気分は、四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 25日

オオタニワタリのおはなし

先日
沖縄から連れて帰ってきたオオタニワタリを
お洒落なお花屋さんに見立ててもらって、
お洒落な鉢に植え替えました。
私はすごく気に入りましたが、
夫曰く「この鉢気に入らない」
「何かが、合わない」
オオタニワタリがなぜ我が家にあるのかは
コチラのブログをごらんになってくださいませ。
f0097924_1693528.jpg

お花屋さんからそのまま買ってきた観葉植物とちがって
どこかストーリーのある植物は、どんなにお洒落な鉢に飾っても
違和感があるのは仕方がない事で
オオタニワタリをくださった「多田浜」のマスターは
「調味料の瓶で育てたよ」と、おっしゃっていたけど
沖縄の味のある割烹の玄関に瓶で育てられている
それが、一番しっくりする姿、違和感の無い姿だと言うこともわかってます。
f0097924_1695843.jpg

我が家のおしゃれな鉢のオオタニワタリが違和感なくなる存在になるように
がんばって育てます!と言ってもお水をあげるだけですが・・・
アダンもなんとか・・

さて、この週末は石けん屋さんと化し
石けん大小57個売りさばきました。
f0097924_16102139.jpg

快感です・・・・
ちなみに夫は近所の川でボウズと化しました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-04-25 16:15 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 18日

沖縄の入り口

旅の入り口を間違えると
その土地の印象も全く変わってしまう

機内で配られる沖縄の観光ナビを見ても思うのだけど
私たちのイメージする沖縄は、全くここには存在してない。
ここには「入り口」は無い。
観光地って「その土地に来たぞ!!」と言う気分を盛り上げてくれる
大切な「入り口」だけど、「楽しませて~!!」と、受身ばかりだと、何も残らない事はわかっている。

だからと言って沖縄気分を盛り上げる為に
「夜の市場通りに釣竿を持って歩き回れ!」とは言わないけど、
f0097924_1255246.jpg

ついでに釣り道具片手に、お菓子屋さんで、「こんぺん」買って!とは言わないけど。

繁華街近所のよどんだ川に沖縄を感じる、変なおじさんもいるのだ。
f0097924_12555365.jpg

たまたま私達の沖縄への入り口は海だったから
f0097924_12573395.jpg
「自然はウソをつかない」と、ありきたりな事を言うようだけど
自然のありのままを楽しんでいたら
f0097924_12563654.jpg

自分達だけの、観光ナビではない
「沖縄ナビ」が出来上がってしまって

真昼間から、立ち飲み屋「串豚」にて生中片手に物件探し
f0097924_137614.jpg

首にく&タン・・・・沖縄は豚が新鮮。
f0097924_1372765.jpg

さらにまた新たな食材に遭遇
素敵なお店で過ごすことができ
これがまた楽しい!!
アダンの新芽の炒め、東北で食べる姫タケノコを彷彿させます
美しすぎる緑は、オオタニワタリの新芽
今回は、八重山料理を堪能!
f0097924_1382812.jpg

「赤いお金」アカジンさぁ~
f0097924_139524.jpg
しっかり食べたでね~
f0097924_1393982.jpg

中身の炒めに
f0097924_131045.jpg

即席メニュー!イノシシ入り、ゴーヤーチャンプルー
f0097924_13102870.jpg

人とのふれあいが
怪しくも楽しく、
f0097924_1311183.jpg
その方のライフスタイルに触れるのもまた楽しい。うちなー式コルナゴシート。
f0097924_13115388.jpg

もっとお話したかったけど、
人から広がるもっと大きな意味での
沖縄への興味
どんどん大きくなるばかりで
f0097924_13123960.jpg

博物館2時間では時間が足りませんでした。
次回は古民家鑑定士のライブでお願いします。
f0097924_13133545.jpg

触れ合えば触れ合うほど、沖縄の欠片が私の手元にやってきて
それを見るたび、ワクワクするのですけど。
そのエピソードは心の中にそっとしまってニヤニヤして。
f0097924_1314331.jpg

そうなんです!
所詮、旅行者なんだけど、
美味しいところ取りしてるだけでしょ?と言えばそうなのですが。

しかし、そんな年に数回しか訪れない旅行者でも、
釣りを楽しむ場所が確実に少なくなっている事。
人気の無い海岸に、重機が入り込んでいる事はわかっていて。
少し難しい事を考えてみたりして、心を痛めたりするのだけど。
将来沖縄の「入り口」がふさがれてしまうような気がしてなりません。
f0097924_13154893.jpg

でも、今回少し、そんな気持ち、お話できて良かったです。
酔っ払いの話になってしまいましたけど。
あらあらって感じで。
しかし、まだまだ、話足りないので
夫に、しっかり働いてもらって、
私はがっつり買い物をしてマイルを貯めて
また熱い思い、お話しに行きます!!
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-04-18 13:37 | 沖縄釣り旅行 | Trackback | Comments(8)
2011年 04月 11日

春だ!春だ!

なんだかんだ言って
と、実際何も言ってないのですが
1ヶ月ぶりの自転車はいいねぇ。
f0097924_10422917.jpg

春だね~春だね~としつこく夫に呼びかけ
ひばりもさえずり
ホトトギスも鳴き
どの鳥も「春だ!春だ!」とはしゃいでいる様に思える。
f0097924_1030010.jpg

途中「テンちゃんだ!」と天竜川を指差す夫。
えっ?テンちゃん?
多摩川のアザラシは「タマちゃん」だったから、天竜川は「テンちゃん」
「どう見ても岩っしょ!タマちゃんなんて話題古ッ」と、言いたかったけどグッと堪え。
夫の想像力の豊かさ?に半ば呆れ・・・
f0097924_10314961.jpg

一方私の想像力
「今日のファッションは夜盗虫の様だね!」
夫うれしくなさそう。
f0097924_1032226.jpg

桜を見るぞ!花見をするぞ!と意気込むとあまり春は感じないのに
f0097924_10361152.jpg

自転車に乗ってパッと通り過ぎる生き物や景色、空気の方に
深い春を感じる。
完成された春の景色には想像力の余地はないけど、
パッと通り過ぎるモノには想像の余地がある。
そこには、自分の中の春もプラスされる・・・から?
なんてねぇ~と照れ隠し。

唐突ですが、小さくお知らせ
京都のこだわりのがまぐち屋さん「カクカメ」さん
四十路の石けん置いていただいてます。
石けん、ラッピングすべて妄想で作ってます。
京都にお住まいの方、またお越しの際は是非!
がまぐちと、石けんお願いします。
f0097924_1055815.jpg

[PR]

by furimukebakaeru | 2011-04-11 11:06 | 浜松(自転車) | Trackback | Comments(6)
2011年 04月 04日

before and after

ビフォー

f0097924_16404629.jpg

義母曰く
家の目の前に枯れた植物があるのは家相的に最悪だそうで。
「でも、雑草は生き生きしてますけどっ!」なんて言い返す鬼嫁じゃないもんね。
雑草を抜くと、ニョロニョロしたのや、ワサワサしたのや、とにかく生き物がたくさん出てきます。
土の中、有機な雰囲気ムンムンなのですが、「これが雑草のおかげ?」と、思うと少し複雑。
これから耕して、石灰まいて、肥料もまいて・・・・
その間ニョロニョロ、ワサワサはどこへ行くのだろう
どこからどこまで有機栽培?
f0097924_1643369.jpg

「でまかせ桃」が満開になったのをきっかけに、見ないフリをしていた畑も
見ざるを得なくなってきて。
土日は夫と、畑仕事。
やり始めると、不思議と続く集中力。
その集中力は日曜日まで続き・・・
f0097924_1642675.jpg

アフター

f0097924_1644455.jpg

すっきりした畑では
まず、アスパラ発見!
f0097924_16574560.jpg

テレビで、取れたてのアスパラを生で食べていたのを思い出し
食べてみました。
甘い梨の様な味でした。本当です。
f0097924_16455364.jpg

「マングローブだ!」と、乾燥オクラで遊ぶ夫。
「どう見ても、オクラっしょ!」とは言わず、「はいはいそうだね」と、私。
畑にいるとやさしくなれます・・・。たぶん。
f0097924_16461553.jpg

夕食は「コーンブレッドを食べたい」と言う夫。
大好きなアメリカの探偵小説に良く出てくるそうで。
「スペンサーがよく食べてるんだ」「アメリカのソウルフードだよ」
チョッと前なら「そんなの知るか、そんなに食べたきゃ、アメリカ人になってしまえ!」と相手にしませんが
畑に出たからでしょうか
作ってしまいました。
f0097924_16464258.jpg

私に何が起きたかわかりませんが
穏やかな気持ちで週末を送ることができたのは確かなのです。
この気持ち続くと良いですが・・・・
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-04-04 16:53 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(9)