<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 27日

のん気な主婦が、カヤックから学ぶ事

日曜日
午後の浜名湖
f0097924_15592916.jpg

この日、浜名湖では早朝釣り船の転覆事故がありました。
ライフジャケットが脱げてしまい、亡くなった方も出てしまいました。
ライフジャケットは正しく身に付けなければ。
ワタクシも、胸が苦しくて(見栄っ張り)ファスナーを開けていることしばしば。
f0097924_1612092.jpg

ところで、ニュースでは、事故現場を浜名湖!浜名湖!と伝えておりますが
正しくは浜名湖と遠州灘がぶつかる「今切口」という
「釣り自粛水域」にもなっている、流れの厳しい場所。
云わば浜名湖の「恐ろしい門」普段でも潮流激しく。
そのような場所はご他聞にもれず釣りの名ポイントだったりする訳で。
危険をおかしてまでも行きたくなるのかな・・・
それにしても、遠州灘はこの日、波の高さ3ミーター、濃霧と波浪の注意報が出ておりました。
のん気な主婦の私にもそれがどういうことが想像できます・・
(私達を受け入れてくれる浜名湖はこんな感じ↓)
f0097924_1615761.jpg

浜名湖は、狭い範囲で潮流や流れの強弱が変化します。
地形が複雑な為、風の向きも短い時間で変化します
当たり前と言えば当たり前なのですが、
カヤックに乗ってダイレクトにそれを感じるようになったからこそ
意識できるようになった事で。
と言うか、意識しないと
カヤック進まないし・・・
(カーゴパンツを新調したオレ様↓)
f0097924_165388.jpg

プレジャーボートでガガガガっと進んでしまうと
浜名湖との微妙な触れ合いができないので、
流れの複雑さとか、風向きの変化は感じられないかもしれません。
浜名湖の懐は穏やかですが、
「湖口や、河口は、厳しいぞ!」と、穏やかな浜名湖に慣れていると
想像できないかもしれません。
とは言うものの、
このような微妙な触れ合いを楽しめる事
漕いで水面を進む事を面白がる事ができないと、
カヤックって、単なる修行になります。
スピードと合理性は、船外機付きの船が良いに決まってます。
(修行中のオレ様)
f0097924_16135058.jpg

ただでさえ、釣れない釣りは修行なのに。(今回5バイツあったぞ!)

魚は釣れないけど、この独特な目線が好きだから
まあ、いいかぁ~とか。
(一人タイタニックごっこ。ただし手を広げることはできず・・↓)
f0097924_169290.jpg

全身疲労で帰って来た時にたべるチーカマ最高!とか。
f0097924_16115868.jpg

ひろーく、ひろーく眺める事ができるこの景色が、「なんか好き」とか。
f0097924_16121910.jpg

二の腕と、肩甲骨周りに塗るバンテリンの香り最高!とか。

どれか一つでも、面白そうだなと、共感できる部分があった方
たぶん彼方もカヤックからいろいろ学ぶ事が
あるかもしれません。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-27 16:20 | 浜名湖(釣り) | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 25日

パワースポットinハマナ

昨今
パワースポット流行ですが
確かに、そういった有名な場所は、「何かある!?」と、思わせる
空気を漂わせていることは理解できるのですが・・・・

我が家の、たぶんパワースポット?
な場所は数ヶ所ございまして。

太陽まぶしい本日
めおと1x1でゴーリゴリ。
f0097924_1756394.jpg

いつもの福田までのサイクリング道
ですが、パッ!と空気が変わるところがあります。
f0097924_17581412.jpg

それは先日行った京都NO1のパワースポット世界遺産「下賀茂神社」
で感じた森の空気の1%ぐらいかもしれませんが
f0097924_17583719.jpg

シンと、澄んだ空気の場所が数箇所ございます。

晴れた日の遠州灘
常に風速5強の風が吹いていますが
この風にあたると体が浄化されるような気がします・・・
f0097924_17591437.jpg

常に新しい風に打たれて、
過去の自分は飛んでゆけ~
天竜川や、太平洋で大きな流れや、波を見る
思い切り深呼吸して、風を感じる事ができる環境。
今や贅沢すぎるパワースポットかも。

ズッキーニと、びわと、水まんじゅうは重いけど
やはりタノシイ晴れの土曜日。
f0097924_1823699.jpg

[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-25 18:16 | 浜松(自転車) | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 21日

なのにあなたは京都に行くの?

美魔女二人旅in京都・・・
「いしもちのから揚げ万願寺とうがらしソース和え」(ゼエゼエ・・)と、京都タワー
「京都の町はそれほどいいの?」の泣きながら歌う夫に
カレーマルシェ(中辛)を残して旅立つ私。
f0097924_17354910.jpg

私が京都をやめられない理由
f0097924_17371459.jpg


老舗のお茶屋さんにて。
宇治茶専門店ですから宇治茶のことは
何でも答えします。
他の産地のお茶は勉強中です。と、店主
f0097924_17132116.jpg

静岡出身ですと、お伝えすると
お茶の難しい専門書を持ってきてくださいました。
って、私と勝負するつもり??やぶきたVSうじ
では無く
静岡茶と宇治茶の違いをわかりやすく説明してくださいました。
赤土の谷あいの限られた場所で造られる宇治茶は
必然的に人の手がかかるようになり
それがこだわりに通じて、高級茶のイメージも強いこと。

一方黒土から作られる静岡茶は環境にも恵まれ
広く風渡る場所で、おおらかに作られても
それなりに大変美味しいお茶ができること。
先祖代々お茶に慣れ親しんで、自然に美味しいお茶の入れ方を身につけている方が多い
そうで・・・・えっ?私の事?

本当の喫茶をさせていただきました。
お酒以外の飲み物でこんなに気分が高揚したのは初めてです
f0097924_1721338.jpg

よいお茶の水色は「やまぶきいろ」なのだそうです。
f0097924_1722319.jpg

「いわゆる一般的な煎茶ですよ」と、おっしゃったお茶は四煎入れても
味がしっかりしていて、丁度苦味が出てきた頃に
いただいた和三盆であろう干菓子は大変美味しく
またお茶の味をガラリと変えてしまいました。
f0097924_17221912.jpg

玄米茶「元祖」のお店なので
玄米茶の説明もして頂きました。
デイリーユースのお茶にはまちがい無いのですが
お茶の中に入ってる白いポップライス
あれはお茶の花をイメージしているそうなのです。
少ししか入っていないのは、意味があるそうで
お茶の花が咲き乱れている茶畑は
キチンと管理されていない茶畑だそうで。
なので、本当の玄米茶は少しのポップライス。
お茶を入れた後の蒸らされた茶葉に、お茶畑を見て欲しいそうです。
f0097924_17225965.jpg

一時間弱。
安いほうじ茶と、玄米茶しか
買わなかったのに、
宇治茶のすべてを知ってしまったような気分。
京都寺町老舗「蓬莱堂茶舗」の店主の笑顔と接客術
「もう~京都ったら、かなわないっ!!」と、しびれた瞬間でございました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-21 17:16 | 自転車旅行(京都) | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 16日

長野 のすたるじあ 後編

岡谷に住んでいた頃は
お買い物と言えば松本へ
松本へ向かうには国道を通らず、農免道路をひた走り
晴れていれば北アルプスが望めるのに、残念。
f0097924_0552557.jpg

JAでお買い物。
キミ、アスパラガス何本買えば気がすむのだ?
f0097924_0555236.jpg

松本は、落着いた町並みと
温かみのある雰囲気が好きでしたが
メインストリートは、今じゃすっかり様変わりの近代化。
変わらないのは、数箇所のみ。
f0097924_0563088.jpg

恐るべしTVの力!
極極フツーの蕎麦屋さんが鶴瓶とNHKのおかげで大行列・・・
多分お店の方々とまどってるだろうなぁ。
f0097924_059149.jpg

女鳥羽川沿いも、なんだかなぁ~
f0097924_0594376.jpg

ナワテ通り手芸部か?
f0097924_121519.jpg

と、人が途切れて寂しくなると
変わらないなぁ~の美ヶ原方面の山を望む風景。
相変わらず川のぞいてますね・・・
f0097924_13975.jpg

さらに、車で東を目指し
夫が学生時代ブイブイ言わせた場所へ
「ここは、変わらないなぁ~」
松本民芸館の窓から望む、ぼやーんとした北アルプス
ブドウ畑が広がる住宅街に夫の下宿があったとさ。
「よく、遊んだなぁ~」って、この風景でどうやって・・・
f0097924_191965.jpg

学生時代戻りたいとは
思わなくとも
懐かしく思い出されて
無性にその場所に行きたくなると言うのは
一応良い学生時代だったのではないのかな?
f0097924_194677.jpg

わたくしも、正直岡谷に住んで直ぐは
東京とのあまりのギャップに
仕事も、人間関係も大変だったけど
夢中で過ごして
気が付けば
信州の空気と同じ様に
清々しい事しか思い出せず。
大好きな場所が何箇所もできて
無性にその時期のその場所に行きたくなるのです。
f0097924_1114593.jpg

今まで過ごした、東京は大森、静岡の長泉、愛知の名古屋には
そういう特別な場所は無いのかも
移り住むのは楽しいけど、それは後から思うことで
その時は夢中で、一生懸命で、悩んで、疲れての繰り返し

浜松はどうなるのかな?
グレープフルーツの木も、オリーブも地植えにしちゃったしね。
そー君も怖がる、立派な吹流しも畑に付けちゃったしね。
f0097924_134641.jpg

[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-16 01:03 | Fly fishing in 信州 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 13日

長野 のすたるじあ

週末、夫婦で同じタイミングで
突発的に、気持ちが抑えきれず
信州は岡谷と、松本に行って来ました。
気が付けば、7年ぶり・・・NHKの連ドラのせいかしら
(松本市美術館にて草間ってる俺↓)
f0097924_13243078.jpg

約15年前
東京から岡谷市に転勤。
岡谷市には大変失礼でしたが、その頃の印象は
何でもアル!ところから何にもナイところに来てしまったぜ・・
(岡谷市商店街↓)
f0097924_13105854.jpg

しかしモノがアル事には何の意味が無く。
無いからこそ、見つけ出す面白さの方が数倍楽しい!と、気付くのが
そんなに時間がかからなかったので約3年半短い間でしたが、印象深い、楽しい日々を過ごす事ができました。
と、今だから言える。

今回は、夫がほぼ毎日通った里川で、ちょいと塩抜き。
f0097924_13124643.jpg

このワンコのいる入漁券屋さんで買うと「ボウズ」というジンクスはずっと変わらず・・
f0097924_1313556.jpg

結果は何かが、ポチッと、プチッと出たと言うことで。
でも、フィトンチッドたっぷりの空気と、この環境で釣りができれば
まあいいか~の笑顔。
f0097924_13142870.jpg

まあ、それにしても、私たちも年を取りました
昼間から、秘密兵器スレッダーを使わないとフックにティペットが通らず・・
夫絶賛!アメリカ人が考えたスレッダー
f0097924_1315524.jpg

物忘れも多くなり
ウエイダーのベルトを忘れました。
転んだら危険!と言うことで(水が入ってしまうので)
靴紐をベルト代わり・・・かっこいい?
f0097924_13152233.jpg

夫全然、見えないから大丈夫といってたくせに
丸見えじゃん!と言っても見る人もいないか・・・
見る人もあまりいないのにいたるところに素敵なお花畑。
f0097924_13153787.jpg

ああ・・・この日暮れ時の空気タマリマセン
f0097924_13164212.jpg

疲れて帰れば、
岡谷一、いや、信州一美味しい大衆食堂八千代で
f0097924_13171222.jpg

生中片手に、メニュー上「焼き鳥」と言う名の「モツ焼き」を食べ
f0097924_13174974.jpg

めちゃウマ「山賊焼き」と言う名の、モモ肉の竜田揚げを食べる
f0097924_13181438.jpg

さらに、レバニラ、モツ煮に、生中3杯目プリーズ!!!は昔の話で
今は生中2杯で、締めの「半ラーメン」
ハーフなのに、ラーメンの世界すべてが凝縮されてる~
f0097924_13194669.jpg

暗い繁華街をアピタで買ったアイスを食べながらホテルに戻り
f0097924_13202294.jpg

ノスタルジーにふける・・・・・余裕も無く
9時前には爆睡。
これは昔も今も変わらず。

長野ノスタルジア後編へ続くのでありました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-13 13:25 | Fly fishing in 信州 | Trackback | Comments(6)
2011年 06月 06日

清々しい週末

ある日の昭和の風景・・・
では無くて、土曜日。
「そのボート、大人3人乗って大丈夫?」潮干狩りの仲良し親子。
もちろんライフジャケットなんてありませぬ。
波風にもまれながら、あはは、あはは笑いながら浅瀬に出発。
夫「潮干狩りも命がけだな・・」
f0097924_16415252.jpg

と、人の心配をしている場合では無いぞ
私たちも、今年初出撃だ!
f0097924_16425022.jpg

結果から言えばダツをかけただけ
しかしっ、海との距離感と進むスピード、
自分達にに合ってるなぁ~楽しいなぁ~としみじみ。
カヤックの写真って使いまわししてもわからんねぇ↓
f0097924_16452447.jpg

とは言うものの、のん気に楽しめるのも
風速4ぐらいまで。5を体感したら、さっさと引き上げます。
浜名湖が近所だと引き際も潔いのだ。
この環境に感謝感謝。

午後からゴーヤー棚をセット。
f0097924_16464630.jpg

我が家のゴーヤーはこぼれ種から成長した4株。
すでにゴーヤーのにおいぷんぷん。
f0097924_1647761.jpg

日曜日も早朝から出撃だ!
結果は一発バシャーンと出てオシマイ。
夢よ~もう一度の、「カイワリシステム」でスズキを狙えども音沙汰なし・・・
波と風に翻弄され始めたらさっさと引き上げ。
f0097924_16473475.jpg

こーゆー事の引き際は、少しでも不安を感じたら・・・なのだ。
後ろ髪引かれるぐらいの方が、モチベーションを保っていられるのだ。
f0097924_16475341.jpg

そんなわけで午後からは、モチベーションを保ち続けている
夫婦1x1で、ゴリゴリサイクリング
夫のキャップ、間違えて洗濯機でゴリゴリ洗濯。
俺のお気に入りボロボロ・・
f0097924_16523429.jpg

梅シロップ用の梅2キロと、この時期美味しいズッキーニを買うのも目的
梅とズッキーニ背負って帰ってきたぜ!
f0097924_16485190.jpg

それなりに疲れましたが
それなりに、楽しめて、美味しいものもいただけました。
f0097924_16491436.jpg

梅雨の合間の、清々しい週末でございました。
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-06 17:03 | 浜名湖(釣り) | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 03日

ハマナ釣具屋

浜松手芸部番外編

彼方のフィッシングライフを楽しくするお手伝い
大切なロッドを入れる袋。
モンスターが釣れそうな予感!
表!
f0097924_1734268.jpg

裏っ!
f0097924_17341596.jpg


大切なリールを入れる巾着。
ゆるくキルティングしてあります
kata kataさんの手ぬぐい使用!
と、言っても釣れるとは限らない・・
表っ!
f0097924_17344385.jpg

裏っ!
f0097924_1735250.jpg


活動報告でした!
[PR]

by furimukebakaeru | 2011-06-03 17:41 | 手芸部 | Trackback | Comments(2)