カテゴリ:イタリア旅行( 4 )


2014年 03月 19日

俺のイタリアン

最近、なにかと「イタリアではぁ~」とか言ってしまう
イタリアかぶれの私。

5日目は、ヴェネチアにも行きました。
f0097924_1591293.jpg

いかにも、イタリア!と言う感じの新幹線に乗りました。
と言っても写真センスなさすぎ・・・
f0097924_156133.jpg

italoと言う、フェラーリーの会長さんが、立ち上げた民間鉄道会社だそうです。
(HPもお洒落です)
「ごらぁ!!45分も、遅れやがって!!」と、言いたいところですが、
italoスタッフの対応が感じいいので、良い日本人の私は許してあげました。
待合室もお洒落・・・・
f0097924_1562432.jpg

ヴェネチアは、カーニバルの最終週という事もあり、
仮面舞踏会ふうの方々がちらほら。
正直私は、この手のマスクが苦手なので、
逃げ腰でシャッターをきりました。
f0097924_15105780.jpg

めちゃ美味しいイカ墨スバゲッティーをいただいて
f0097924_15102566.jpg

フラゴリーノという、あま~~い密造酒と、おつまみをいただいて
f0097924_15142069.jpg

サンタルチアを歌いながら(うそ)、5日目を終えたわけでございます。

イタリア最終日6日は、フィレンツェでお買い物総仕上げ!
中央市場のハム屋さん、
「日本人!どうせなら高いハム買え~」と、笑顔で大サービス
f0097924_15224134.jpg

試食なのにこんなにお洒落な盛り付け・・・
f0097924_15225898.jpg

カルチョーフィー(アーティチョーク)と、パルミジャーノと、生ハム!なんて、素晴らしい組み合わせ
コレだけ出すならワインもくれ!と、叫びたくなる・・・・
今回の旅で一番感じた、「イタリア人の、食のセンスってすごい!」と、思う時はこんな時。
f0097924_15245710.jpg


そうそう、イタリアにも100均があるのです。
正しくは「140均ショップ」かも。
f0097924_15281656.jpg

最近、「アスパラおじさん」になっている夫に
アスパラのキャンドルをお土産・・・・・せこい!!
f0097924_15333477.jpg

これは、我が家の本物です。
f0097924_15335142.jpg

茹でずにそのままいただきます。
甘くてジューシー美味しいです~!!
f0097924_1553242.jpg

大事に育てた俺様の2年目のアスパラ。
まだ8株以上はあります。
f0097924_15525779.jpg


相変わらずオリーブおじさんでもあります。
俺様が育てた、オリーブも見てくれ!
挿し木した2年目の苗、元気に育ってます。
f0097924_15551777.jpg

その内自家製オリーブオイルで、浜松のトスカーナを目指すそうです。
畑に植えたオリーブは膝の高さから、今ではこんな感じ。
f0097924_15593097.jpg

気が付けば、「俺のイタリアン」が既にある夫。
一方私は、かぶれなだけなのです~

一旦イタリア旅行記はおしまいです。
[PR]

by furimukebakaeru | 2014-03-19 15:17 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(4)
2014年 03月 11日

禁断のトスカーナ・・・・って何が?

3日目は、車をチャーターしてワンデートリップ
f0097924_12315553.jpg

2004年に世界遺産になったオルチャ渓谷を見ながら・・・・
NHK世界遺産によると、
大昔は海底だった塩分高い不毛の地を、14世紀に入り当時の地主が
「一生懸命、開墾すれば、収穫の半分を農民のものとする」という好条件を提示。奮起した人々は、次々と開墾を進めてゆきました。同時に彼らは、はじめて「景観」というものを意識し、耕作ができるだけでなく、見た目にも美しい「理想郷」を作ろうとしました。現在のオルチャの独特の景観は、こうした人々の不断の努力によって作り上げられたものなのです。
f0097924_12322280.jpg

すんばらしい~!連発のこの景色
f0097924_1235880.jpg

ランチは、羊のチーズ、ペコリーノチーズが有名でピエンツァで
f0097924_12352249.jpg

脂ぎった手でレンズを触ってしまったので、
霧に包まれたように写ってますー
ステキなマダムのチーズ屋さん。
f0097924_12353781.jpg

町全体がおとぎ話に出てきそうな雰囲気
f0097924_12364094.jpg

イタリア一番美味しいハムをいただきました!
って、イタリア初心者が言っていいのか?それほど美味しかったです。
f0097924_1237311.jpg

トスカーナの手打ちパスタ ピチもいただきました
モチモチで、ソースとよく絡み、ボーノ!連発
f0097924_12372334.jpg

お店も大変感じが良く
難と言ったら、トイレの鍵が開かずに閉じ込められそうになったことかしら・・・・
「宝くじが当たったら、夫と来ます!」と看板に誓う・・・・
f0097924_12381026.jpg

その後は、ワインで有名な「モンタルチーノ」へ
プロの方相手のワイン販売のイベント中
f0097924_12404744.jpg

素人は、オサレなカフェで
f0097924_12411025.jpg

ミルク入りコーヒーよ。
f0097924_12414480.jpg

運転手さんの心遣いで
帰りには、夕暮れのフィレンツェが堪能できる
ミケランジェロ公園で、
どうしても、テルマエ・ロマエを連想してしまう・・・
f0097924_135171.jpg

素晴らしい景色を堪能・・・・
f0097924_12421215.jpg

その夜の夕食は、
映画みたい!連れて行っていただいた
TRATTORIA CAMMILLO
f0097924_12434891.jpg

おそらくイタリア一番美味しい(また出た!)
グリーンピースpiselli(ピセッリ)のパスタ
甘い~、青臭くないー!ボケボケ写真だわ。
f0097924_1244476.jpg

ここも、宝くじが当たったら
グリーンピース嫌いな夫を連れてこようと思いました・・・
「うめー!」と言うに間違いありません。
f0097924_1361028.jpg

4日目は、路面電車に乗って、カッシーネ公園の火曜日の市へ行って来ました!
朝市と言うだけでテンションあがります~!
f0097924_12453023.jpg

朝食代わりに、ボルケッタと言う豚のお腹にハーブを詰めて焼いたもの。
コレをパンに挟んでたべますーー!
f0097924_1246154.jpg

お店の、お兄さんたちが、美味いぞ!食ってけ!見たいな事を
流暢なイタリア語で(あたりまえ)言ってきます。
知らなかったら、怖くて逃げちゃいますが、さすがイタリアンの先生ガイド
しっかり食べましたよ!
f0097924_1392713.jpg

さらに、お奨めのポテトも、少し甘味があって、ボーノー!
f0097924_12464367.jpg

キッチン用品屋さんで、お皿買ったり、ポテトマッシャー買ったり、
おまけしてもらったりーーー!
f0097924_12484960.jpg

1ユーロー!!
噂どおり、どこで飲んでも、エスプレッソが安くて本当に美味しい
f0097924_12495694.jpg

コチラの屋台は特別美味しかった!有名なのだそうです。
カップが可愛いです。
f0097924_12493037.jpg

その後、フレンツェに戻りさらにお買い物ツアーだったのですが!
(本文と関係なし。イケメンイタリア兵を激写したつもりが夫が萌えた写真)
f0097924_12505276.jpg

ここを詳しくブログにUPすると今後の生活に支障がでるので
有名なポンテベッキオの貴金属街で、母のお土産に、コチラの3段目を右から左まで
f0097924_12552236.jpg

夫のお土産に、こちらの時計を5つほど
f0097924_12553151.jpg

目に焼き付けて来ました・・・・・

それにしても、キレイなフィレンツェの夕暮れ。と、一旦話題をリセット。
f0097924_1255476.jpg

その後、夕食に食べたビステッカ アッラ フィオレンティーナ
「Tボーンステーキフィレンツェ風だけど、どや!」と、メニューに書いてありそうな感じ。
ヒレが、これまた美味しかった~
宝くじ当たったら、夫と・・・・と、しつこい
f0097924_12564585.jpg

肉食な日々にだんだん自分の体臭が気になりだした4日目の夜なのでした。
[PR]

by furimukebakaeru | 2014-03-11 12:18 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 06日

俺様とイタリア男子

イタリア2日目は、ローカル線に乗って
f0097924_17215477.jpg

中は意外とキレイ。自転車も、ワンコもOK!
f0097924_1722408.jpg

大雑把に言えば、フィレンツェの田舎の方へ
イタリアの郷土料理を習いに行きました
f0097924_17233317.jpg

いきなりから、手造りパンの、美味しそうな姿・・・・
「フィレンツェ田舎生活便り」という大人気ブログを運営されているchihoさんのご主人アントネッロさんがお料理の先生。
パン、パイ生地、ニョッキ、何でも一から手づくり。
f0097924_17282899.jpg

料理はもちろん、住んでいる家も、自らコツコツ手造り。
f0097924_17293824.jpg

キッチンも、水周りもステキ
f0097924_1730713.jpg

丁寧に、丁寧に、一つずつお料理を仕上げて行きます。
マッシュされたジャガイモとセモリナ粉をまぜまぜ
f0097924_17331444.jpg

まぜまぜで、ひとかたまりでニョッキの出来上がり!
手際いい!
f0097924_17304359.jpg

丁寧なソース、アスパラのニョッキも美味しかった!
f0097924_17344065.jpg

ボローニャ風トルタ。フランスのキッシュと同じです
f0097924_1736596.jpg

日本で言うなら鎌倉時代から食べ継がれているドルチェ
パンフォルテ。
ぎっしりドライフルーツにはちみつの甘さが、上品!
f0097924_17393595.jpg

だいたいそこで考えるのは、「うちの夫もアントネッロさんのようだったら・・・」
ぽわぽわぽわ~と効果音とともに思い浮かぶのは
デニーロ気取りの俺様。自分床屋したて。
f0097924_17401972.jpg

私の留守中に「ベスト体重に戻す為に3キロ減!」を宣言!
頼んでもいないのに、食事を毎日FBで連絡してくれました。
一度はやってみたかったと言う、朝夜食事を逆転させる作戦を実行

おおっとぉ~いきなり登場「かなえるコーン」
f0097924_17431250.jpg

「ちゃんと計量してます。」とのこと。
f0097924_17434253.jpg

3日後には星が登場!かなえるコーンで何か叶うかな?と、思ったら
その後売るほど、星型のキャラメルコーンが出てきたそうな
f0097924_17452521.jpg

朝からラーメン!
f0097924_17454214.jpg

塩ラーメンだっ!
f0097924_17461218.jpg

健康なのか、不健康なのか、わからないけど、
玄米に鮭の中骨缶・・・・
f0097924_17462896.jpg

更に朝からカレー
ミニトマトがお洒落だね。
f0097924_1747472.jpg

そうして、やもめ最後の日は、一人で玄関前居酒屋。
f0097924_17475316.jpg

赤身の肉最高とのメッセージ。
これは、暗に一人でも大丈夫というメッセージか?
f0097924_17482440.jpg

アントネッロさんの畑
f0097924_17484788.jpg

俺様の畑・・・・
f0097924_17491014.jpg

何かが違うと、いや、根本的に違う!
f0097924_17495468.jpg

比べちゃいけない!と、強く感じた感じたイタリア2日目。
[PR]

by furimukebakaeru | 2014-03-06 16:39 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(5)
2014年 03月 04日

トスカーナの食いしん坊旅行

日ごろお世話になっている
イタリア料理の先生と食いしん坊主婦5人で
「美食、美景に囲まれて、フィレンツェ、ベネチア、トスカーナを味わいつくす熟女の旅」へ行って来ました。
もちろん、勝手に命名しました。
f0097924_0533334.jpg

セントレアから、フランクフルト、
なんだ、かんだで、約24時間かかって、フィレンツェに到着!
宿泊はキッチン、4ベッドルーム、3バストイレ付きの、アパートを借りていただきました。
お宿前の通りも、思いっきりイタリア!
f0097924_0545258.jpg

私達は、サイズピッタリ、2階のバンビーノの部屋。
f0097924_0551137.jpg

他には、こーんなお部屋や、
f0097924_193079.jpg

こーんなお部屋が。
f0097924_0564884.jpg

踊り場から見下ろせば、外国っぽいでしょ?みたいな。
f0097924_057211.jpg

フィレンツェ一日目は、近所のウッフィツィ美術館へ詳しくはコチラをポチ!
ラファエロ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、カラバッチョ・・・・
廊下の天井も美しい
って、恐るべしメディチ家コレクション!!
f0097924_058618.jpg

美術に全く詳しくない私でもなんとなーくわかるような作品が所狭しと展示されております。
あらかじめ予約をしていただいたのですんなり入れましたYO!
f0097924_0583271.jpg

途中激しい雷雨
美術館の窓から見るボンテヴェッキオ。
「もう~なんでも絵になっちゃうんだから!」としか言えない。
f0097924_105195.jpg

外に出れば、雨上がり
青空、緑の窓枠、石畳・・・・・
「もう~イタリア人ときたら!!」と、しか言えない。
f0097924_11810.jpg

フィレンツェ中央市場へ!
名物おじさん、ロッコさんの食堂でお食事
入り口がありません。
座席の横のガラス壁が扉になっていてそこから入る仕組み
f0097924_113110.jpg

メニュー見て見て!まあ、詳しくは説明できませんが、
お手頃価格で美味しい料理がいただけます
f0097924_115486.jpg

ローストビーフに、ほうれん草とイカくたくた煮、見た目に反して美味しい~!!
f0097924_1230100.jpg

名物牛の胃袋を煮たトリッパもボォノォ~!
ロッコさんのおまけだそうです。
f0097924_12504.jpg

食堂のマンマ手づくり、フルーツコンポートのシロップは、高級な味がしました!
感想が陳腐・・・・
f0097924_131453.jpg

まだ、イタリアイケメンを見慣れてないので、お肉やのおにいさんを激写!
その後見慣れる・・・・
f0097924_134049.jpg

市場のお野菜生き生き!見ているだけでも楽しいー!
イタリアのお野菜、フィノッキオ(フィンネル)
スライスして、オリーブオイル、塩で味付け
サラダにして食べたり・・・・今回も何度か夕食に登場!美味しいお野菜
f0097924_141239.jpg

今が旬のカルチョフィ、アーティチョーク 
その後ろは生で食べられるソラマメ、ヤギのチーズペコリーノチーズと一緒にいただきます
f0097924_143244.jpg

フルーツ売りのイケメンは、試食大サービス!
世界一美味しい洋ナシを選んでくれました
f0097924_145162.jpg

宿に帰って、洋ナシに、クリームチーズ、プロシュート、ルッコラちらして
先生のおかげで、旅先のキッチンでもこんなに豪華な一品が!!
f0097924_11476.jpg

ソラマメ、ペコリーノチーズも、いただきましたYO!
f0097924_1143067.jpg

ブォォノォ~!フィレンツェ式は、そう言うのだ!と、フルーツ売りのおじさんが教えてくれました。

ブォォノォ~連発で、一日目が終わります。
[PR]

by furimukebakaeru | 2014-03-04 17:41 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(4)