくあいます。
f0097924_21104667.jpg

島ネギのサラダも美味しかった~
f0097924_21111724.jpg

夫の口から、釣りの貧乏神さまが出たのか?また入ってきたのか?
そんな事はともかく、前方の「豚煮込みトロトロ」も美味しかった~ソーキとてびちがトロトロ・・・
f0097924_21112131.jpg

さて釣りの貧乏神さまの行方は・・・日曜日へと続く
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-09-04 21:18 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 06日

夏休み終了

グラビアアイドル風にポーズ。
普段は寡黙な夫も石垣島では、ちょっと変人いや別人。
f0097924_1381084.jpg

今年の夫の夏休み
終わってしまいました・・・・・
テラピアとも遊んじゃったもんねの、後姿。
f0097924_1385639.jpg

一番の心残りは、このポイントで出た60センチ級の鋭いアタリが取れなかったことだそうで
f0097924_1391354.jpg

翌日も朝から同じポイントへ。
無反応に悔しがっている夫の横を、おじいさんが車でわんこの散歩
ゆるい・・・・
f0097924_2341735.jpg

台風のお陰で
連日強風に悩まされましたが
久々リーフでのフライに集中。
f0097924_1392932.jpg

「どうであれ、釣りさえ出来ればいいのだ」と言うことで
時間のある限り、力いっぱい釣りをしました。
結果は大変シブかったですが。
f0097924_1395383.jpg

私が、唯一、フライでまともに釣ったお魚は
ヒロサーくん。
f0097924_1401019.jpg

「自分の好きな色全部身に付けてる?」と、自分の将来を見ているようなカラーコーディネイト。
「そのセンス大好きです!」と、告白しても返事無し。
f0097924_1405826.jpg

夫は、地道に釣り続け。
なぜかサイズは、沖で釣るサイズの五分の一
もんがらのお子様
f0097924_1413628.jpg

ミミジャー?のお子様
f0097924_1421666.jpg

アメリカのお子様
f0097924_1425628.jpg

ミーバイのお子様
f0097924_1451820.jpg

河口では
ジャックのお子様
f0097924_1433973.jpg

シーラカンスのお子様ではなくて、ホシマダラハゼのアダルト
f0097924_1443485.jpg

釣りの合間の一息。
ランチは2日間とも嘉とそば。
ソーキそば。上品な軟骨ソーキに上品なおダシ。
f0097924_146448.jpg

2日目は石垣名物車海老付。プリプリの甘い海老。
皮まで完食。
f0097924_1465845.jpg

石垣島にはお洒落なカフェが結構あるにも関わらず
とってもインパクトのあるお店で
f0097924_1471813.jpg

石垣島産の自家焙煎コーヒーをいただきました。一杯500円
うーん、ちょーアメリカンッ!
f0097924_1473163.jpg

八重山そばの400円が激安に思えてくる。
f0097924_149369.jpg

親切なコーヒー屋のおかあさんに
「クイズです、これはなんでしょう?」と、
一口食べて夫「昆布!」ブッブー!私はその苦味で「ゴーヤー!」とピンポーン!と正解。
2キロのゴーヤーを三温糖でじっくり煮たそうで、美味しいでしょ?止まらないでしょ?とおかあさん自画自賛。
確かに、今が旬のゴーヤーはみずみずしくて大変美味しい!
f0097924_1475267.jpg

そういえば、心の居酒屋「錦」のゴーヤーチャンプルーも厚切りだったなぁ・・・
写真は、初オーダーのジーマミー豆腐の揚げ豆腐
ふわふわで濃厚なお豆腐最高~
f0097924_150430.jpg

なっ、なんと!夫がミルクさまに見える~
f0097924_1571153.jpg

八重山地方の神様、ミルク(弥勒)さま↓
f0097924_1573593.jpg

お魚があまり釣れないと
風景と食べ物の写真が多くなるのは、自分のブログの傾向です。

たとえ釣れなくても、旅行には小さなドラマがたくさんあって
今回は、初めてアカショウビンを見ることができました。
水に見えるリングはアカショウビンがダイブした後に出来たもの。↓
真っ赤なくちばしは艶々と光り、まるで宝石のよう
3回ダイブを繰り返し。
夫とふたり息を呑む体験を久々にしました。
f0097924_158597.jpg

コーヒー屋さんのおかあさん曰く、牧草地が増えてから
アカショウビンも減ったとのこと。
お店の写真も古くて絵の様。ちょっぴり幻想的
f0097924_2105294.jpg

石垣島から帰ってくると、
「もう、どうでもいいね」と、つい言いたくなり。
でもそれは自暴自棄になった訳では決してなく
石垣島でまた釣りができれば、どうでもいいということなのですが
まあ、でも、本当に、しばらくは、どうでもいいです
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-06-06 02:24 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
2012年 05月 22日

石垣島ブルー堪能

石垣島に行って来ました。
着いて早々、カヤックフィッシング
素敵な旅の始まりは、RED HEAD赤木さん!お願いします!
f0097924_1345110.jpg

お天気不安定なこの時期
波風豪雨覚悟で、肩甲骨周りを重点的に筋トレしてきましたが
「初めてじゃあないっすか?」の穏やかさ。
f0097924_13452329.jpg

微妙なアタリに翻弄されつつ、
コン、コン、ウゴゴゴゴゴォォ・・・・・・うわわわわぁ~の強い突っ込みで、
ワタクシの場合大抵釣り上げられない
フエフキダイの仲間
夫ゴリ巻きでゲット!
f0097924_13454125.jpg

途中「写真は撮らなくて結構よっ!」の余裕をかますほどの「ミーバイ祭り」に遭遇。
f0097924_13461629.jpg

祭りのメインは「アオノメハタ」
夫、コレ釣ってみたかったと、大興奮!
顔は怖いですが、とってもキレイな「アオノメブルー」のドット柄。
f0097924_13463570.jpg

心地よい疲れと、石垣島で釣りしてるっ!という実感
カヤック釣りならでは醍醐味なのです。
居酒屋「錦」での生中タイムを夢見ながら漕げや漕げや
f0097924_13491788.jpg

夢が現実になる瞬間!
そーめんチャンプルーが中を舞う~ウホホ!
塩味?すごく美味しい!おかげさまで、大満足の1日目終了
f0097924_13492223.jpg


2日目は、めおとランガンって、いつもそうですが。
雲からしてどんより
まあ、途中イロイロありまして、お昼ごはんも食べ損ねて夫婦の関係もどんより
とんでもないスコールになり、ウエイダーを着ていながら、中までびっしょり・・・
f0097924_1350444.jpg

やっと釣れたジャックが無かったら、(ふんぞり返ってますね・・・)
f0097924_13504146.jpg

心の居酒屋「錦」がなかったらどうなってたの?
の一日でしたが、
生中と、揚げてびちのコラーゲンで、お肌ぷるぷる、どんよりムードもどこへやら。
f0097924_1351198.jpg


3日目最終日は、アングラーズハイのアラヤさんにお世話になって、
強風、高波押し分け、突き進めば・・
この海のブルー!
f0097924_13521344.jpg

この日、八重山のサカナの神様は夫に微笑んだ!
夫はやらせ無しで、こーんなポーズを繰り返し(良く見ればアラヤさんも釣れている)
f0097924_1352721.jpg

まずは、念願の、あどけない顔の子タマン
f0097924_13525119.jpg

喜び覚めやらぬまま、さらに、成長したタマンを釣り。
その引きの強さに、ゼイゼイ・・・・
タマンブルーに感動!
f0097924_1353644.jpg

と!またそのポーズ?しかもお立ち台↓で大暴れ!
f0097924_13534690.jpg

の後には、またもや念願のカスミ!
カスミブルーも堪能しちゃった・・・・
f0097924_13541593.jpg

逆光でごめんね。
f0097924_13543675.jpg

ちなみにこの日、夫婦でライトタックル12目釣り、
私の唯一のブルーは
ダツブルー・・・・・・青いアイシャドーが、素敵。
f0097924_13553114.jpg

そうして、この日一番の不思議っ子
顔はミーバイなのに、身体はべら
ホシゴンベさんという方らしい・・・・
f0097924_1356041.jpg

石垣島ブルーに大満足!
f0097924_14533.jpg

帰りの機内。
撮った写真を、見直せば
「私って写真上手くない?」
正直同じPENTAXのWG-1を使っていながら、夫の釣りの写真は、使えねーものばかり。
夫一言、「あんたが釣らないから、腕の差が出て来る」
せっかく石垣島に置いて来た「どんより」ムード再燃しております。
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-05-22 14:12 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
2012年 01月 11日

石垣島の釣りの神様へ

三連休、石垣島の釣りの神様は、
今回も強風、低温で「おーりーとーりー」
f0097924_126663.jpg

「今日のハイライトはなんちゃってシーラカンス」と、おっしゃったかどうかはわかりませんが
f0097924_1262967.jpg

南国らしからぬ気温と、天候の悪いこの時期
またもやレインジャケットのままソーキそばをいただく始末。
f0097924_13821100.jpg

その上釣りは、激シブっ!なれど、
毎日「また石垣島に行きたいっ!」という気分に仕掛けられるのは
石垣島の釣りの神様に、私達が釣られているのか、どうなのか。

2日目
RED HEADの赤木さんに朝から夕方までみっちりお世話になりながらカヤックフィッシング
f0097924_1385510.jpg

ちらりと晴れ間を見せてくれたと思ったら
(新調した覆面はsimmsのソルトウォーターカモさぁ~)
f0097924_1391934.jpg

ドーッと大雨、大風
おサカナのあたりも少ない上にこの天候、モチベーション下がるかと思いきや
目の前にこの景色。
f0097924_1401769.jpg

ちらほら釣れれば、お天気なんて関係なく
f0097924_1414391.jpg

どや!のムルーさん
f0097924_1493177.jpg

どや!のアミメフエダイ
f0097924_15363.jpg

漕いでは、流され釣り・・・・を繰り返し、
途中休憩。傍から見れば仲良し夫婦。
f0097924_143546.jpg

とは言うものの、途中8ミーターほどの風に翻弄された為、疲れた事は確かなのですが
妙にゆらゆらとふわふわと気持ちよく。
そのまま心の居酒屋「錦」で
オリオン生と、美味しい料理でゆらゆらふわふわと気持ちよく
イカ墨チャンプルー最高っ!と、お歯黒状態で叫びたくなる気分。
f0097924_1461190.jpg

最終日は鼻息荒くもならず、「何か釣れればいいねぇ・・」のユルユルのノリで
Anglers Highのアラヤさんにお世話になりながら
沖に出れば
f0097924_1502095.jpg

暴れん坊のダツ!
f0097924_1505059.jpg

プクプク太ったミーバイ!
f0097924_151671.jpg

船上では日米摩擦はナッシング!釣れれば嬉のアミメフエダイ(通称アメリカ)
f0097924_1513728.jpg

釣れる魚も、さらにお天気も目まぐるしく変わり、
ガオーのエソ
f0097924_154697.jpg

途中夫に大きなアタック!
グググ・・・・・のやり取りの内に「あっ!」と夫の声。
なんと!去年に引き続き、さらに高知に引き続き
35ポンドPEがブレイク
2度あることは3度あると言う事で
石垣島の釣りの神様が「また、来いよ~」とあたたかく送り出してくれた
海は強風波浪警報発令中・・・
f0097924_1564142.jpg

釣りの神様が私達を釣り上げてくれる日が来るまで、地道に宝くじを買い続ける
事をあの空に誓ったのでした・・・
f0097924_205480.jpg

[PR]

by furimukebakaeru | 2012-01-11 02:08 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
2011年 12月 13日

極寒石垣島のシーラカンスを見た!

数日前。
夫「ANAのマイルが貯まったぞ!」と同時に後先省みず
とにかく、予約の取れる土日を見つけて、石垣島までの航空券をゲット!
ANAと、言いながら何故か写真はFDA。
富士山静岡空港は、景色が美しい上に、駐車場もフリーな、ぜいたくな空港です。
静岡県民、利用しようぜ!
f0097924_12261828.jpg

とにかく、突発的に、ある意味病的でもありますが
雨降り、爆風、低温の中行って来ました、石垣島。

海に出れば、ウエイダーとレインコートが風にはためき
ラインバスケットが風に踊る・・・
雨雲が手に届きそうなぐらいの低気圧。
気温は15度無いそうな。
f0097924_12273441.jpg

それでも、時間のある限り力いっぱい釣りました。
あの河口、その港、風裏であろう浜辺・・・・
f0097924_12394252.jpg

新車であろう、レンタカースズキスプラッシュは可哀想にドロドロ
ジャングル状態でも、魚の臭いがするぞと、突き進み。
f0097924_12285560.jpg

いつもなら、色鮮やかな熱帯の魚を自慢げに「どうよ!」
なのですが今回は激シブ・・・メッキがパラッと、
今回一番派手なお魚
f0097924_12303654.jpg

それでも、日暮れ寸前に、念願のミニマングローブジャックにご挨拶。
f0097924_12443412.jpg

さらに、
沖縄の希少品種、夫婦共に釣ることができました。
まず夫
「シッ、シーラカンス!?」のホシマダラハゼ
f0097924_123689.jpg

そして翌日私にも。
「カンスじゃ~!!」と、実はスプーンで初ゲット。それも嬉しい。
地元では食用にするそうですが、この顔を見ると。
ごめんなさい・・・・
f0097924_12361876.jpg

ヘトヘトで帰って来ても、居酒屋「錦」のもつ煮を食べれば
体は冷え切っていても、生中2杯は平気なの。と、2日間お世話になりました。
何を食べても美味しいので、ワタクシ感動のあまり何かが憑依したようです。
f0097924_12363388.jpg

「謎の覆面カイワリレディーはこの私」と、サインもして来ました。
f0097924_12364286.jpg

今回は、親切で美味しい八重山そばの店も発見できたし。
ウエイダーのまま食べても、OKだし。
三枚肉がポロッ、トロッと、上品に煮てあります。
500円なんて、安い・・・
f0097924_1237336.jpg

今回珍しく夫がやちむんを買いました。
釣りをするペンギンかと思ったら、八重山に多く生息する「しろはらクイナ」ですよと店長さん。
親切な店長さんは、「しろはらクイナ」は、びっくりすると5メートル飛びますが、それ以上は飛びませんと、熱く静かに、丁寧に説明してくれました。
その説明にシビれて夫、「このお皿ください!」
f0097924_12402280.jpg

まだまだ、細かいエピソードはたくさんございましたが
結論から申しますと、寒くて、釣れない石垣島は
もう、こりごり!と、思うことも全く無く。
またコツコツとマイルを貯める日が始まるのでありました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-12-13 12:51 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 31日

石垣島至福の時たぶん その1

作品タイトル「至福の時 in 石垣島」
f0097924_13513561.jpg

では無く!
本当の至福の時はこの海で
f0097924_13515041.jpg

今回旅のメインは朝から夕方までシーカヤックで!
とんでもない魚を釣って、エメラルドの海の上で「至福の時」を迎えられられられ・・・・・
f0097924_13522439.jpg

と、少々壊れてしまいそうになるほど
シーカヤックは楽しかった・・・・とんでもない魚は釣れなかったけど。
f0097924_1353019.jpg

「初心者では、中止してました!」と、おっしゃる今回お世話になった
RED HEADのガイドの赤木さん。たぶんすごい風なのに、スイスイ・・・・
それもそのはず、風速7、8メートル
f0097924_13534382.jpg

風で海面ちりめん状態。
腰の下ではうねりを感じ、目の前白波・・・・
浜名湖のゆるゆるカヤック夫婦危うしっ!
ですが、不思議なほど恐怖心は無く、どちらかと言えば
うひょ~とか、うほほ~とか波が来るたびに二人とも声が出てしまうハイな感じ。
夫まずは、ミーバイ連発っ!顔が怖い・・
f0097924_13581094.jpg

流されながら釣り、また必死に戻りを、何度も何度も繰り返し
正直厳しい状況。
こんなタフな状況に、釣れる魚はどんなタフな魚達だろう・・・
劇画調の顔に(たぶん)なりながらキャストを繰り返すと
どおおおおっと、すごい引き
ありゃ?!っと、引きだけはいっちょまえ
おめめパッチリ!イソフエフキ?
f0097924_13591936.jpg

強風の中、妙なアドレナリンが出始めて
もっと、もっと、漕いで、
もっと、もっと、釣ってやるぅ~
疲れているけど気持ちいい~
f0097924_141243.jpg

サイズは小さいけれど
夫と二人
なんだのアミメフエフキ
f0097924_1421978.jpg

かんだのムルー
f0097924_14143398.jpg

と、二桁釣っておりました。
気が付けば日が傾き始め・・・・・

子供のころは、楽しい時間に終わりが来ると
泣きたくなるほど、悲しくなったけど
f0097924_1442671.jpg

年と共にそれほど楽しい時間もなくなり
大人なりの悲しい気持ちを回避できる方法をみつけたりして
それほど、時間の終わりが怖くなくなったけど
石垣島を離れる時が怖くって、泣きたくなるぐらい悲しくなるのです。
お決まりのセンチメンタルな写真↓
f0097924_14185866.jpg

そうそう一つ目標ができました、シーカヤックをアセアセ必死に漕ぐのではなく
脱力&ミニマムの力で漕ぐと言う事です・・・・釣りもそう言って早20年力みっぱなし。
そんな訳で旅行の洗濯そのままで、背筋、胸筋、鍛えにジムに行ってきます・・・あーいそがし。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-10-31 14:25 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 26日

石垣島移住計画

まだまだ引きずっております石垣島
正味2日間の釣り旅行なのに
訪れるたびに充実度が増すような気がします。

思いつくまま旅の思い出つらつらと・・

梅雨時の、深い深い緑の山をバックに
アカショウビンの「キロロロ~」の鳴き声を聴きながら
f0097924_12223212.jpg

お決まりの、ミーバイ
f0097924_1224185.jpg

モンガラ(クマドリ?)と戯れ
f0097924_12242544.jpg

さらに!なんとな~く、魚の気配がする河口で
あんなに苦労して釣っていたマングローブジャックを
ガツーンと、簡単に釣ってしまったりして・・・
f0097924_16155183.jpg

こんなおおらかな場所で釣れるのは産卵の時期と言うこともあるらしいのですが
そういった時期に、ふと、その川に気付き、
なんとな~く「行ってみようか・・・」でfive ジャックさんゲット!
夫、笑いが止まらず
f0097924_16224812.jpg

魚が釣れるか釣れないか、本当に「運」いや、魚の神様の「業」が、80%以上作用してるような気がする。
f0097924_16235774.jpg

さらに、今まであまり意識したことが無かったのですが
浜へ出るには大抵、アダンの林を抜けていくのですね。
f0097924_16243974.jpg

先日、石垣島出身の割烹「多田浜」のマスターが見せてくれた
アダンの根で作った、釣りの道具入れが忘れられず(シンプルなショルダーバッグ)
民芸品屋に寄れども、無く・・・。
と!思ったら、港でエギングしているおじさんのバッグ!
まさしく私の捜し求めていた、お道具入れ!!
f0097924_16382185.jpg

思わず声をかけたら、ロープで自分で編まれたとの事。
「簡単だよ~」
「編み図なんて無いよ~」
f0097924_16385463.jpg

手芸部部長としては、公設市場で見つけたアダンで編んだ携帯入れをサンプルとしてゲット!
1200円なりって値段はいらないか・・
f0097924_1639178.jpg

さらに、港で遊ぶ子供のバケツには、
f0097924_16411875.jpg

罠にかかったと言う、ド!でかいヤシガニ2匹と、やっと釣れた「オジサン」
「ココはあまり釣れないよ」と、アドバイスいただきました。
f0097924_1650311.jpg

美味しいものもたくさんいただきましたよ
アーサー(あおさ)海苔ですよ!入りジェラートと
黒糖ショウガジェラート、風味が良くて本当に美味しかった
f0097924_17181499.jpg

「an石垣ジェラート」おススメです
f0097924_1725192.jpg

おススメと言えば
一年ぶりの石垣島一美味しいカレー屋さん「朔
f0097924_1739142.jpg

確かに石垣島いちなんだろうな・・の丁寧に作られた美味しいカレー
ベトナムカレーは、ココナツ好きにはタマリマセン
f0097924_1656588.jpg

夜は夜でオリオン生片手に2日連続居酒屋「錦」
俺のしあわせ顔1日目
f0097924_16575221.jpg

俺のしあわせ顔2日目
f0097924_1743421.jpg

「錦」のマスターに言われましたが
石垣島に住んでみたい!と言う私に、(もちろん冗談)
年に数回来て、釣りを楽しむ程度が、石垣島は一番いいですよ~との事。
人間関係、いろいろ大変ですよ。
そういえば、同じ様な事を浜比嘉島の民宿のお母さんに言われたなぁ
確かに、旅行と実生活は違います。
私たちも年を取ったので、マスターの短い言葉でイロイロ察する事ができるようになりました。

とは言いつつ、実生活中の今「石垣島恋しい病」夫婦でMAX!
「宝くじ当たったら、試しに3ヶ月住んでみる?」と、控えめに石垣島移住作戦考えてます。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-05-26 12:23 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 23日

あじさしの意味

「あじさし」がなぜ「鯵刺」なのか、名前の由来を体感した瞬間
体調30センチ未満のあじさし数羽が、ホバリングを繰り返しながら
ツンツク海面を刺しているのは、鯵がそこにいる証拠。(鳥山を写したつもり・・)
f0097924_13175780.jpg

いきなりですが、
昨日は、石垣島最終日
「あじさし」の「あ」の字にも届かないキャストを繰り返した
その時
すごいスピードで、青い塊がルアーをひったくる瞬間を見てしまった

あじさしお相手サイズにしては、すごい力だぞ
体が前のめりになり、ぬおおおおお!!の思わず叫び声。
Anglers Highのアラヤさん、「鯵はジャンプしないから大丈夫です!」
「そうですか!」って一応返事。
f0097924_13224562.jpg

とにかく踏ん張って踏ん張って最後には「ぬふぉ、ぬふぉ」言いながら
釣り上げたのは
確かに「鯵」
もう、感動と疲れで声が出ませんでした。
f0097924_13233095.jpg

ナンヨウカイワリ
ボディーの黄色いスポットが特徴の美しい鯵
生きものって素晴らしい!!
魚の漆黒の瞳と目が合う瞬間。釣りの感動の一つです。
f0097924_1324451.jpg

梅雨時石垣島
目まぐるしく変わるお天気に翻弄されましたが
またそれはそれで楽しく
いろんなエピソードはございましたが
まずは、自分の釣り自慢から

夫にも同じチャンスはありましたが
惜しくもラインブレイク!
f0097924_13253084.jpg

でも憧れのフエフキダイ系にたくさん出会えてヨカッタねぇ~
f0097924_13311821.jpg

帰りの飛行機で
「ブルースコード60mmで、10ポンドナイロンってどういうことか
イメージできる?」と、夫。
「全然できない」とあたし。
「だからあなたは、あの魚が釣れたんだよ」
「あの状況なら諦める」と夫。
「でも、アラヤさんは、そのシステムで釣れるって言ったよ!」
ガイドさんを信じる素直な気持ちも大切さっ。
f0097924_13272214.jpg

「キラキラして、半沈系が今日の気分!」のルアーはフックが伸びてました。
大きいのはスズキ用、小さいのは今回使ったメッキ用
ブルースコードではなく「アジサシルアー」と呼んでます。

とりあえず石垣島、最終日。
終わりの、始まり
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-05-23 13:32 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
2010年 12月 06日

48時間

日曜日
「ジャックとオレ様」
f0097924_1655218.jpg

10時から15時までロッドを降り続け
カヌーに揺られて、マングローブフィッシング。
ここが浜名湖ではないことは確か。
(またもやお世話になりましたアングラーズハイのアラヤさん
釣れる魚は現実離れ。
f0097924_1661836.jpg
もう一枚サービス
f0097924_1612352.jpg

この景色も現実離れ。
冬のマングローブジャック釣り。
想像通り厳しかったけど悔いはないぜ・・・・
f0097924_1665181.jpg

ポイントギリギリまでのドリフトや、
ルアーのアクションとか、
一応考える余裕が出来たのよっ!
行動は伴わないけどさっ。
でも、それを考えるようになったからって
どうって事もないけどさっ。
釣りなんて、どうせそんなモンよ。
と、ひねくれる、バラし専門の私。(前回のブログでもひねくれてたな・・)
その上自称マングローブクイーンの私の写真が一枚も無いし。
f0097924_16104088.jpg


そんなひねくれ者の約48時間前。

金曜日。
午後12時まではカルチャースクールでなんちゃって先生。
f0097924_16111327.jpg

午後2時半にセントレアのJALカウンターの人。3時のフライトに間に合った~!
しかしっ!暴風の為、35分遅れ。
今度は飛行機が飛ぶの飛ばないのでドキドキ。
「まあ、私達が悩んでも仕方がないさぁ~」
カードラウンジで、フライト予定時間まで出来るだけ飲もうぜっ!と、
フリーの生ビールと柿ピーで乾杯っ!
f0097924_16141061.jpg

無事出発!
しかし、やっと乗れた飛行機では、気流が激しくてベルトサインが中々消えず
ビール飲みすぎの夫婦は内股&脂汗で貧乏ゆすり。
ベルトサインが消えた途端夫婦でトイレに猛ダッシュ!!

ドキドキハラハラの一日でしたが
午後8時半には
in ISHIGAKIJIMA・・・
f0097924_16144166.jpg

さらに15分後には石垣島の心の居酒屋「錦」で乾杯
f0097924_16155642.jpg

「JALのマイルの有効期限が迫っているのでぇ~」は、有給の理由としては認められるのかどうなのかは謎ですが、とにかくそう言う訳で
土日しか釣りの時間は取れないけれど
それでも行きたい「石垣島」
もちろん土曜日は朝から石垣港で釣り。
話題の「みずき」のそばで釣りをしたぞ!
f0097924_1617215.jpg
深い意味は無いけど、僕も応援↓
f0097924_2231251.jpg
さらに、ガーラも釣ったぞ!ナブラを見つけたのはこの私だぞ!
f0097924_16174286.jpg

そうして、プライムタイムはいつもの「水族館」へ五目釣り
f0097924_1620844.jpg

釣れるのは、エソとトラギスばかりでしたが
夫は、かわいいフエフキダイ系のチビッ子相手に
楽しんでいたようで。
f0097924_16181266.jpg

お互い離れたところで釣っているので会話は携帯。
「もしも~し今、何使ってる?」
「チャーリー」
「同じだ!何釣れた?」
「子ふえふき系いろいろエソ少々」
f0097924_16185933.jpg

「えっ!ふえふき!そっち行っていい?」
「もう釣れないぞ」
知らない人が聞いたら、海の男同士の会話。
私はセキセイインコな、ベラさんが一番の大物。
f0097924_16194012.jpg

夫と来たら、あんたのブログ用の写真に付き合ってる暇はないのだ!
と、とにかく釣れ釣れと、朝6時から、夕方5時半まで、約12時間ロッドを振りまくり
私のビーチの写真は殆ど無し。ビキニ姿もあったのにぃ・・・・
って冗談でもイタイか・・(写真これだけ、これもイタイ)
f0097924_16205512.jpg

夜になれば、2日連続「錦」のお客さん。
こちらも、2日連続で「カジキの炙り」を注文
ひらめのエンガワにそっくり
上品な脂がタマリマセンっ
f0097924_1622383.jpg

中身チャンプルーも、ピリ辛ミソ味で2日連続注文
f0097924_1622582.jpg
そうして、一度は食べてみたかった!!
ど!ジャンキーなメニュー「アメリカン」を5分ほどでたいらげ
中身はフライドポテトと、ソーセージにケチャップとマスタードたっぷり。
f0097924_16232571.jpg

ビールが進む進むと
ガハガハしていたら
お客さんが釣って来たという「あおちびき」のお刺身を
「錦」のマスターがご馳走してくださいました。
淡白で上品なお刺身!
f0097924_1624390.jpg

その「あおちびき」を釣り上げたお客さんのTシャツには「鰤族」
のロゴ。
「バラフエダイ、バラハタ、バラムンディーを狙っている釣り師はバラ族か・・やばいな」
と、夫しみじみ。私無視無視。
土曜日、1日遊んだ後は
ブログ振り出しの日曜日に戻るわけで

まあ、一年に何回か、振り出しに戻りたい日があるって事は
とりあえず素晴らしいと言うことで。
もちろん、その逆も多いのが人生と言うことで。
[PR]

by furimukebakaeru | 2010-12-06 16:44 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(4)