四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車旅行(京都)( 15 )


2012年 07月 18日

祇園祭りって?

土曜日はキス釣り
楽しそうですねえ・・・・
f0097924_1152442.jpg

キスは群れているから、一つのポイントでバカバカ釣れちゃうらしい。
しかし!我が家は経験無し。
「一人で、キスが5匹、コチが3匹天ぷらが食べられそう!」と計算中。
f0097924_11525250.jpg

JALのマイレージで貰ったシャンパン
シャンパンは「ふつー」
キス天は「極うま!」
キス釣りは止められないぜっ!
f0097924_1153597.jpg

日曜日
明け方まで豪雨だった京都へ出発!
と言っても夫は浜松でお留守番。
京都8時半頃。賀茂川濁流・・・
f0097924_11534520.jpg

メインは知恩寺の「てづくり市」。9時前なのにこの混雑~
こ数年熱中症で救急車が出動しているそうですが、
出店している人も、サウナ状態。
f0097924_11542822.jpg

今回のツアーの参加者みなさま。asukaさん&tamaちゃん
タマちゃん、大人に付き合って、がんばったね!
f0097924_1155063.jpg

京都は祇園祭り」だというのに、
まったくお祭り関連写真なし・・・
一保堂さんで、冷えたお煎茶で一服
f0097924_124088.jpg

TVで話題になったフランス人が経営者のお弁当箱さん
ボンジュールとは誰も行ってなかったけど。
f0097924_1274365.jpg

これは、老舗の扇子屋「白竹堂」
f0097924_1274219.jpg

扇子屋で買った夫のセンスいいお土産。
f0097924_1211377.jpg

別の手芸屋さんではタマちゃんと、コサージュまで作っちゃったもんね。
f0097924_1212086.jpg

今回、ご縁あって(無理やり?)お世話になってしまったTさんご夫妻
町屋を近代化したところにお住まい。
f0097924_12143047.jpg

お仕事、ご趣味、お住まい、すべてが興味深々!
f0097924_12135089.jpg

ご主人のドードーさんは、診療所の先生なので
ここぞ!とばかり、体の事を聞きまくり、ストレッチの方法まで聞きまくり、
「坐骨神経痛なんて、私の辞書にはないわ~」のタマちゃんは
同じくビーズ細工の職人でもあるドードーさんから、ビーズ細工のワークショップ!
f0097924_12142348.jpg

私は出来上がったものを、スマホのお供に。ヤモリさん。
f0097924_12154663.jpg

大阪ご出身のお二人のおもてなしは、たこ焼きパーティー!
ハモもカツオも登場の豪華なお食事
お出汁が効いたホクホクのたこ焼き、ソース無しでもすごく美味しい~
と、言いつつ写真を写すタイミングが悪すぎ・・・
お二人の畑で収穫されたばかりのお野菜は、何を食べても美味いっ!
お酒がすすむすすむで深夜まで。
おかげさまで、今までの京都旅行の中で、一番印象深い楽しい夜となりました。
f0097924_12161598.jpg

と、翌日はそんな晴れ晴れした気持ちを
察してか、天気まで晴れ晴れ・・・過ぎる。
f0097924_1217367.jpg

今日は自転車乗っちゃうぜ!
f0097924_12173653.jpg

北野天満宮にも行っちゃうぜ!
暑い~せっかく頭がよくなる様にお願いしたのに
思考回路が鈍る。
f0097924_12195335.jpg

つかの間のホッ・・あわ餅屋さんの「さわや」さん。
f0097924_12203727.jpg

賀茂川で、ちょっとこんな事をしてみたりして。ウフ。
爽やかなり~
でも、もう一度靴を履くときは、靴が汗で湿っているので、まあ、例えるなら、ぬれたパンツをもう一度はく気分・・・・
f0097924_12211100.jpg

たのし、暑い時間はあっと言う間に過ぎて
最後まで元気なのは
若者なのね・・・・・
f0097924_12212397.jpg


ちなみに夫の休日は、2日連続で
一人カヤックで浜名湖。キス釣り惨敗だったそうな。
まあ、ガレー船の漕ぎ手は多いほうが良いそうで。
[PR]

by furimukebakaeru | 2012-07-18 12:23 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 21日

なのにあなたは京都に行くの?

美魔女二人旅in京都・・・
「いしもちのから揚げ万願寺とうがらしソース和え」(ゼエゼエ・・)と、京都タワー
「京都の町はそれほどいいの?」の泣きながら歌う夫に
カレーマルシェ(中辛)を残して旅立つ私。
f0097924_17354910.jpg

私が京都をやめられない理由
f0097924_17371459.jpg


老舗のお茶屋さんにて。
宇治茶専門店ですから宇治茶のことは
何でも答えします。
他の産地のお茶は勉強中です。と、店主
f0097924_17132116.jpg

静岡出身ですと、お伝えすると
お茶の難しい専門書を持ってきてくださいました。
って、私と勝負するつもり??やぶきたVSうじ
では無く
静岡茶と宇治茶の違いをわかりやすく説明してくださいました。
赤土の谷あいの限られた場所で造られる宇治茶は
必然的に人の手がかかるようになり
それがこだわりに通じて、高級茶のイメージも強いこと。

一方黒土から作られる静岡茶は環境にも恵まれ
広く風渡る場所で、おおらかに作られても
それなりに大変美味しいお茶ができること。
先祖代々お茶に慣れ親しんで、自然に美味しいお茶の入れ方を身につけている方が多い
そうで・・・・えっ?私の事?

本当の喫茶をさせていただきました。
お酒以外の飲み物でこんなに気分が高揚したのは初めてです
f0097924_1721338.jpg

よいお茶の水色は「やまぶきいろ」なのだそうです。
f0097924_1722319.jpg

「いわゆる一般的な煎茶ですよ」と、おっしゃったお茶は四煎入れても
味がしっかりしていて、丁度苦味が出てきた頃に
いただいた和三盆であろう干菓子は大変美味しく
またお茶の味をガラリと変えてしまいました。
f0097924_17221912.jpg

玄米茶「元祖」のお店なので
玄米茶の説明もして頂きました。
デイリーユースのお茶にはまちがい無いのですが
お茶の中に入ってる白いポップライス
あれはお茶の花をイメージしているそうなのです。
少ししか入っていないのは、意味があるそうで
お茶の花が咲き乱れている茶畑は
キチンと管理されていない茶畑だそうで。
なので、本当の玄米茶は少しのポップライス。
お茶を入れた後の蒸らされた茶葉に、お茶畑を見て欲しいそうです。
f0097924_17225965.jpg

一時間弱。
安いほうじ茶と、玄米茶しか
買わなかったのに、
宇治茶のすべてを知ってしまったような気分。
京都寺町老舗「蓬莱堂茶舗」の店主の笑顔と接客術
「もう~京都ったら、かなわないっ!!」と、しびれた瞬間でございました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-21 17:16 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 16日

疾風のようにあらわれて

本日
四十路ミセス × 四十路ミセスで、賀茂川沿いを疾風!
f0097924_23563964.jpg

目指すは、京都「知恩寺手作り市」
人!人!人!で、身動き取れず・・・
f0097924_23565457.jpg

無理やり動いて
やさしげで丁寧な手作りをしている方と
コミニュケーション。
手作り市での一番の醍醐味!
f0097924_23571617.jpg

突然ですが!ここで宣伝です。
「手作り市」の醍醐味を味わいたいそこのあなた!
静岡県袋井市の法多山で10月31日(日)に行われる「コトコト市」へどうぞ!
f0097924_2358518.jpg

ワタクシも、東京からやってくる謎の美女軍団JPUPと参加します!
謎の美女軍団JPUPの詳細はコチラをどうぞっ!
さて、話は元に戻り
にかく四十路ミセスは忙しいので
昼ごはんは「ふたば」の絶品!丹波栗の大福を賀茂川沿いでかぶりつき。
f0097924_003610.jpg

もち、栗、あんと、微妙な塩気の、バランスが素晴らしい!賀茂川散歩中の方が振り向くほど大きな声で、「美味しいっ!」と叫び。
f0097924_012130.jpg

一緒に行ったMさんは京都出身の方。
しかしっ!自転車で賀茂川沿いを走ったのは初めてだそうで。
「車では何度も通っている加茂川沿いも、自転車で走ると、目線が変わって、楽しい!新鮮鮮な感じ~」と言ってくれました。
f0097924_01488.jpg

そんな訳で、自転車で疾風する四十路ミセスがまた浜松で一人増えそうです!
旅行記、イベント案内、グルメ情報、自転車生活啓発活動、と、盛りだくさんブログなのでした。
[PR]

by furimukebakaeru | 2010-10-16 00:14 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(4)
2010年 06月 07日

たそがれ2週間・・・

申し訳ないぐらい代わり映えしない我が家の週末。
しかし!安定した楽しみを手に入れる事ほど難しいことは無い・・・
と、思いつきで言ってみたりして。
自転車にノリノリ
f0097924_1712653.jpg

帰ってくれば家庭菜園。
2週間で、かなり畑は賑やかに。
f0097924_16564727.jpg

ささやかな、代わり映えと言えば、
我が家の畑にゴーヤ棚ができた事。
f0097924_17122031.jpg

「政治家辞めたら農業やりたい」なんて、言っていたどこかの国の元首相。
家庭菜園をやってみれば、そんな甘い事、言えません
読みの甘さは、一時が万事。
と!説教じみてしまうのは、年のせいなのかしら・・・気をつけようっと。

ブログらしい、トピックスと言えば、
先週京都に行きました。
f0097924_1733291.jpg

20歳近く年齢の違うお友達と自転車で、しゃかりきに賀茂川北上南下を繰り返し。
夢中で買い物やおしゃべりをしました。
f0097924_165805.jpg

気が付けばお互い、全然写真を撮ってない!
と!唯一彼女が「キレイ~」とカメラを向けたのがこの風景。
私も真似してパチリ。
f0097924_165946.jpg

何だか、若いっていいにゃ~と、爽やかな彼女に胸キュンなのでした。
自転車乗って、草取りしたり、説教したくなったり、若い子を半口開けて眺めたり・・・
有意義な2週間ではありました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2010-06-07 17:17 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(8)
2009年 06月 17日

自転車旅行と言いながら自転車の写真ないのです。

15日。京都知恩寺の「手づくり市」に行ってきました。
普通なら、ココで雑貨大好きラブリー主婦らしく
「カワイイお店で、こんなに可愛いものを買っちゃいましたぁ~」と、紹介したいところですが
気がつけば、写した写真はたったの2枚
まず1枚目
おなじみ、手芸部の友最近は園芸の友でもあるアスカちゃんが、「デケ~」と、言いながら
石窯で焼いたパンを激写しているところ。
f0097924_23404447.jpg

二人で「おいしいそう~」と、言いながらパンを選んでいると、
「美味しいんです!」と自信たっぷりの「山中屋製パン」のおかあさん。
天然酵母で丁寧に作られたパンは、確かに美味しかった!

そうしていきなり最後の一枚。
帰りの新幹線の中の焼きサバ寿司あーんどビール。
f0097924_2340690.jpg

酔っ払ってぶれてるのか、新幹線の振動か・・・・
これが妙に美味かった・・・
なにしろ一日レンタサイクルで京都の町中走り回ったんだもん
お腹は減るわ、喉は渇くわ
「でも、アスカさん楽しかったもんねぇ~」
と、名古屋天白区タンデム方面に向かって叫んでます。
そんな訳で名古屋からは一人旅。
急に寂しくてヨダレたらして寝ちゃったら、浜松まであっという間。

早速家に帰って、買ってきたものをガサガサと、チェック!
ミニチュア園芸グッズ、かーわーいーいーと、ココでやっとラブリー主婦登場か?
yumenoさんお会いできてよかったどすえ。
あとは、夫に内緒で買った〇〇と、ペケペケについては、ノーコメント。
f0097924_23563164.jpg

京都へ行くと必ず何か「作りたいもの」が見つかり、
京都で見つけた「手づくりもの」に今夢中です。
↓それは、手作りしたものを買うのではなく、自分で作る
前回京都で買ったビーズのキットで、ラリエットとネックレスを編み編み・・・
f0097924_035125.jpg
一人手づくり市。ただいま開催中。
[PR]

by furimukebakaeru | 2009-06-17 00:11 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(6)
2009年 02月 13日

汗だくミセスの京都旅行・・・・・

京都駅より1,190円着払いで戻ってきた私のバッグ。
着払いのお金を持ってなかったので夫に借金。
デジカメも無事。貴重なデーターも敵国のスパイに抜き取られていなかった・・・
早速写真をチェック!が、しかし、「いったいどこへ行ってきたの?」と聞かれそうな写真ばかり・・・
京都駅のKCTPでミニベロをレンタル。
以前アスカさんと京都散策した時も、同じスタイル。自転車ほど京都に似つかわしい移動手段は無いと、思うのですが・・・
この時期、観光客も比較的少ない上、「自転車でゴリゴリ移動しよう!」なんていう素敵な奥様も、もちろん殆どいらっしゃらない。
とは言うものの、気がつけば、自転車の写真はコチラ1枚↓のみ。
賀茂川沿いの道を、ものすごい勢いで通り過ぎるアスカさん・・・
f0097924_1605348.jpg
今回一番長居したおフランスの手芸屋さんラ・ドログリー京都北山店。
気がつけば2時間以上、試着しまくり、毛糸触りまくり、お店の素敵なおネエさんに、ちょっかい出しまくり・・
f0097924_161815.jpg
勢いでフランス語のニットブックを買っても、フランス語と言えば「モレシャン」ぐらいしか思い浮かばず・・ってフランス語じゃないか。
簡単な日本語解説が、簡単すぎて理解できず、結局妄想で編み進む・・・
f0097924_16304086.jpg
気がつけば、右を向いても、左を向いても、京都は寺社仏閣だらけなのに、手を合わせたのは八坂神社だけ。
50円で、「3つのお願い聞いてよね!」はずうずうしいか・・・
f0097924_1613786.jpg
気がつけば、外食は、「スマートコーヒー」のみ。一泊二日で、ここ1件。だけど、私たち大満足よ!と言うのも、このコーヒー屋さんは、「カリスマ主婦」御用達のお店だったりする。
ホットケーキとフレンチトーストを食べれば、私もあなたも、カリスマ気分!
f0097924_1615880.jpg
気がつけばリュックいっぱいの毛糸や布・・・京都は本当に素敵な素材屋さんが多くて羨ましい・・・
f0097924_16532969.jpg
f0097924_16525547.jpg
その上個性的な本屋さんもたくさん!これまた羨ましい・・・
f0097924_1701847.jpg
f0097924_16523459.jpg
すったもんだの帰宅後、気がつけば「バレンタインチョコレートだぞ!」と、夫に渡した、中村藤吉生ちょこれーと(ほうじ茶味)を酒のつまみにパクパク食べ始め・・・美味しい。
f0097924_1621595.jpg
こうしてブログをまとめている今、今回の旅行は、アスカさんチョイスのお陰で、実に有意義に過ごせた事に気付き。
その上、お土産までもいただいてしまい。京都の素敵な雑貨屋さんでさえも売っていない、名古屋のクリエーターたまちゃんの「カエルさんホルダー」ちょっと感激!
f0097924_1622912.jpg

そんな訳で、(どんな訳?)いわゆる、「オサレな、ミセス旅行」とは程遠いけど、自転車漕ぎまくって、汗だくで行きたいお店をまわって京都を身近に感じる。
思わず「これ最高!」と叫びたくなるのは、私たち二人だけでは無いと思いますが・・・・・
そんな感じ(どんな感じ?)でポチ→!→ブログランキング・にほんブログ村へぼちぼちお願いします
[PR]

by furimukebakaeru | 2009-02-13 17:28 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(8)
2009年 02月 11日

目が覚めました

ただいま一泊二日のフランス旅行で買ってきたお土産を眺めながら
深い深い、ため息をついております。
f0097924_14193392.jpg

なんて、人をおちょっくった事ばかり言っているので、神様から「目を覚ませ~!」と活を入れていただきました。

実は京都旅行からの帰り、新幹線のホームのベンチに、私のすべてが入ったバッグを置き忘れてきました。財布、クレジットカード、免許証、デジカメ、スパイ手帳エトセトラ・・・
新幹線に乗って、しばらく経ってから自分のバッグが無いことに気がついた後の2時間近くは殆ど記憶に無く、ただ慌てふためき、新幹線4号車から10号車まで車掌さんに会うため為に、ものすごい勢いで駆け抜け、しかもグリーン車でコケ。そのままちゃっかりグリーン車で、車掌さんのお世話になり・・・・
結論から申し上げますと、私のバッグは無事保護されておりました。
届けてくださった方、本当に、ありがとうございました!
気がつけば、いろんな方にお世話になり、親切にしていただき。
そうして、私はあなたがいなかったら、本当にどうなっていたかわかりません。
アスカちゃん、ずっと、励ましてくれてありがとう!
「完璧!」な、旅行の最後の最後でケチ付けちゃいました。
あやまっても済まないので、兎に角何かします・・・

自分だけは大丈夫なんて思ってましたが、実はボーっと、すきだらけで生きているからこんな事になるのですね。自己嫌悪です・・・・・皆様も気をつけてくださいね。って私に言われたく無いか・・・
コメントお返事遅くなり申し訳ござません。!
[PR]

by furimukebakaeru | 2009-02-11 15:08 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(6)
2007年 05月 17日

女二人京都自転車旅行ざます

『偽セレブが行く、京都百万遍知恩寺の「手づくり市」ツアー』を、企画してから早2ヶ月・・・・。
やっと、この日がやって来た!ルンルン♪ルーン♪
SURLY1x1繋がりで、TANDEMの社長であるアスカさんのお休みが、やっと5月15日の手づくり市の開催日と重なった!
お父ちゃんも、お子ちゃまもほっといて一人の女になる時。その女の背にはお父ちゃんのリロードのメッセンジャーバッグが!!デカイ・・何を買うつもりなんだ?↓
f0097924_1612553.jpg
コレもください!
f0097924_16131176.jpg

あっ、これもください。
f0097924_16142974.jpg

そしてこれもください。
f0097924_16144435.jpg

食べ物ばかりで、メッセンジャーバッグは膨れていく。
じゃ、中味を少し減らしましょうか?で、ランチタイムは鴨川で。
f0097924_16164577.jpg

「手づくり市」でゲットした、おいしそうなパンや、マフィンや、キッシュや、クッキーをベンチにひろげる。
f0097924_1643062.jpg
ランチ用にお洒落なカフェも調べてきたけど、やっぱりお天気いい日は鴨川のベンチが京都一番のカフェテラス。
それに、お洒落なカフェでは、こんな渋いメニューはないでしょ?
f0097924_16434553.jpg
子持ち鮎をお茶で煮た佃煮。激ウマ!さすがアスカさん美味しい物を探す時の目はゴルゴ13の様。私の後ろに立つなって・・・後ろ向きの写真ばかり。

言い忘れましたが、京都駅前のKCTPで、お洒落なルイガノの8段変速付きミニベロをレンタル。1日1500円!
今回は葵祭りと重なり、道路は渋滞、路線バスは満杯、歩くのは距離があるし、地下鉄は面倒くさい。やっぱり京都は自転車に限るねぇ~。
まずは、京都駅から、百万遍知恩寺まで20分ちょっとのサイクリング、後は、調べてきた京都のオサレなお店を、ぐるぐる回ると言った感じ。
本当にぐるぐる回った!行ったお店をリストアップしてみたら!ベンベンッ♪
13件ほど回った事になり。
↓これは13件の内のひとつ「一保堂」お茶屋さん。おいしい宇治の新茶を購入。
f0097924_16473041.jpg

手づくり市や、行ったSHOPの名刺。眺めるだけでも楽しい。↓
f0097924_16553226.jpg

今回、京都で散財するつもりだった、偽セレブな私達は、やっぱりどこかお金に大胆になれず。行きたかったお店を見るだけで満足してしまった。
夫へのお土産お札「いたりょう」って何?↓
f0097924_16564543.jpg

そしてリュックの中にはパン3つおっ、重い・・・どれもおいしかったどすえ。↓
f0097924_1659152.jpg

自分のお土産もどこか控えめ・・・・。↓
f0097924_16594389.jpg


そして、自転車旅行の締めはやっぱりこれでしょう~。
f0097924_170636.jpg
いい汗かいたし!ハーフ&ハーフでカンパーイ!!京都の町を見下ろしながらプハー
趣味&話が合う女同士で行くのは、気楽だし、見たいものが一緒で楽しい。自転車の楽しさがわかっている人だから、なおさら楽しいね。
「自転車は、かったるいし、日焼けが気になるからイヤ」なんて言われたら、白けちゃう。
今回は、別の京都自転車旅行の楽しみ方を見つけてしまった。これは、クセになりそう・・・。
また、何か企画しようかな・・・。

と、久々の奥さま旅行だったのに、明日からはまた、釣竿背負って男らしく旅立つのであった「ういっす!」ホルモンバランス崩しそう・・・・
[PR]

by furimukebakaeru | 2007-05-17 17:09 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(21)
2006年 10月 18日

つれない京都旅行ぱーと2

夫婦で「たーのーもーうー」と、いきなりの道場破り。
「私達と勝負しないのなら看板を割っちゃうぞ!」
f0097924_21595232.jpgと、急にやけくそ気味。
こんなに晴れて軽く汗かいて、風は爽やか絶好の冷酒日和なのに残念ながら酒は飲めず・・・飲酒運転になっちゃうもんね。
カッパ天国のテーマ曲「かっぱっぱぁ♪かっぱっぱっぁ♪・・・・・ちょっといい気持ちぃ~♪じゃないぞ!」と歌いながら黄桜酒造を後にする。

なんかさぁ、伏見まで来てさぁ~なーんにも日本酒味わえないちゅうのも悲しくない?ねえねえ?
f0097924_222871.jpgと言うことで、黄桜では売り切れだった「富英堂」の酒まんじゅうを本店で「くださいな!」せめてまんじゅうで伏見の酒を味わうぞ!
ところが、ここでも売り切れ・・と、涙目になる私達にお店の奥さんが「すぐそこで蒸して販売しているのでそちらでどうぞ」
f0097924_2285553.jpg
と、向った先はプチ富英堂。そしてお向かいにはなんと!今年の春、昼から冷酒&焼き鳥でお世話になった「鳥せい」が・・
ううっ!焼き鳥と冷酒、冷酒と焼き鳥って同じだYO!
でも酒飲めないし、酒の無い焼き鳥屋なんて、着物の「ほしのあき」ぐらい味気ないと、夫は言っている。

f0097924_22123846.jpg
が、しかし見つけてしまいました。「鳥せい」で飲める美味しいお酒「神聖」入りソフトクリーム。まずこれを食べて・・・・伏見の清酒を味わう。甘いけどさっぱりしてうみゃ~。
f0097924_2215289.jpg
で、ソフトクリームのデザートに蒸したて酒まんじゅうをいただきます。これもまたさっぱりしてうみゃ~。
f0097924_2220054.jpg

さて、趣のある京都のナポリを後にして、「龍馬通り」を通りながら帰路につく。
「龍馬通り」とは、あの!「寺田屋」さんがある通り。坂本竜馬が暗殺されそうになったのですね。
その「龍馬通り」にある自転車屋さん。ここで龍馬がミヤタ自転車を購入。
f0097924_22202163.jpg
という歴史的事実は確認されず、ただ、夫がブログにそう載せるんだ!と命令したので従っただけ。

そんなわけでまたフラフラと来た道をもどり京都駅到着!どんぶり勘定で約35キロほどのポタリング。
今回ミニベロで走った訳ですが、結論から申しますと「タイヤは大きい方がいいかもね」となりました。

さて、汗も掻いたし!ずっと我慢のこれっ!
f0097924_22224224.jpg
京都タワートッピング一番絞り。
JR伊勢丹9階で飲むことができますYO!

今回唯一「手づくり市」で買った思い出の品。魚猪口。
f0097924_2224439.jpg

沖縄の民芸調お皿にのせれば無理やりデミタスカップ?
他のものは飲んじゃったし、食べちゃったし・・・。
ポタリング・ランチ用に買ったマフィンは昨日ビールと一緒にいただきました。
f0097924_22253992.jpg
フライドオニオン、ラタトゥユ、サワークリーム3種の味!ビールに合う合う。
お金儲けが目当てじゃなくて自分の好きな物を楽しく作って楽しく売る。
そんな気持ちが味に表れているのかも。だからこんなに美味しいのかも。
この気持ちって何にでも通じるかも・・・。

そんなわけで秋の京都ポタリング。あまり皆様のお役にたてる情報がなくてごめんなさいね。
どちらはんも、ほっこり、はんなりポチッbanner_04.gifどすえ・・・・
[PR]

by furimukebakaeru | 2006-10-18 22:30 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(22)
2006年 10月 17日

つれない京都旅行ぱーと1

私は京都が大好きなのに、多分京都は私の事をあまり好きじゃないと思う。
だって、必ず何かつれない態度をされちゃうの。
大雨降らしてみたり、猛暑だったり、カミナリ落としてみたり・・・・いけずやわぁ~
ところがね、つれなくされればされるほどまた行きたくなっちゃうんだね。

これで今年3回目毎月15日に開催される百万遍知恩寺の「手づくり市」。
京都の「かーわーいーいー」と、「おいすぃー」を素人はんが、売っている。
雑誌などでたびたび紹介され開催されるたびに訪れる人が増えているらしい。
f0097924_1782571.jpg

が、しかし10時前にして、この人・・・・寺に入るのもやっと。
着いて、そうそうつれないのね・・・
お買い物もゆっくりできない。子供は、「いたいよー」と、泣き叫び、おばさんサンは、はぐれた友達の名前を叫び、もみくちゃにされながらお目当てのお店を回り・・・と、言っても人が多すぎて発見できず。
夫の顔を見れば「脱出するぞ」の文字がおでこにはっきり見える。
とりあえずランチと、デザートと、小物を買って「脱出!」

今回も京都駅KCTPで自転車レンタル。ルイガノのミニベロ1500円/DAYで鴨川へ向う。
と、途中でゆるいノリのお祭り発見!なぜか神輿は路上放置・・・
f0097924_904878.jpg
みなおでんと、焼イカに夢中。
「神輿背負わないの??」
f0097924_911475.jpg
そこへ乱入ウチの夫。写真では、すでに口にちくわをくわえているように見える。「おでん食べたい」の念がそうさせたのか・・
「京風おでんを食べてみたいじゃないか!」と、いきなり11時前のランチタイム。
f0097924_913622.jpg

400円でこのボリューム!味はぁ、S&Bおでんの素なんじゃないかなぁ・・・でも味がしみてて美味しかった。

さて、次に目指すは鴨川を下り、酒蔵いっぱい夢いっぱいの伏見へ。
ルンルン♪天気もいいしお腹もいっぱいで絶好調。
f0097924_93139.jpg


鴨川を過ぎ京阪本線沿いの細い道を走ること約20分「伏見稲荷大社」に到着。
テレビでしか見たことのない赤い鳥居・・・。地元の方らしい婦人はちゃんと一礼して鳥居の中へ・・
f0097924_1711448.jpg

夫はそんなのお構いなしですたこらさっ!

そこで発見「おもかる石」
石灯籠の屋根の上の石を持ち上げて思ったより軽かったら願い事が叶い、重かったら「残念でした」という感じ。
f0097924_953092.jpg

持ち上げる前に「爆釣!」と一言叫び、「おもかる石」にトライする夫の顔はゆがみ・・
「もう、たくさんお魚釣れないんだ・・・」とショックを受ける。

さて、気持ちを切り替え酒蔵目指して伏見桃山へ・・・・

つづく・・・続きを見たい方ポチッbanner_04.gif
よろしくたのみますわ・(関西弁のつもり)
[PR]

by furimukebakaeru | 2006-10-17 09:07 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(18)