気分は、四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 08日

一日2万歩以上の台北旅行 2日目

2日目
朝食から完璧なエッグなベネディクト・・・・
ホテルのスタッフは、この妙な夫婦はコーヒーはブラックで窓際の席が好きを覚えてくれてるし。
当初考えていた、朝食に安くておいしい麺でも食べに行こうか的な計画はどこへやら
ホテルクォート サービス丁寧、スタッフ感じ良い、居心地よし
f0097924_10564509.jpg

唯一気になったのは消したはずのルームライトが突然ついたり、洗面台のLED照明がすごい勢いで点滅したり、誰もいないのにトイレの蓋があいたり
夫婦で思わず「ぎゃー」と叫んでしまうような心霊現象?的な怖さは無いので、何かの接続の問題?という事にしておこう。
f0097924_14461661.jpg
この日、ワタクシの計画は台北の古い問屋街「迪化街」で蒸篭を買って、古い街並みを堪能して、オサレなお店で美味しいビールを飲んでぇ、オサレな雑貨屋兼カフェで軽めの美味しいモノを食べてぇ、ホテルオークラでパイナップルケーキを買うのっ!と言うい・か・に・もっ!な計画。
夫の計画は、気になる釣り道具屋に行って、夕食に北京ダックを食べて、海老釣屋にまた行くという、昼間は釣り具屋だけなのか?という感じで。

またもやメトロの1日券150元を買い、南京復興駅から中山で乗り換えて、迪化街の最寄りの駅雙連駅まで20分くらい?とにかく、乗り継ぎ楽々。
駅から歩く事、5分雰囲気のある街並みが見えてきます~
f0097924_14455296.jpg

古いレンガの建物をリノベーションしたオシャレなカフェや雑貨屋さんが並ぶこの界隈。
台湾の若者の人気スポットとなっておりますが
とっても日本的でどこかで見たような感じが否めない。
「日式」日本的なカフェや雑貨屋さんは今台北で増えているそうです。値段も日式。
日式ではないキッチン道具のお店、永興農具工廠で、奥は竹細工の工房になっておりますがこれまたキチンと整頓されておりました
f0097924_14532024.jpg


「写真撮っても良いですか?」と聞けば「もちろん!」とカメラ目線の息子さんと、愛想の良いお父さん。
f0097924_14490531.jpg

中蒸篭1段120元500円しない・・・「マジですか?」の値段に芸能人のウエディングケーキぐらい蒸篭を積み上げて帰ってきたくなる・・・
ちなみに蓋も同じ値段。
中蒸篭に竹のお弁当箱200元、おまけにサラダトングを付けてくれました。(親切)
写真下手ですが
f0097924_14534834.jpg
別のお店では台湾バッグという、今日本のイケてる奥様達に人気の釣り糸で編んだバックとビニールテープで編んだマルシェバックが人気らしい・・・
お値段100円ぐらいから日本人の奥様がたくさんいらっしゃいました。
でも竹の製品は永興農具工廠が一番安くて、しっかりしておりましたYO。
f0097924_14501310.jpg
乾物、布、雑貨、お茶に、スィーツ、小籠包などなど、興味深いお店がたくさんの迪化街周辺は一日いても飽きないと思う自信あり。
しかし!
飽きてしまう男がここに一人。
蒸篭買ったらとっとと歩き出し・・・・
春節のお祝いでにぎやかな通りも素通り・・・・
f0097924_14593848.jpg
さらに結構歩き
やっと、たどり着いた釣り具やさん、移転しておりました。夫の昼間のお勤め終了
グーグルマップありがとう。

f0097924_14475282.jpg
その途中、「ここ行きたいっ!」と叫んだ豆花荘
なぜなら、叫ばないと、とっとと行ってしまう男と一緒だから。
豆花はホットとアイスが選べます。アイスは沖縄ぜんざいを彷彿させる黒糖のシロップ(味がそっくり!)とつるつるの豆乳プリン
夫はタピオカ、私はあっさり甘く煮たピーナッツ餡、これはかなり好みの味!結構ボリューミー
夫は「1回食べればいいなっ」との事。
飛び蹴りしたくなる

f0097924_15022861.jpg
その後、気がつけば、二駅分ぐらい歩いてしまった私達。
最近オシャレなお店が増えているという
赤嶺街。
車の修理工場が乱立する中にオシャレなお店がある・・・
f0097924_15044857.jpg
これも私のリクエストで61NOTE 雑貨屋、カフェ、クラフトビール屋さんです。
オシャレな外観。
f0097924_15050779.jpg
クラフトビールは小で150元なので500円。日式なお値段。
f0097924_15304366.jpg
海老釣屋で飲む瓶ビールの5倍はするぞっ!と、すっかり海老釣屋びいきの夫。
比べる所が間違っている。
おつまみに台湾ソーセージ、クリスピーポークジャーキー
f0097924_10554068.jpg
この焦げた春巻きの皮のようなクリスピーポークジャーキー(香脆杏仁豬肉紙)
かなり気に入ったので後から調べたのですが、迪化街で買えるのですね
しかも!あのパリパリ感はアーモンドだったのね・・・と後から気が付く。
f0097924_15080734.jpg
その後、パイナップルケーキを買いながら、歩く歩く
夫の全くあてにならない、パイナップルケーキ ランキング
  パイナップルケーキコレクション
 実はコンビニで買った2種類は他の店の10分の1の金額。
コスパを考えるとこの程度ならありだねっ!という事で・・・・
f0097924_12324723.jpg
予約が5時にしか取れなかった北京ダックのお店に
1時間半の時間制限付き
なぜ台北で北京ダックか?と言われれば、なぜ上海名物小籠包が台北なのか?と同じ質問になってしまうので
まあ、有名中華料理は台北に行けばレベルの高い本物をお安くいただけるという感じでしょうか。
とにかく美味しいけど、北京ダックのみの一吃(1050元)にすればよかった・・・
一羽4000円しないなんて。サラダがおまけについてきます。
おじさんが手際よくさばくさばく
f0097924_15123989.jpg
艶々と言う言葉がお似合い
f0097924_10561176.jpg
私たちはおすすめスープを頼んでしまったので三吃コース。
炒め物、スープ。一羽のアヒルも余すところなく全部いただきま~す!と始めは笑いが止まらないですが
f0097924_15151726.jpg
だんだん、ビールも飲んでお腹いっぱい!!とにかく北京ダックだけは完食するぞ
途中くちばしが生えてくるかと思った・・・・
スープを大量に残してしまい。
さすがに友達が少ない夫婦もこの時だけは誰か友達と来た方がいいな・・・となりました。

さて時間はまだ6時半
腹ごなしに陶然亭餐庁からすぐ近所の夜市遼寧街夜市へ、おそらくお腹を空かせていたら、良いにおいが漂うお食事メインの夜市となったでしょうが
腹いっぱい夫婦にはこの夜市は重すぎる・・・
そんな訳で、夜市と言えば士林と同じぐらい有名な饒河街夜市
また地下鉄にのって中山駅を降りたらすぐ、慈祐宮はまだまだ春節のなごりか人がいっぱい!
f0097924_15194878.jpg

f0097924_15041542.jpg
さらに夜市の入り口にある胡椒餅待ちの列で、人が道にあふれてるー
ガイドブックを見ようと思っても人に押されて身動き取れず。
f0097924_15184391.jpg


お腹空かせて行けば、そこはパラダイスなのでしょうが、なにしろお腹がいっぱい、人がいっぱい
写真にてその雰囲気を味わってください
f0097924_15185914.jpg

と、一通り見終わった後、また地下鉄に飛び乗り、前日と同じ海老釣屋へ・・・
手長海老釣は針を外すときに暴れて挟まれるのですが、これが地味に痛いと海老釣体験ブログに多くの方が書いていたのですが
フォーセップがあれば楽勝で針が外せます。
フライフィッシャーで良かったね!

f0097924_15225731.jpg

この日は人も多いせいか不調・・・・
その上疲れた!で集中力が続かず。
f0097924_14591095.jpg

「今日は海老を食べないの?」と聞く、モードなセーターのお兄さんに「もう、帰ります。」
受付から海老焼きまでお兄さん一人で忙しそう。
お兄さんの日本語で「さようなら」に妙にジーンと来ちゃう私たち。
そんなこんなで台湾2日目は疲れ切って終わるのでありました。
いつも忙しそうなお兄さん。親切。
f0097924_15034250.jpg

3日目は
最後のモーニング
牛肉麺って何?と、台湾のラーメンみたいなものを想像していた私たち。
よく見たらと思ったらBeefaroniって英語でかいてあるじゃーないの。ミートソースにマカロニよぉ
でも、美味しい。
f0097924_14464435.jpg


その後は、台北発2時半の便に乗る為に10時半にバスがお迎え。
3泊4日と言えどもフルに使えるのは2日間でしたが、初心者にはちょうどよい日程でした。

帰りの空港で初めてジョッキの台湾ビールをいただきながら。
次回は夫は仕事ではおなじみのKEELUNGへ釣り竿持って行ってみようかと、
更にもっとすごい料理も出てくる海老釣屋に行こうかとネットで調べ始める夫を見て、台湾気に入ったな・・・・・と察する私。
って、誰でも気が付くか。
f0097924_14470455.jpg

台湾が好きな人が良く言うのは、食べ物がおいしくて親切な人が多くて日本語が通じる事。
「全くその通りっ!」と大きな声で言いたくなるのでありました。

[PR]

# by furimukebakaeru | 2018-03-08 15:44 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 05日

一日2万歩の台北旅行 1日目

なんとなく台北へ行ってきました。
なんとなくと言うのもここ数年1月2月3月中旬まではまともな釣りが出来ないので我が家は冬ごもり。
この時期に前向きになれるイベントを企画しようではないかっ!という事で。
「石垣島に一番近い外国、台湾行ってみる?」という事で
我が家から車で一時間。ついでに駐車料無料の「富士山静岡空港」からチャイナエアーで木曜日19:25発台北10:20着
3泊4日の台北旅行を去年の夏にHISで申し込みました。
帰りは日曜日の18:30に到着できるという、長期有休を取り難い(事にしておこう)サラリーマンにはやさしスケジュール♡
長期休暇取りにくいサラリーマン代表↓
f0097924_17340524.jpg
しかーし!実際ホテルに到着したのは真夜中の1時過ぎ・・・・
なぜなら、出発1時間半遅れたのさ。ぷんすか!
そのうえ台北着後の入国審査の大行列~!!!夜着の飛行機が集中するのか
今回の台北旅行良く並んだね・・・・(遠い目)
桃園空港は台北中心地より車で1時間ぐらい離れた場所にあるので、夜遅いツアーの場合は送迎付きのプランが楽かも。

五香粉の利いたチキンライスとイカ天な機内食↓
f0097924_17294663.jpg
真夜中に着いた HOTEL QUOTE ホテルクォート
日本語を話せるスタッフに暖かく迎えられ、

お部屋へ
ひぇーバスルームとトイレがガラス張り~
と、ベトナムで学習したもんねーブラインドで隠すことができます。
ベッドはシモンズだそうで。寝心地良かったです。
f0097924_17255566.jpg
それにしてもバスタブの位置が、ロールカーテンを開ければベッドの隣。不思議だわ。
f0097924_17311477.jpg
飲み物や軽食、アメニティーなどオシャレに用意してある2Fラウンジが24時間OPEN
機内食では物足りなかったので腹減った!と、真夜中なのに食べ物求めてウロウロ・・・プリンゲット!
お部屋のミニバーも無料です。
当初予定していた台北プリンスホテルがオーバーブッキングでランクアップの為コチラのホテルに変更。
想像以上に快適なホテルでラッキーでした。
f0097924_17354742.jpg

いきなりホテルの1日目のモーニング。
7つのメニューから選ぶ事が出来るのです。
夫は乙女なパンケーキ~
f0097924_17160387.jpg
私は台湾ソーセージがロールされている蔥抓餅
ホテルの朝食が美味しいとテンション上がります
f0097924_17150422.jpg
当初は高雄(台南)まで行って、怪魚釣りが楽しめるという釣り堀まで行くという野望を抱いておりましたが
往復4時間必要とわかり断念。
なにしろ台湾初心者、観光&グルメでまとめてみよう!

そんな感じで1日目ツアーについてくるオープントップバスのワンデーフリーパスを利用して
市内の観光スポットをバスから見ながら、故宮博物院
開放的でいいわぁ~と開放感満喫も5分ほど、後は排気ガスが気になってマスク必須です。
台北駅から渋滞含めて1時間弱ぐらい?で故宮博物院到着。
f0097924_17164527.jpg
ハイハイと記念撮影。
f0097924_17323991.jpg
僕は乾隆帝に興味があります。という事で記念撮影。
f0097924_17372026.jpg
大混雑で入場制限がされていた肉形石と翠玉白菜これらを見る為にまた並ばなけらばならない・・・・
チケットを買う時も並んで日本語音声ガイドを借りる時もならんでまた並ばなければダメなの?という感じで
写真だけで「もういいかぁ~」という感じ。
f0097924_17133693.jpg
肉みたいな石かぁ・・・・遠くから振り向きざまに激写!思いっきりピンボケ
f0097924_17140622.jpg
文化的ではない夫婦は音声ガイド付きの展示物だけをサラッと見て
故宮博物院を後にしましたとさ あらら。
f0097924_17284839.jpg
もう一つ気になる博物館があるということで
故宮博物院から歩いて5分
f0097924_18040971.jpg
故宮と違ってここは観覧者は気が付けば私たちだけ・・・
同じアートなら美術品よりはその土地に暮らしている人々の生活や信仰、文化から生まれるアートの方が興味深く
f0097924_17415556.jpg
原住民の漁具の前で記念撮影。
アニミズムに首狩り族・・・・なかなか興味深く台湾まだまだ知らない事だらけ。
f0097924_17250112.jpg
博物館を堪能して明るい内からにぎやかと言う士林夜市へ
既に時間は4時過ぎ。
お気づきでしょうが、グルメ旅と言いながら
ここまで何も食べてない私たち。
腹減った、喉乾いた、並びたくない、とりあえず台北ならなんでも美味しいでしょと
バラエティー番組でも良く紹介されている士林グルメ地下みたいなところで
とりあえずビールときょろきょろしていると、おばちゃんに捕まり「空芯菜と小籠包をつまみながら飲め!」となりました。
空芯菜を炒めている、太ったおじさんのローライズすぎるズボンが気になって、気になって・・・・
f0097924_17230420.jpg
テレビで紹介されたから美味しいわけではない!いい経験になったYO!
本当はいい匂いがしていたアワビダケのソテーを食べたかったのに
「キノコごときに並んでる!」夫に却下され
f0097924_17390487.jpg
士林に行ったらこれを食べろっ!の有名フライドチキンも「油がキモイ俺はやめとく!」
f0097924_17315200.jpg
そこここから匂って来る「臭豆腐」の匂いとキャベツの芯のような香り・・・・
「もう、十分だな帰るぞ!」とか言いながらもこういうところはじっくり観察する・・・
イライラ、イライラ
f0097924_17381920.jpg
帰りはバスを利用せず、メトロでホテルまで移動。
150元、500円の一日乗り放題チケットを購入
改札の窓口で買えますー
地下鉄の便数は大変多く、路線もわかりやすく案内されているので日本人でも簡単に乗りこなせます。
f0097924_17333497.jpg
ホテルに一旦戻り、気になっていたレストランなどに予約を入れてもらおうとフロントに頼みますが
当日はどこも無理っ!
結局並ぶのは嫌いなくせに並ばなければ入れないガチョウ専門店「阿城鵝肉(アーチェンウーロウ)」またもやっメトロで移動
メトロの駅がホテルから歩いて5分なので移動は楽です。
f0097924_17264111.jpg
グーグルマップを頼りにやっとたどり着きました!やっぱり大勢の人が並んでますー
テイクアウトの人も入り乱れ、待ち時間30分と言われたけど、一生店内に入れないような気がしてくる・・・
翌日も北京ダックを食べに行くのに、今日もガチョウで並ぶのかと、この店を選んだ夫を睨みつける。
f0097924_17363107.jpg
お腹が空いて、コンビニ行って何か食べ物買って来る!と言いかけたところでやっと順番がきました・・・
思いっきり一度に頼めばよかったのに、また後で追加すればいいよーの考え方甘かった。そういうシステムではなかったようです。
燻製ガチョウは燻製が効いて、味付け上品、針の様に切った生姜とのコンビネーションがたまりません
ビール片手にガツガツ、あひるスープも生姜と五香粉が効いた好みのスープでゴクゴクッ!
あっ!という間に間食。
ほどほどにお腹を空かせて、並ぶのを覚悟で行ってみてください!安いっ、旨い!です~
もっと食べたかった!
f0097924_17430510.jpg
さて時間は既に9時を過ぎ、ホテルに帰って寝ようか・・・・とはならず
夫にしてみれば台北旅行のメインイベント全佳樂釣蝦場 に行きました。
f0097924_17440291.jpg
こんな感じのところで手長海老釣なんて飽きるだろうと思いきや!
集中すること1時間半
f0097924_18585533.jpg
釣りまくっている地元の親切なおにいさんが、餌の付け方のコツを教えてくれました。
「頭から小さく着けるんだよ」と、心の声が聞こえ。
f0097924_19032630.jpg
彼氏と一緒に来て飽きてるギャルたちを尻目に本気出してますけどっ!なにか?
f0097924_19025884.jpg
手長海老釣り、ひきが強くて悔しいけど面白い。
f0097924_19044335.jpg
釣ったエビプラス1尾オマケ。自分たちでも焼くことができますが、100円でお兄さんが塩焼きにしてくれます
このビールと海老の美味しかった事
f0097924_17302309.jpg
思えばここまでたどり着くのに、美味しそうな飲食店を何軒か通り過ぎたのに
ずっとお腹を空かせている気がする。

海老釣すっかりハマって翌日も行く決意をしたのでした。
ああ、夫のペースになっている。
帰りもタクシーを使わず結局メトロでホテルまで。
この日、夫の万歩計2万歩、ジムで5㎞歩いて1万歩という事はその倍!?
台北1日目健康的に終了いたしました。




[PR]

# by furimukebakaeru | 2018-03-05 19:08 | Trackback | Comments(3)
2017年 11月 29日

結局2017年も石垣島の釣りは楽しかったのでした。

また時間が経ってしまいました・・・・
すでに今週は12月じゃないですか。一年終わってしまいますよ。

イケメンを長期放置するなんてひどい女だわ。
10月の写真


f0097924_11524167.jpg
そうしてこれが2週間前の写真。
そうです!11月も行ってきました石垣島。いきなりの最終日の写真ですが。
今年も最終日まで、ぎりっぎり楽しんだのですよ。
この最終日を鯵フライで締めるというのはやめられませんなっ!と、急にオヤジ口調。
f0097924_12223590.jpg
先月フライの貴公子にライトタックルで楽しみませんか?と提案していただいて
5番のベロンペロンな感じぃ~のグラスロットを巧みに操りながら。乳白色のロッドですよ、お客さんって誰に話しかけているのでしょうか。

そうして、今月もまた貴公子に舞い降りる妖精のようなカイワリ。
f0097924_12245292.jpg
これまた貴公子が買い物かごから出してきた目力のあるカイワリ。
一つとして具体的な名前を思い出せない私。老化現象。
お口がびろーんと伸びるのはカイワリですかね?と誰に聞いているのでしょうか。
f0097924_12301825.jpg
と、まあ細かい事はともかく、たぶん間違えて畑の妖精にも舞い降りてしまったアジの妖精。
ロウニン?と、また疑問符。
持ち方がまだまだ素人だねぇ~
f0097924_12402878.jpg
マングローブでは渓流仕様のタックルで子ジャックと戯れ
f0097924_12484437.jpg
地味に私もー!!
f0097924_12520655.jpg
今年もなにからなにまで貴公子お世話になりました!来年も恐怖のパラサイト夫婦よろしくお願いします。

と!今年は誰の行いが悪いのか、お天気に恵まれず。
今回も土曜日大雨強風。またもやRED HEADをキャンセル。
これではカヤックの漕ぎ方を忘れてしまう・・・・
来年に向けて浜名湖見ながら(寒いから見るだけ)イメトレしますので赤木さんよろしくお願いします。
そんな悲しい日はメイクマン、ユーグレナモール、明るい内から「るすた」で飲む!という10月パターン。
島タコのサラダ。「島~」と付くとついつい頼んでしまう。石垣島あるある。
f0097924_13064546.jpg
「もうこうなったら、嵐が来ても、リトルターン に乗るぞ!」の勢いで挑んだ日曜日。
やっぱり雨降り、しかも気温低いっ、修行覚悟で気合いで出発しましたYO!
f0097924_12235200.jpg
キャプテンの「始めは深い所作戦」が功を奏して、
いきなり夫憧れの幼魚のコクハンアラをゲット!
大喜び。
「どうやったらこんな模様になる?」みたいな、個性的な変身を遂げるミーバイ。
f0097924_12230255.jpg
今年最後の「キャプテンごめん!またこんなルアーを持ってきちゃいましたシリーズ」長っ!
Super-Duper とか言う、旅行用の爪切りみたいなルアー。わかり難い写真ですね↓
f0097924_12243048.jpg
「ホッテントット」と、自慢気に言ってたな・・・・
ピュアな石垣島のお魚はこんなルアー見た事なくて好奇心で釣れちゃったんだろうね・・・
f0097924_13443048.jpg
私は食べたら美味しいだろうな~アカジンを2尾も釣り。
「錦」に持って行きたかったけど、我慢っ!これも修行(と、なんでも修行の大売り出し)
悪天候で釣れる事に妙な快感っ!
f0097924_12213061.jpg
キツネさんも久々で、この日は夫婦で17種釣ったそうな・・・・
f0097924_12215853.jpg
浅瀬では「なんじゃこりゃー」の強いアタリを2回も体験してモノにできず・・・
お蔭様で、集中力が途切れる事無く
雨でレインコートの中まで濡れ、冷え切った帰り道は多少弱気になりましたが、ホテルの大浴場と「錦」の生ビールともつ鍋が待っていると思えば
苦にならず。
これくらいの方が、生きている喜びを感じる今日この頃。
長島キャプテン、来年も修行と快感を与えてくれる、孤高のガイドよろしくお願いいたします。
生きている喜びを感じている妖精。
f0097924_13483904.jpg
話はそれますが、55歳になる夫にイオンからシニアサービスが受けられるGGカードが送られてきたのですが
もう2人合わせて107歳。シニアなんですよ。
来年も今年と同じように石垣島が楽しめるといいねぇと、割と本気で言う事が増えた今日この頃なのであります。
運が良いと、JTAの主翼のイリオモテヤマネコに会えるよ!↓
f0097924_13531987.jpg
念のためメモですが、石垣島でシニアを感じる瞬間。
生ビールの量が激減した。
「錦」で飲んだ後に、コンビニで買うコアラのマーチを完食できなくなった。
リトルターンでのトイレが近くなった。(これは深刻・・・・)
釣りの最中の風の音が誰かに呼ばれているような気がすること度々。
ルアーやフライを変えるのが面倒くさくなった。あっ、これは元からでした。テヘッ。

来年まだまだ増えそう。

[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-11-29 14:06 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 25日

実は精神的に大ピンチだった石垣島旅行(過去形)

先週末は石垣島へ
2週連続で台風とお付き合いでした。
今年は石垣島のお天気の神様に嫌われているのか
予想だにしていなかった遥かフィリピン沖の台風20号の影響で、悪天候。
旅の思い出写真、早朝のセントレアの案内所で「ガシャポンザグヘッドどこ?」と、えらそーに聞いているところ。おねえさん困惑。↓
f0097924_10535582.jpg

本来なら到着後「お客様の行いが良ければホエールウォッチングができるかも」と!言われているRED HEADのカヤックフィッシングのはずが
キャンセル・・・。
ランガンする気も失せる強風に、とりあえず飲むか・・・・という事に。
昼のみができる、「海バルるすた」で、泡、白、赤ワインとタパスいろいろ。とりあえずになってないか。
730通り周辺、オシャレなお店も増えて、昼のみできる気の利いたお店が増えたのか?どうなのか・・・うーん。
そんな中、るすたは、お店の雰囲気も、コスパも味もいいんじゃないの?と、上から目線。
乾燥タイムとパセリを「かつお節と青のりでですか?」と質問するセンスの無い初老の夫婦。
砂肝のアヒージョ。これおススメ↓
f0097924_23512338.jpg
その後ユーグレナモール付近をプラプラ。途中何度か土砂降りに会い、びしょ濡れのまま「南嶋民俗資料館」へ。
元の八重山民政府知事さんの八重山に関する様々なコレクションについて、館長さんが丁寧に説明してくださいます。
f0097924_23514658.jpg
この日は武蔵美OGという美人若奥様2人組と一緒とあって(残念ながら写真はNG)
何を思ったか、夫が「プラタモリ」気分で「俺の八重山豆知識」を披露。
ワインも少し残っていたのか喋る喋る・・・
館長さんと館内の様子。もうとにかくいろっいろな資料が溢れてます。↓
f0097924_10532946.jpg

そんな夫に嫌な顔一つせず、丁寧に応対してくださる館長さんは沖縄空手研究中、ご自身も古武道杖や、居合道の有段者。
私も武道を志してたった1か月、更に話は盛り上がり、カオスな民俗館で思いがけなく充実した時間を過ごしたのでありました。
ちなみに夫ではありません。↓
f0097924_10534016.jpg

夕食は焼肉「オリオン」と魚介居酒屋の「魚仁」両方楽しめるという「うおじん」へ。
まさかの、売り切れ「まるちょう」も、とにかく感じの良いおねえさんが道を隔てたオリオンから持ってきてくれました。
ホルモンも魚の炙りも楽しめて大満足っ!
お天気にはフラれてるけど、その他は「やっぱり石垣島はいいねぇ~」って感じの一日が終わり。
焼肉ダクトで顔が見えない
f0097924_10562657.jpg
しかーし!2日目の朝。
ギリギリまで悩みましたが、さすがのリトルターン長島キャプテンも悪天候にはどうにもならずキャンセル。
残念な気分のまま朝食ビュッフェに向かえば、あからさまな内容縮小、経費節減・・・・
アートホテル石垣島、6月には、まだ良い感じで八重山日航色が残っていたのに・・・・
ブルーシールの紫芋ソフトが朝食からなくなったら、ホテル変えちゃうから!と、心の中で叫ぶ。
最上階のラウンジの、あの優しいおねえさんも、もういない・・・・
f0097924_11144042.jpg
更に、泣きっ面に蜂ではないですが、夫のSDカードが突如反応しなくなり。
不幸中の幸い、釣りの写真が無くて良かった~
イオン敷地内本屋のおねえさんに教えてもらった「メイクマン」へ。
ここで夫の身にショッキングな事が!
なんと!「メイクマン」にオリーブ・シプレッシーノが普通の値段で売っているじゃあーりませんか!
夫の野望、石垣島で唯一のオリーブ屋としてガッポリ大儲けのはずが、「メイクマン」に先を越されてるっ!
相変わらず全身オリーブ色だね↓。
f0097924_10541645.jpg
が、ここはバブル崩壊、リーマンショックを乗り越えてきた男
次の戦略を考えてあるもーんとばかりに、メイクマンねえさんを捕まえなにやら案内させている。

実はここ数年、オシャレな若者の間で流行っている観葉植物コウモリラン(ビカクシダ)を栽培して一儲けしようと研究中な夫。
お世話になってる美容師さんが1万円以上するビカクシダをコレクションしていると夫に話をした所、「俺様も育てるぞ」っと、目がドルマーク。$113.png
すごいぞ「メイクマン」!価格が浜松のホームセンターの半額なのに、さらに半額!!!
f0097924_10545589.jpg
4個お買い上げ。勘弁してほしい。

f0097924_11221058.jpg
さて、やっと釣り。
風裏を狙って、あちこち移動するものの強風雨空釣れる気配無し。

おやつ食べようかと入った観光客でごった返す「ミルミル牧場」のジェラートおねえさんの態度に荒み、
更に店内に溢れかえる高周波音ギャル達の「めっちゃやばいー」「まじー」「ありえんー」の声に耳をやられ
波の音が恋しくなり即移動。
この時の気持ちとマッチした哀愁のジェラート。黒糖塩美味しかったYO!
f0097924_10550398.jpg

釣れない海の写真はどこか寂しげ・・・・・
f0097924_10565707.jpg
とうとうこの日、最後のポイント
「どうせ釣れないから何でも投げたれ!」と、
普段はあまり使わない「ピンクピン太郎」ルアーを投げまくりました。
やはり、微笑んでくれたのですよっ石垣島の釣りの神様は
黄金のアジを釣る事ができました~肉眼では写真以上に金色に見えたのですけど。
私と来たら、こんなに石垣島に来ているのに、アジをトップで狙って釣ったのは初めてなんですぅー♪って急にミュージカル調
暗くなる寸前、この日はこの一尾でおしましい。
思い出深いお魚となりました。
f0097924_10552385.jpg
荒んだ気持ちも吹っ飛んで
お待ちかね、心の居酒屋「錦」で乾杯っ!
f0097924_10573833.jpg
お店の隅から隅までお客さんの熱気ムンムン。あのピークが過ぎたゆるりとした時間が流れる「錦」はいずこへ・・・・
とか言いながら食べたいメニュー全部食べられて幸せ―
「やっぱり石垣島はいいねぇ」と、しみじみ。
エンサイチャンプルー!シャキシャキで一皿一人で食べたい
f0097924_10580987.jpg

さてやっと、晴れた3日目は次回に続きます。
予告編「フライの貴公子、あり得な~い(ギャルっぽく)タックルで魚の秘孔を付く!」
5番の乳白色のグラスロッドにティペット4号、
なんだか、すごいぞっ!って事はわかります。
貴公子曰く、気配を感じでキャストしたら釣ってしまったお魚の写真がコチラっ!

ああ、やっとまともな釣りの写真だわ
f0097924_10554518.jpg
きゃー!カッコいい~ておばさんスマホもって写しまくり。

f0097924_11362937.jpg
3日目は秘孔を突かれたお魚写真満載で続くはずです。

つづく

[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-10-25 12:25 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 29日

50歳からの沖縄空手

みなさ~ん!(懐かしのつボイノリオ風)
空手が沖縄発祥の地と知ってましたか?
つい数か月前までは発祥どころか空手の「か」の字さえも自分の中に存在しなかった女が何言ってんの?って感じですが
まあ、私の世代は空手と言えば読んだことはないけど「空手バカ一代」「空手バカかずよ」ではないですよ!!

空手の「形」がオリンピックの種目になってから、NHKなどで特集をしたり
キリッとしたお顔の女性選手などを目にするようになって、

得意の更年期を理由に第2期自己嫌悪月間に陥っていた私は
「形」をやったら、この呑気な危機管理ゼロの主婦も鋭い目つきになるのだろうか、何かが変わるのだろうか?と、浅はかな考え
とにかく、リアルで形を見て見たい!と、いてもたってもいられなくなって道場探し。
ラッキーな事に、沖縄の伝統空手を稽古してくださる方がすぐ見つかり、
即連絡「ぜひ見に来てください」と、なりました。

お稽古場は区の体育館の一角。
護身術研究会という名で活動されてました。
代表の方は松林流6段で大手自動車メーカーをリタイアされて数年だそうで
それだけでも、すごい。いや、本当にすごい。
なんと!私には68歳の黒帯ご婦人が指導してくださいました。
メンバーは会社帰りのサラリーマンと8人ほどですが
坐禅から始まり、礼、決められた準備運動に基礎鍛錬、形、各々自主練
みなさん、動きキビキビッですよっ
空手着の擦れるサッ、サッという音が聞こえる様に動けるまで何年かかるでしょうかねぇ。

気が付けば気分は既に「空手バカかずよ」
お稽古5回目にして空手着購入。
もちろん、形どころか、まともに歩けないです。テヘッ
f0097924_14322685.jpg
これも後に知りましたが、本土にはピュアな沖縄伝統空手の道場が本当に少ないそうで。
浜松市内道場は多々あれども「形」を重視している流派は無く、殆ど競技系で、格闘技のイメージが強く。

練習後、興奮しながら話をする私をスニフのネコのような目で見る夫。
まあ、武士道に憧れるアメリカ人がリアルサムライに会いたいと、日光江戸村に行くぐらいの勘違いしてると思ってるでしょう?えっ?と、すごんでみたりして。
まあ、勘違いでもしてないと、50歳越えて空手をやりたいとは思わないか・・・
f0097924_14315344.jpg
松林流入門のしおりに記してある

空手は一生のマラソンにして自己との戦い ただ創造の努力あるのみ
青年よ和して同ぜず我が道を行け

くーっ、カッコイイ!!
この一言一句に猛烈に感動している内は、激しい筋肉痛にも耐えられそうです。
いつまで空手に、熱い「かずよ」でいられるか・・・・まついかずよにならないように気をつけます。
オヤジギャグで逃げるわたし
隙をついて逃げる、護身術。

[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-09-29 14:44 | 浜松(空手) | Trackback | Comments(1)
2017年 09月 04日

ABARTH124 Spider 日本一弱弱しいインプレ

6月の石垣島釣ブログをUPすると言っていながらUPせず。
7月に500Sを買ったとはしゃぎ
8月はあずきバーを食べ過ぎ、夫婦でお蕎麦の葱にアタリ、お腹を押さえながらトイレの奪い合い
お蔭で人間ドックは前年比で体重減。

そうして9月
とうとう、夫が倒れる・・・・・
f0097924_15190346.jpg

事は無く
早朝4時半から
アバルト124スパイダーを、舐めるように見ている光景。
マフラーがレコードモンツァかどうか調べているのだとの事。
わたくし「なんすかそれ?」って感じで
さらに、「アクセル2、3回吹かしてみて」と、興奮気味な夫。
早朝から近所迷惑ではありますが、結果はレコードモンツァじゃないそうです。
騒音夫婦で炎上しそう。
f0097924_14555536.jpg
FIAT500Sの一か月点検の代車に、こんな車を貸すなんて
一度治まったアバルト熱が再燃してしまうじゃないの!
と、心配しましたが、「僕は500Sが好き」とのことで。一安心。
f0097924_14552779.jpg
ちょろっと運転してみましたが
500Sよりも、より乗用車だったので驚きました。
ギュイーンとか、バビューン、ブロロロな感じは無く。(なんじゃそれ?)
節度のある普通の車でした。
f0097924_14570575.jpg
えーと、フロントのブレーキキャリパーがブレンボで
ショックアブソーバーがビルシュタインだそうな。
でもね、ベースはユーノスロードスターなんだよ。
パッと見は、ちょい悪なオシャレなイタリア人だけど、実はポロシャツをズボンにインして着ちゃてるよーな生真面目?な
日本人らしさが車に出てるのかね?と、インプレに国民性をこじつけてみました。
f0097924_14550787.jpg
通勤往復だけのお付き合いなので、悲しきサラリーマンは一瞬しかドライブを堪能できず。
そのうえ妻に「乗せてみ乗せてみ」と邪魔をされ。
とどめは、今朝畑仕事で、ムカデに手を刺され。
さらに、月曜日の朝のお楽しみEテレ0655「たなくじ」の結果も教えてくれず暗い顔・・・・
良いとすぐ報告するくせに。
↓これは私の結果、いい年こいて自慢げ。
f0097924_15385645.jpg

「また秋に向かって楽しい事あるよっ」と、
何の根拠もなく励ます9月の朝の出来事。

[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-09-04 15:48 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日

FIAT500S 50代美魔女のインプレ 文句ある?

石垣島釣りブログの中休み。

インスタグラムや、FBではしゃいでいる通り、車を変えました。
もう、この色と言い、ツヤと言い・・・・・ツヤは無いな・・・・
この車と来たら、洗車機で洗えないんですってよ!
f0097924_14261247.jpg
とは言いつつも、この車購入の大きな決め手となったのはこの色と言っても過言では無く。
そうしてMTだという事。
AT限定だったら、間違いなくこの色でも泣く泣く諦めていたでしょう。と、いきなりのCM↓


浜松FIATのお兄さんが、夫の意思を聞く前に
「日本限定販売25台、Mさんの為に頑張って確保します!」と連絡をいただいてから、納車まで、まぁ早かった事!
ある日は「アバルト、の・せ・てっ!」と、無邪気な子供を装い。
ある日は、ロッドケースを持って「ねえ、ねえ、これ、500に乗るかなぁ?」と、お店に乗り込んだ事もあるそうで・・・・
変な客ではありましたが、ディーラーに通った事が功を成したのかそうでなかったのか・・・
夫の好みと要望を、無理やり理解してくれたFIAT兄さんのお蔭で、手に入れる事ができました。
ちなみに、このお色は販売と同時に売り切れだそうです。

f0097924_14391556.jpg


夫は「量産型MS-09を彷彿させる」と、うっとり。
実家では「国防色」と言われ、
お料理教室のメルセデスな奥様には、「ご主人が塗ったの?」と言われ。
この色は、正式名イタリア語で、 verde apli、ヴェルデアルピ 日本ではアルピグリーン。
そうです!アルプスの緑色っちゅーことです。ドレスコードもばっちりですねっ!!と、FIATの方に褒められました。
f0097924_14301709.jpg
「いえいえ、この男はどこへ行くにもこの恰好なんですよ」と、言っても信用してもらえず。
ああっ、梅雨時に見るとイラっと来る全身、苔むしたような、ヴェルデアルピな男。

f0097924_14265372.jpg

夫が仕事で乗れない事をいいことに、3日間乗り回したこの暇な主婦のインプレ聞きたい?
もちろん難しい事は全く言えませんが
ジムニー、カプチーノ、オルティア、S2000、GOLF GTIを乗りこなした(ウソ)あたくしですから。
おーほほほと、無意味な笑い。古い写真を↓引っ張りだしてみました。

f0097924_14430628.jpg
5段マニュアルトランスミッション、排気量875cc ツインエアーターボだそうな。
我が家にはHONDAバモス(もちろんMT)があるので、まあ600ccに毛が生えたもんかな?と思ったのですが。
これが、毛どころか、じぇんじぇん違う乗り物でした。
まだバモスの方が初老の私に優しい・・・・・畑仕事で疲れたら、優しいベンチにもなるんだよ。
f0097924_14480333.jpg
面倒だからとシフトチェンジを怠けると
「このギアじゃ嫌だシフトダウンしてよ」と、トコトントコトン振動してきます。
50キロ弱で4速で走っても、トコトコ振動が始まります。バモスではありえないですよ
街中では3速あれば十分です。
そのかわり、スピードを出せばなかなか「僕やるよー」ってな感じで軽快に走ります。
GTIのように車の方で運転の未熟さを補ってくれるようなところは全くなく。
もう、そのまんまの車なので、
運転好きな人には「運転してるっ!」って感じで楽しめるのでしょうね。と、他人事。
わたしなんぞは、シフトレバー握りっぱなし、左足もフットレストでレストしている時が少ない・・・・
ボケ防止にはいいかもね。
f0097924_14274752.jpg
インスタグラムなどを見て見ると、きゃわいいキャラのフィアット500に乗る事でアイデンティティーを見出している方々が多いような気がするのですが
どちらかと言えば、きゃわいい車というよりは、
車って、こういうものだったよねーみたいな。
新車に乗っているのに、若かりし頃、とにかく車に乗れる事が楽しくて「運転楽しー!」と言っていた時代に後戻りしたようなノスタルジックな気分になっております。
そこらへんの気持ちを何十年も忘れさせない車を今も作り続けるなんて、まあイタリアっぽいわ!と思ったりする今日この頃。
一度しか行った事ないけどさ。
このモデルになってからも、8年たってもフルモデルチェンジせずに、このデザインでずっと人気者と言う事もやっぱりイタリア。

心配な事と言えば、CM添付しましたが
この車に長い間乗り続けたら、その内夫が、女たらしの、今や死語になってしまった「ちょい悪オヤジ」になってしまいそうで怖い・・・・・
しまった!女たらしも死語かもっ!


[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-07-07 15:08 | 浜松(自動車) | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 04日

2017年 石垣島釣り旅行 (前半その2)

5月石垣島釣り旅行後編。
地味に続いております。
最終日はフライの貴公子にお世話になって
フライフィッシング。
晴れたー!!
夫は「ジン子!」と叫んでますが、正式には「さくらジンベエ」
はっきり見えますー!これ↓ではわからないか。
f0097924_00201846.jpg
美しい浅瀬ではありますが、実はそこかしこにウツボさんが泳ぎ回っております。
私は「一生分のウツボをこの瀬で見たっ!」と断言したいぐらいです。
石垣島でなぜウツボ料理が名物にならないのか?
あっ!ウツボって、リゾート的にはイメージダウン?
と言うことは、このことは私だけの秘密にしておいた方がいいのかな・・・・
ウツボを名物にしなくても、他に美味しいお魚がいるからいいのかもよ、きっとそうだよ!
と、気が付けば一人問答
f0097924_12013475.jpg
小学生ぐらいのお魚が鋭いアタックを繰り返してきます。
f0097924_00190548.jpg
引きも、いっちょ前なので、姿を見るまでは「何?何?」と期待大なのですが
顔があどけないーリトルアメリカ
f0097924_00175417.jpg
釣れたお魚の殆どが、こーんな感じなので「おやおや、釣られちゃいましたねぇ~」なぜか急に、滝口順平調。
トップにも、果敢にアタックする、この子はベラの子?
f0097924_00153624.jpg
後ほど判明しましたが、この日、独り言が多いのは微熱があった為。
微熱があってもモンガラは釣れます。
「俺としたことが・・・・」と、目でモノ言うモンガラさん。
f0097924_00182270.jpg

夫は「来年高校生かい?」ぐらいのマトフエ君を釣りました。
f0097924_00151146.jpg

貴公子はお魚の老若男女良く釣りますー
でで、お魚の持ち方が、いつもかっこいいので真似をしたいのですが、
私がやろうとすると、お魚大暴れ。
貴公子は、魚の秘孔を突いているのだろうな、きっと。

f0097924_00242749.jpg

毎度の事ながら、最終日のフライフィッシングが楽しければ楽しいほど、帰りが切なくなるわけで。
切なくも楽しい一日を貴公子ありがとうございました。
f0097924_00210277.jpg


余談ですが、「アートホテル石垣島に変わってから、朝食どうですか?」と聞かれるのですが。
日航ホテル時代好評だった朝食バイキングも、殆ど変化なし!と、いうところでしょうか。
ただ、部屋数を増やした為か、
以前より、いろんな人種、「あれっ?」と思うような、価値観の違う方々が朝食の時に目立つようになったなぁ~と、思います。
以前ラジオで安住紳一郎アナウンサーが
「朝食バイキングでは社会人としての適応能力が試される」
と、言っていた事が思い出され、
大げさな様ですが、たった1回のバイキングの場面でその人のライフスタイルが見えてきてしまう・・・・

あなたには、夫のライフスタイルが見ーえーまーすかぁぁ?
朝食は、点心も手作りで、お豆腐もご近所の島豆腐屋さんのもの、牧場の搾りたて牛乳。チャンプルー類も充実してます。
f0097924_00170310.jpg
炭水化物ダイエット?それが何か?の夫の朝食。2日目。
f0097924_00163469.jpg
一応心掛けていることは
トレイに乗せる前に大まかなプランをたて、無駄に何度も立ち上がらない。
人気のおかずに執着して、そこに群がるおばちゃん達に挑まない。
カレーをメインに食べない。そのカレーが大好きならOK。
着席と共に落ち着いて食べる(次、何を食べようかと食べながらキョトキョトしない)
リラックスしすぎない・・・・などなど

人のふり見て我がふりなおせ。
旅の恥はかき捨てでは既に無し!
初老夫婦の旅の心得でした。チャン🎵


[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-07-04 12:34 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日

2017年 石垣島釣り旅行 (前半その1)

なんと!ブログ放置すること早半年。
と言うことは、今年も残すところ半年。
と言うことは、我が家の命を懸けた(大げさ)石垣島フィッシングトリップ(かっこうつけてみた)も5月、6月の前半戦が終わり。
もう、ブログも気にしている人なんていないだろうなぁ~と、タイトルも嘘つきだし。
少しタイトル変えてみましたが。ケケケ。
f0097924_17244522.jpg


しかし、こんなブログでも「沖縄や石垣島の釣り旅行に行く際、参考にさせていただきました。」と言うお声を聞き。
まあ、半年にお2人だけど、それでも「2人ってすごくない?」と、単純に嬉しかったのでボチボチやってみんとてするなり。

と言う訳で行ってまいりました
風邪ひき微熱の5月の石垣島。
おまけに梅雨の真っ最中。
それがなんなのさっと言った割には
到着後即お世話になるRED HEADのカヤックフィッシングを雨風の為キャンセル。
赤木さん、結局、弱気ですみません。
久しぶりに昼間の石垣島の繁華街を、こんな感じで→プラプラ インスタグラムでお楽しみください。
f0097924_17361517.jpg
旧日航八重山、アートホテルになってから初めて泊まりましたが、スタッフの方は殆どお変わりなく
f0097924_17285442.jpg
まあ、バーのジントニックの味が若干少し薄く感じられるなど、細かな点以外大きな変化も無く一安心。
f0097924_17264248.jpg
夕食は、元は、パン屋さんのビストロスマイルで、楽しく会食、
おススメの石垣牛のタリアータ写真が暗すぎるぅ~
f0097924_17205799.gif
大変感じの良いお店で、
この日の体調と、翌日のボートフィッシングの事を考えて、お酒とお料理を珍しく控えめにしたことが悔やまれる私。


さあ、翌日は、リトルターン長島キャプテンにお世話になって
お天気はやっぱり雨・・・・でも、そんなことは慣れっこさっ~と、思ったけれども
やっぱりどこか体調が本調子では無く。
夫は絶好調!カモフラが過ぎて、なんだかわからない写真になってます。
f0097924_17332023.jpg
更に、わたくし、ボーっとして、デッキシューズも忘れ、ゴムゾウリで釣るという。
「海、なめてますか?」スタイル。
でも、ゾウリは 石垣島のTHE NORTH FACEで調達。でもって何?ですが。
f0097924_17083787.jpg
前半「ナガジュー祭り」ではありましたが、2017年待ち遠しかった石垣島の釣り!と言う感じで楽しめました。
一瞬晴れたりして。
f0097924_17113493.jpg
途中何度か強いアタリもあり。
しかーし、得意のビックリして終了。あらら。
なぜか大好きな、ツチホゼリさんにもお会いできたし。
f0097924_17091202.jpg
夫のクライマックスは「超」を付けても言い過ぎでは無いお気に入りカエルルアー(ウォーキングフロッグと言うそうな)
で、この日一番の強いアタリ。
しかーし!痛恨のブレイクぅ~そのうえルアーもろとも海の底。
f0097924_17202445.jpg
石垣島のウブな魚をカエルで釣るなんて、魚の教育上よろしくないと思うのですけど。
これが、↓カエルさんの最後の姿・・・・・
美しい海にこのルアーは「ちがうだろぉぉ」と、どこかの女性政治家の様に言いたくなる。
f0097924_17183001.jpg
午後はずっと本格的な雨。しかも冷える~
レインジャケットのポケットに水が溜まるほど。
ポッケに入れたスマホのジャックから水が入り、スマホもブレイク。
バックアップもできず、多くの写真もアジャパー(昭和のオヤジ言葉ですがなにか?)

f0097924_17170967.jpg
悔しいから言っておきますが、レインジャケットのポケットが新品の時から雨水が溜まるんですけど!!
メーカーにクレームを言ってもそんな前例はないっておっしゃってましたけどっ!!
それとも良い子は、大雨の時は釣りしないのかしら?えっ?と、またもや狂暴になりそうな更年期。
まあ、今回はもう数年着ているので、しょうがないけど。
f0097924_17174728.jpg
ただ、波、雨、風の帰りのボートはちょっとした修行ですが、頭の中は「錦」で何を食べようか、古酒まで行けそうかと考え中・・・
天候が悪いほど、達成感を感じるのは、マゾなのか。
そんなM夫婦でしたが、Sキャプテン今回も本当にお世話になりました。
f0097924_17322031.jpg
お待ちかねの「錦」ターイム!!と叫びたい気分を抑え臨んだ店内大混雑。
周りを見渡せば、釣人間違いなしと思われる方が多々。
石垣島の釣り人達の聖地と化しております。
そのうちGTの写真がたくさん貼ってある壁に、祈りをささげると必ず大物が釣れるとか、パワースポットになるかもしれないっ。
もしや、なっているのかも。
聖水はオリオン生さぁ~
f0097924_17215735.jpg

呑気な釣り人が揺れる船上で必死で考えた。
絶対食べたいお魚フライ、イカスミチャンプルー
f0097924_17271295.jpg
モツ煮でしめて、冷えた体を温めたいっ!
しかーし、モツ煮がまさかの売り切れだったので、ボンジリでしめました。
石垣島の梅雨案外冷えます。皆さん温まりたかったのね。しみじみ
f0097924_17280369.jpg
そんな感じで、ボンジリと於茂登古酒の写真で、その2へボチボチ続きます・・・・・


[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-06-28 18:20 | 石垣島釣り旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 01日

新年早々「愛した人とフライフィッシング」

昨年中はいろいろな方にいろんな場所でお世話になりました。
年を重ねる事に、感謝の気持ちや、思いやりの気持ちは大切にしなければと、思う事が多くなりました。
「年取るとさぁーどんどんずうずうしくなっちゃうのよね~」と、平気で言う人にはなりたくない、つまらない大人にはなりたくないって、あれ?

新年です。
沖縄のグスクカレンダーで、テンションをあげつつ、
「めざせ!石垣島フルスト原遺跡!」
って、カレンダーで初めて知ったくせに、知ったかぶりっ子。えへっ
沖縄本島ワンタッチの薄情な私たちにお気遣いいただき本当に感謝です。
f0097924_15081357.jpg
と言いながら、今年も、昨年に引き続き石垣島に行き続ける為に生きていく私たちだと思います。
昨年も、5回お邪魔しました・・・・
「こんな生活続けてお金はどうするんだい?」と言うことで、
「石垣島に住みたいのなら、少しは貯めたら?」私がえらそーに言えば、「あんたに言われたくない」と、あっかんベーな妖精。
と、言いつつ大晦日は口があっかんベーならぬ、タコちゅーの形、タコ焼の妖精が憑依中。
f0097924_15084780.jpg
なので、わたくし、昨年末から一人始めました。
「お金になるものは売ってしまえ!」作戦。
なんと!自転車3台売れました。下手なパートよりいいじゃん!
浜松のイケてる美容師さんに、「お客さんで自転車欲しい人いないかな?」と、つぶやいたところ。
BD-1の初期タイプ2台と、ビアンキの古ーいシクロクロス 即日完売!
さすが、美容師さんの人脈。文芸大の大学生と、オサレなソバ屋のスタッフに売れたそうな
と、言いつつ3台片付いてもこのありまさま↓
SURLYは手放しませんYO!
f0097924_15120794.jpg
自転車以外には、夫のいろんなジャンルの本、私の雑誌に占められておりまして。
引っ越してから8年、全く手を付けていないコーナーがこれだっ!
この中に私が唯一買ったフライフィッシングの本があります。
「どーれだ?」って、「わかるかっ!!」ですよね。
「愛した人とフライフィッシング」愛した人って過去形ですね・・・
原題が、A DIFFERENT ANGLE この方がわかりやすいかも。アングルとアングラーもかけてるのかも。
16人のアメリカ人女性フライフィッシャーの釣りに対する熱いエッセイ集です。
釣り未亡人(旦那さんが一人で釣りに行ってしまって、取り残されて寂しい思いをしている人妻)な、あなた!
釣りは男だけのもんじゃないのよ、私だってPPAPとPMDの区別はちゃんとわかるんだから!失礼しちゃうフンッ!というあなた!
趣味に対して、男女関係なく、同じ立場で楽しみたいという、そこにある自然はすべての人に平等なのよ!と思えるあなた!
におススメしたいかどうかはちょっと自信ないですが。
今や釣りに関しては「つべこべ言わずに釣りたきゃ、釣りゃ~いいじゃん」と、なってしまった私には必要ないので
もし読みたい方いらっしゃったら差し上げます。私のサイン付きっ。
f0097924_15113862.jpg
夫、本に関しては、手放したくないものが殆どだそうで・・・・・・困ったものです。8年も見てないのにさっ!

実は、例の自転車のお金の一部は、年末年始の乾杯用のシャンペンに姿を変え、残りわずか・・・・
「君たちっ!本当に真剣にお金を貯めたいのかっ!!」と、誰かにビシッッと、怒ってもらいたい今日この頃。
f0097924_15161199.jpg
こんな私たちですが、なにとぞよろしくお願いいたします。
さてさて、また片付け再開です。

[PR]

# by furimukebakaeru | 2017-01-01 15:40 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(1)