カテゴリ:ベトナム旅行( 5 )


2015年 01月 19日

ベトナム旅行記 少しまじめにサイゴンまとめ

次回サイゴンの思い出と予告しておきながらブログ放置・・・・・

あえて、ホーチミンを改称前の「サイゴン」と呼びたくなるのは
サイゴンをガイドしてくれた南部出身のトゥアンさんが、日本語を愛する大変良い人だったから。
苦学して大学で日本語を勉強。日本の事を、本当に良く勉強されてました。
(これは↓俺様自分へのお土産「タンタンの冒険」のパネル。ニャチャンの空港の本屋さんで一目ぼれ)
f0097924_14362494.jpg

今も差別がいろいろな国で問題になってますが
ベトナムも戦争の影響がまだまだ残り、中国やソ連の支援で勝利した北ベトナムとフランス占領下が長く、アメリカ支援で敗北した南部ベトナムでは、まだまだ想像できないほどの差別が残っていて、未だに先祖をさかのぼって差別されるそうです。
南部出身と言うだけで大学に行けなかったり、就職できなかったりするそうで、ガイドのトゥアンさんも「南北統一」となって以降、ボートピープル並みの生活をして家族が亡くなったり大変苦労されたそうです。
f0097924_14373913.jpg

ベトナムを知る上では絶対行って欲しい「統一会堂」
終戦前は南の大統領府だった「統一会堂」は南ベトナム出身の建築家によるデザイン。
外装は国のシンボル「竹」をデザインされているそうです。
f0097924_1438163.jpg

ベトナム戦争終結時に、北ベトナム軍の戦車がこの大統領府のフェンスを破り突入されたことで、南ベトナムの首都サイゴンは陥落。
この日はベトナム全体としては「解放記念日」として祝日ですが、「ベトナムが亡くなった日ね」と、南部出身のトゥアンさんは言ってました。
(各部屋は、要人の控え室や娯楽室になっていてとてもモダン!フランス、華僑、などの影響を受けた南ベトナムの洗練されたセンスがうかがえます)
f0097924_14382616.jpg

展示用ヘリのアメリカ空軍の国籍マーク(お星様の部分)には、大バッテン×↓が、してあります。(見え難いですが)
タクシードライバー、地獄の黙示録、プラトーン、フルメタルジャケット・・・・手芸好きの主婦なのに,これだけベトナム戦争関係の映画を見たことがあるのは、夫のおかげと言うべきか
(正確には地獄の黙示録は、完全に見てない・・・夫はコッポラと同じぐらい見てる)
夫がベトナム戦争周辺のことに詳しいのでトゥアンさんが感心してました。
そうそう、カモフラのクロックスサンダルもカッコいいと褒められたし。
f0097924_14395329.jpg

公務員や、ベトナム航空などの大手企業は北部出身者が殆んどだそうで・・・・・
コネクションの世界ですから、周りは身内だらけになるそうで
なんとなく想像できる、そこらへんの事情。そのうち、ベトナム航空のナッツ姫も出てくるかも。
未だに、警官に賄賂渡して、交通違反見逃してくれ!なんて言うのも当たり前。
「公務員と、言ったら仕事をしない人です」と、トゥアンさんは笑いながら言ってました。

これは↓教会ですーサイゴン教会
f0097924_14511665.jpg

教会内ではなくなぜか路上で撮影会・・・・
f0097924_15222944.jpg

あのー車道なんですけどぉ?お構いなし!
f0097924_1523931.jpg

教会の前で、修道女の皆様にベースボールキャップと、おそらく偽スポーツブランドのTシャツを売る人々。
「売る人選んだら?」と思わず言ってしまいたくなる。笑いながら交わす修道女・・・ある意味微笑ましいか。
f0097924_14522341.jpg

さらに、仕事をしない人の代表はお寺のお坊さん
「日に当たらず、コラーゲンたっぷりの美味しいものを食べているのでお肌がベトナム一綺麗です。」
と、トゥアンさん。
仏さんのお供えはなんと!山積みインスタントラーメン。後にお参りに来た人に配られるそうですが、
「仏さんもあの世でメタボです」
トゥアンさんのアイロニーが利いたガイドは、なかなか辛口で、結構好みでした。
f0097924_14555061.jpg

ベトナム名物!?バイク大群の乱暴な運転はうんざりなのですが、クラクションを鳴らしながらも、
お互い譲ってあげたり、なんとなく車も「しょうがねーなー」と、バイクに道を開けたり、車同士でクラクション鳴らしあいながらも意地悪をしないのも
(中央分離帯で、ジュース売ったり、車道を歩いたり、ライトアップされた場所で記念撮影したり・・・夜の街を楽しむ人々)
f0097924_1459597.jpg

ニャチャンでも、なんとなく荒っぽくて、無愛想だねぇといい他なる人も、本当は親切な良い人かも!の印象が残る場合が多いことも
ベトナム人ってどことな~く日本人に似ているところがあるかも!と、思ってしまうのは私の勘違いか。
まあ、人に寄りますが。

べトナムコーヒーが気に入ってフィルターを買ってしまった俺様。
25ccのお湯でまず、コーヒー豆を蒸らしてから45ccのお湯を入れてゆっくりドリップされるのを待つのが、正解みたい。カップにはあらかじめ30ccのコンデンスミルクを入れて待機。
ドロッと濃いコーヒーにあまーいコンデンスミルクは、キャラメルコーン好きの俺様のハートをがっしりとつかんだようです。
f0097924_159499.jpg

ベトナムコーヒー美味しいよ!
旅行っていいね!と言うことで。
が、しかし最近はまたフードを被り、自分の殻に閉じこもった毎日を暮らしている俺様なのでした・・・・
f0097924_1595428.jpg

[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-19 15:28 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 11日

ベトナム旅行記 その4 俺様怪魚に挑む・・には無理があった

いよいよ!ベトナムの釣り

1日目 夢の雷魚と対決!(妄想)

朝も早くから、ニャチャンで一番大きい川Cai Riverに、張り切って出かけました。
ホテルからビーチを歩いて20分(普通タクシーで行くらしい・・・)
どよーん~~~~
f0097924_8221287.jpg

川岸まで降りることができる階段には!
こういった↓形のものがぼちぼちと、落ちている・・・
この写真の植木はベトナム人のガイドさんが言うには「BONSAI」と言うそうですが
川近くの公園の植木がすべてこのようにカットされているということは、まさか川原は暗黙のトイレマーク??
天然の水洗トイレ??
f0097924_822556.jpg

橋の向こうは、こういった風景
リゾート地に開発された場所は外資の入った別世界。
川の水でいきなりお洗濯の状況・・・・・
ここまで立ち入ってロッドを振る勇気は俺様にはなかった・・・・・(トモロヲ風古い)
f0097924_824127.jpg

2日目 フライで、南シナを攻めまくる!

天気も良いし、風もやや弱め
フライフィッシング日和だ!!と、「どすこいビーチ」(勝手に命名)沿いを北上し
ニャチャン中心部から4キロ、ホンチョン岬をめざしました。
f0097924_8244295.jpg

この岬はガイドブックによると、魅力的な岩がゴロゴロ!穴場のダイビングスポット!地元の人が釣りをしている!地元のデートスポット!ってこれは関係ないか・・・
f0097924_8285895.jpg

やっと到着!
「なんと!いきなり入場料取るの!?」と、ホンチョン裏口から攻めようと、裏口で反応よければお金を払って
堂々と釣ろうと!リゾートなのに、せこい~!!!
f0097924_8292410.jpg

結果「ピクリもパクリも無い・・・・・帰るかな・・・」
f0097924_8294697.jpg

行きに見つけた、気になる場所へ
ニャチャン名物、午後からはお決まりの、強風
しかも、お互いの声も大声じゃないと聞こえないレベル
f0097924_8301678.jpg

しばらくロッドを振ってみましたが
「ピクリもパクリも無い・・・・帰るかな・・・」
f0097924_8304411.jpg

4キロの帰り道(タクシー乗れよ!!)
「やっぱ、ガイドだな、フィッシングガイド!」とその足でホテルのツアーデスクにフィッシングツアーを予約。
8キロ歩いた上に、ブリューワリーまでまた歩き、10キロ歩いてしまった・・・リゾートなのに。
ホットドッグ美味しかったねぇ
f0097924_8311135.jpg

3日目 ベトナムガイドフィッシングの真実

私達を迎えに来てくれたガイドのキュー君は
大変感じの良い子。感じ良い子と、言った方が良いかも
ニャチャン港は地元の人でごった返し
f0097924_8323440.jpg

なんだか、映画を見ている様・・「ラマン」って感じ。ってまともに見てないよ。
f0097924_8321450.jpg

船上で夫「フライフィッシングをしたいんだ」と、ロッドを見せる
キュー「いいよ、いいよ!その竿使えるよ」
「で、どのオモリ付ける?」
夫「君はフライフィッシング知ってる?ベイトフィッシングじゃないんだ」
キュー「知ってる!知ってる!ベイト?ベイトは聞いたこと無いけど・・・」
「で、どのオモリ付ける?」
f0097924_8331197.jpg

行きの車中でも、「あなた達の竿を使って、私は予備にもう一本持って行きまーす」
の予備の竿を見たときに、直ぐ察すればよかったのかと後悔してももう遅い。
彼は、全くフライフィッシングを知らなかった・・・・
写真はキュー君がフライロッドに付けろと言ったオモリ。
f0097924_8333835.jpg

ベイトは知らんと言ったくせに、海老の剥き身を針にさし。
重いオモリでだらだらだら~と沈める釣り。
f0097924_834104.jpg

これまた、キュー君が用意してくれた竿が「トンでもない竿」と言うことが、この私でもわかる
ロッドティップが無いんですけど!!
ガイドがあったり、なかったりあったり、なかったり(↑夫の写真参照)
f0097924_835615.jpg

が、しかし夫は、こんな状況でもポンポンと釣り、「あなたは素晴らしい!」といつの間にか船に乗り込んでいた漁猟長に褒められる
「どんな状況でも釣る男」と言いながらも、まったく移動無しで数時間
そりゃ釣れなくなるわね、「石垣島のあじさし船長を見習え!」と日本語が、通じないことをいい事に、悪態を付き
f0097924_838799.jpg

結局ランチタイムでタイムオーバーとほほ
f0097924_8382741.jpg

と言うか、船上は、海老を付けるだけのガイド、ボート運転手、釣れたら親指立てて褒めてくれる漁猟長と呼んでいたおじさんの3人
なんなのこの構成???
f0097924_84158.jpg

BBQは海上の生け簀で
海に直結これまたトンでもない戦慄のトイレの先には、BBQ用生け簀・・・・
こわばる私の顔サービス
f0097924_8412250.jpg

一族みなハーヴェイ・カイテル顔の生け簀小屋のおじさん
「金持ち日本人、BBQにどうだぁ~」と、いきなりイセエビの一番大きいのを秤にのせ
ガイドに値段を聞いてみたら!驚愕の14,800円!!
「なんじゃそりゃー日本より高いよ~」
小さいイセエビが2尾で4000円って、いらないっちゅーの
f0097924_8414635.jpg

結局ツアー内のランチで充分でした。
てか、海老が一番美味しくないんですけど!!
他に3組観光客、釣り人が生け簀に立ち寄ったりランチをしてましたが、誰も生け簀のものを食べていませんでした
f0097924_8423632.jpg

わかり難いですが、カスミとアカジンとゴミが一緒になった生け簀・・・・
f0097924_843966.jpg

「ベトナムのガイドフィッシングは30年早かったな・・・」
と、月を見上げながらつぶやく俺様だったのでした
f0097924_8432994.jpg

最終回、思い出のサイゴンに続く(まだ続くのです)
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-11 08:50 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(4)
2015年 01月 08日

ベトナム旅行記 その3 セクシーサンミゲルねえさんの思い出

ベトナム ちょっと勇気が必要だ編

こ綺麗ベトナムばかりで、現地住民とのふれあいが無いのでは?と思われているあなた!
私達は、しっかりローカルを体験してきましたYO!

事前に調べた、地元で有名な豚肉料理屋に行ってきました。
Ngoc Tien ゴック・ティエン
ホテル入り口で待ち構えるタクシードライバーに、お店の名前をみせると、ホイホイと5分ほど。
f0097924_0425100.jpg

ベトナムの食堂と言えば、もしかしてこの店未完成?な壁無し仕切り無しな店内と
どこまで、お店の所有物?のプラスチックの椅子に、身体にしっくり来ない高さのテーブル。
ベトナムビール333に氷を入れられてしまった・・・・
f0097924_0424138.jpg

こちらのお店は豚肉の発酵ソーセージを串揚げにしたもの「ネム・ヌン」をライスペーパーとお野菜でクルクルするのが名物・・・・
お店の看板娘に「どうやって食べるの?」と聞くと、お野菜と、ネムヌンをきちっとライスペーパーに並べて
丁寧に、丁寧に、巻き巻きしてくれました。
f0097924_044428.jpg

ピーナッツが入った、チリソースと、北京ダックにつけるような甘味噌をお好みでつけて食べるのですが、
看板娘は、ソースを取りやすいように引き寄せてくれたり、気配りはシェラトン以上でした。
f0097924_0432015.jpg

ビール2杯ずつ飲んで、この巻き巻きセットでトータル600円ちょっと・・・・
安いっ!美味い!ベトナム、いいねっ!
ニャチャンは夜ふらふら歩いても、割と安全です。治安は良い方。
f0097924_051379.jpg

が!ショッピングモールに入る時は万引き防止の為に、大きな袋は入り口で預けて
小さなバッグはビニールでぐるぐる巻きにされた上にホッチキスで袋を閉じられてしまいます。
f0097924_052672.jpg

また、別の日は、ネットで調べた「あひる鍋」料理の店へ・・・・
海辺のリゾートニャチャンは、甲殻類や、貝料理も有名なのですが、なぜかあひるさん
これまた、ホテルの入り口のドアマンに、「タクシー呼んで「あひる69」って店に行ってと頼んで」と言うと
「「あひる69」・・・・聴いたこと無いよ!ニャチャンじゃないよ!」ドアマンが言い出して
それではと、夫はコンセルジュに調べてもらって、予約を頼もうと思ったらしいが、頼まなくて良かった・・・
キラキラシェラトンのロビー↓で赤っ恥かくところでした
f0097924_0571842.jpg

その間、タクシー配車担当のおじさんが、お店を知っているドライバーを探してくれました。
「知ってるよ~」と来てくれたドライバーはなぜか、お店に到着するまでニタニタしっぱなしで・・・
「ここだよぉ~、だいじょうぶか?」とニタニタ私達を車から降ろすとニタニタ去って行きましたとさ・・・
たぶん、店名「あひる69」↓
f0097924_17840.jpg

でもこのお店が想像以上に素晴らしかった(夫には)
いきなりバドガールならぬ、赤いボディコン(死語)にサンミゲル(フィリピンのビール)と書かれた
サンミゲルねえさんが現れ
お店のお客さんの殆んどが食べている鍋を指差し
「同じもの」と英語で言えば
f0097924_185476.jpg

サンミゲルねえさんが手際よく準備してくれます
f0097924_192687.jpg

ビールに氷を入れて飲むのが当たり前のベトナム
「ビールに氷なんて、やめてくれ!」と言っていた夫なのに、サンミゲルねえさんにコップに氷を入れられても、嫌な顔せず
f0097924_195950.jpg

きくらげやクコの実、ナツメ、ナッツなど、漢方らしきものと香辛料の入ったスープで柔らかく煮たあひるはサムゲタンそっくり!心配していた臭みも無く、コクのあるスープはくせになりそうでした
f0097924_1102076.jpg

お野菜と、煮てもコシがあるラーメンをオプションで頼んで驚きの900円!!
サンミゲルねえさんの胸の谷間付きでこれは安い!と夫大絶賛のお店でした。
f0097924_1264729.jpg

ただ、どうしてもベトナムで苦手だったのが、市場の魚の乾物のニオイと、衣類を売るオバちゃんたちの強引な客引きと
f0097924_1123993.jpg

傍若無人に走りまわる、バイクをすり抜けて道を横断す事。
まだまだ田舎のニャチャンではだいぶ慣れましたけど。
f0097924_1281443.jpg

都会のホーチミンは絶対無理無理・・・・・冗談みたいなバイクの数
f0097924_1132262.jpg

と!言うわけで、いよいよクライマックス「俺様ベトナム怪魚に挑む!」につづくのでありました。
長くてすみません
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-08 01:33 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 05日

ベトナム旅行記 その2 こ綺麗ニャチャンを楽しもう編

ホーチミンからニャチャンはベトナム航空で
1時間足らずのフライト、サービスはミネラルウォーターと香料ぷんぷんのおしぼりのみ。
f0097924_1420139.jpg


ホテルはシェラトン・ニャチャンに4日間お世話になりました。
無意味なスケスケバスルーム・・・・・もちろんブラインドを落として目隠しできます
f0097924_14204024.jpg

部屋の広さは、リゾートホテルにしては狭いと、評価が多いのですが「私達ニッポン人にゃあ、充分な広さですわ」
全室オーシャンビュー!って天気がこれじゃあ「演歌の花道」しかも、浜松並みの強風。
f0097924_14232539.jpg

晴れればこんな感じ!でもやはり風は浜松並みの強風。風の強い土地なのですね。
f0097924_1424065.jpg

シェラトンの朝食ビュッフェが充実していて、毎朝のお楽しみ
洋、中、越 日は夜には登場するそうで
釜に入ってるフランスパンは常にパリパリ、
f0097924_14251229.jpg

その場で具をはさんでくれるバインミーは、美味しかった!毎日食べました。
マダーム全部はさむか?と聞くので「Oui」と言ってみたりしなかったけど
ホテル内、マダーム、マダーム言ってくれるのが気持ちよかったわ。オホホホ
f0097924_14254268.jpg

クロワッサンに、チーズの種類もたくさん
f0097924_14262013.jpg

フォーも定番メニュー。日替わりで、ベースの出汁も変わります。
チキンだったり、ポークだったりこれが、また美味しかった・・・・・
トッピングも盛りだくさん
f0097924_14284767.jpg

ベトナム料理は食べすぎ感が無いのがよかったです
f0097924_1429119.jpg

ここでたっぷり食べてお昼までもたせるのが作戦。
って、リゾートで来て貧乏臭いか・・・
だって、お昼はカクテルも・し・く・は!ビール三昧~きゃーっ!!!ってうるさいよって感じですが。
「かくかくてるてる」言いながら、海辺のお洒落なカフェーで一杯。
「フォーシーズン」と言うカフェですが、プライベートビーチ内にあります。
リゾートと言えば!ピーニャコラーダでしょー
f0097924_14295789.jpg

プライベートビーチ内にありながら、居酒屋並みの金額で飲める濃いカクテルはくせになり、
夫はテキーラベースのカクテルばかり注文。テキーラサンライズ!
「わたしぃ、よっぱらっちゃった~動けない~」を連発。
f0097924_1432323.jpg

気温おそらく25度前後、しかも強風荒波なのに、ロシアの人々は元気一杯露出度いっぱい!
ロシアからの直行便がある為、今やニャチャンはロシア人の人気リゾート地だそうで。
立派な体格をした方々が、寒くても「どすこい!どすこい!」と波に打たれてました・・・・・ホテルへの帰り道はいつもこんな感じ。
f0097924_1435436.jpg

ベトナムコーヒーもチャレンジ!
「どうするこれ?」と、ふたをパカパカしていたら、不機嫌顔の親切なウエイトレスさんが飲み頃を教えてくれました。
が!ベトナム語のように聞こえる英語が全く理解できず・・・・
結局コンデンスミルクを混ぜずに飲んでしまった夫は大笑いされ、
「もーあなた、だめねぇ~」ってな感じで、でもコーヒーを飲み終わるまで「正しい飲み方してるか?」と、気にかけてくれました。親切。
f0097924_14362430.jpg

ホテルのフィットネス後は、ホテルの屋上バーで、モヒートしてみました。
見かけミントなのに、あとからバジル風味、不思議モヒートしかも、ミントの清涼感が涼しいを通り越して寒い。
f0097924_1437241.jpg

釣り(後日お話しますもったいぶる)や散歩の後の、ビールタイム!
ホテルから2キロ弱歩いた(普通はタクシーで行くらしい)ところになんと!ブリューワリーがあり、ビールを造ってるんですよ!!(大興奮)
オーストラリアから仕入れた上質なモルトと、ニュージーランドから仕入れた上質なホップとニャチャンの天然水から作る、ビールを飲めるお店の名前がルイジアナブリューハウス・・・・このカオスな感じ、まあいいか。
f0097924_14431265.jpg

この220ml4種ビールのテイスティングセットが、450円!450円!ですよ(ジャパネットタカタの様にベトナムでも興奮)
しかも、このビールがどれを飲んでも大変美味しくて、2日連続間テースティングしました・・・もはやテースティングとは言えず。
f0097924_14391541.jpg

おつまみも充実。
ベトナム3種揚げ物すべてパリパリで美味しい~出来立て生ビールグラスで8杯、おつまみ2品で2人で2000円しないのは、すごい安い~と、思えるのはまだまだベトナム半人前
なぜ半人前か!?は、後ほど・・・・
f0097924_14575553.jpg

しかし、ベトナムビール333(バーバーバー)が缶で11、000VDベトナム丼いやドン
日本円にすると、一缶65円程度なので、ブリューワリーのビールは高級ビールとなりますが・・・・
f0097924_14452434.jpg

そうそう、シェラトンのニューイヤーパーティーも招待されました~VIPだから・・・
と、言うのはウソで3日以上泊まっている人はだれでも招待されます。
これを目当てで泊まっている方も多く、フォーマルな方々も大勢・・・・
f0097924_14454014.jpg

が!お料理が「どうしちゃったの?ビュッフェのクオリティーはどこへ行ったの??」のお味だったので
早々に退散。夫が釣るはずだった、コブラフィッシュ(雷魚の一種)にめぐり合えたのは結局ここだけ・・・
どうみても、美味しくなさそう・・・
f0097924_1446414.jpg

こ綺麗ニャチャンを楽しもう編でございました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-05 14:46 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 04日

ベトナム旅行記 その1

傷つけたくないと思っていると、自分が傷つけられたり
心配かけたくないと、思っていてもその思いが相手を不安にさせたり
楽しませたいという思いが、重荷になってしまったり
(注:本文と画像は関係あったり、なかったりします)
f0097924_3445964.gif

「私ってそんなに悪い人間か?」
(寒い日に呑む熱々紹興酒の美味さがわかる人に悪い人間はいない)
f0097924_3502933.jpg

「10年ぶりの中華街同發名物パリパリ皮付き豚バラ肉が売り切れも私が悪いのか?」
(代わりにオーダーした家鴨の香味焼きは、これはこれで、かなりイケル!)
f0097924_3152729.jpg

家族でも友達でも理解しあっているつもりでも、それは単なる思い込みかもしれないと自信をなくした昨年末。
(「旅の始まりに飲むアルコールは格別だね!」とマジに彼女に言ってる隣のカウンターの男を見て「ケッ」と思ってしまう私はそんなに悪い女なのか?)
f0097924_315483.jpg

性格なんてさ、そう簡単に直らないし。
自分の性格そんなに悪いと思ってないし。ずうすうしけど。
反省だってするもの。人のせいにしないように心がけてるもん。
だから、新しい年もこのまま突き進みます。
(夫の頭に小鳥がとまっているように見える・・・幸せの青い鳥?なんてねー↓)
f0097924_330186.jpg

突き進んで、ベトナムのリゾート地ニャチャンへ、トウチャン↓と行って来ました
f0097924_3333567.gif

まずは羽田空港午前1時30分発 早朝5時55分ホーチミン到着。
ニャチャン便まで時間があるので早速朝食のチキンのホーをいただきました
夫は、牛の尻尾味
ゴワッと置かれたハーブ類。
これをちぎっては入れ、ちぎっては入れ、どくだみは罰ゲーム味でしたが
スープは八角が結構効いて好みの味です
旅のスタートから美味しい食事に出会える事はこれは良い旅になる予感
と言うわけでいつも楽観的
f0097924_3392817.jpg

ボチボチと、ベトナム旅行記続きます・・・
[PR]

by furimukebakaeru | 2015-01-04 04:01 | ベトナム旅行 | Trackback | Comments(4)