気分は、四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 13日

石垣島釣り旅行記 1日目と2日目

夫の少し遅れた夏休みの始まりは
(って、毎週末夏休みだろう!と、突っ込まれそうですが・・・)
このうっそうとした茂みをぬけると
f0097924_11575799.jpg

始まる「釣り旅行です」
f0097924_1255341.jpg

以前宿のオーナーに「釣り旅行です!」
と、伝えたところ
「水族館ですよ」と教えてくれたポイントは
とても自分達の情報だけではたどり着けなかった場所。
今では石垣旅行の大半をこの場所で楽しみ。
私初モンガラ。
なんだか、嬉しい。ウフ。
f0097924_12264161.jpg

初夏と比べると渋かったけど
南国のかわいい魚と戯れ・・・
f0097924_12274738.jpg
天然ドットに思わず見とれる手のりミーバイさん。かわいい!
f0097924_123151.jpg

ナンだ、カンだで、ヒロサー君爆釣。判で押したようにこのサイズ。
f0097924_12367100.jpg

釣りに緊迫感と大物を釣りたい!を求めるのであれば
余りにもユルイ釣りではありますが
すごく楽か?と言えばそうでもなく。
ある程度体力や集中力も必要で
(遠浅の海をひたすら歩くのはある意味水中エアロビクス。)
もちろん相手は海ですのでそれなりの緊張感も必要で
そこら辺の感じ説明し難い「感情」、病み付きになります。
f0097924_1245435.jpg

小さいとは言え、スタミナのある魚を釣るのはなかなかこれは、おもしろうございます・・って急に「大奥」風
f0097924_1340672.jpg

短い会話ではありますが
「釣り旅行です!」と言うと、レンタカー屋のお兄さんが、
ホテルからすぐ近くのポイントを教えてくれたり
翌朝、早速行ってみれば
表情に威厳を感じるクワガナー(ことひき)を釣ったりして。
f0097924_1238870.jpg

おいしいカレー屋のお兄さんも「釣り旅行です!」と話せば
途端に、笑顔になり。もともと感じの良い店だったけどマスマス感じが良くなり。
f0097924_13123241.jpg
自称浜松手芸部部長としては、このタペストリーに魅かれ
f0097924_13134829.jpg

「釣り旅行です!」とは、言わないまでも、
石垣で釣りをしなければたどり着けなかった
何を食べても美味しい居酒屋さん。「錦」
「今日のフライはナンですか?」と、聞いたところ
f0097924_1321441.jpg
「今日釣った、バラクーダ(かます)」の答えにシビレマシタ
「素人にバラクーダって言っても通じるのか?」
って我が家も充分素人ですが・・
ホクホクフライに、カマスの風味・・・忘れられません。
f0097924_1322843.jpg

「アメリカン」は謎のままですが、錦サラダ、焼き物、すべて美味しかったです
その上おまけまでしていただきました。
たぶんオリオン生をたくさん飲んだから・・・・
f0097924_13224631.jpg

気のせいかも知れませんが周りの方殆どが釣りの話をしていらっしゃいます。
f0097924_13382043.jpg

そんな感じでゆるゆるニコニコと、釣り旅行1日目2日目が過ぎて行き
3日目のマングローブの釣りへと続くのでありました・・・
[PR]

by furimukebakaeru | 2010-09-13 13:54 | 石垣島釣り旅行


<< 石垣島釣り旅行 3日目      お礼と自慢 >>