気分は、四十路ミセスの自転車疾風録

surly1x1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:空手 ( 2 ) タグの人気記事


2018年 05月 03日

沖縄空手からの畑の妖精と楽しむ玄関前居酒屋・・・まとまらないGW

唐突ですが、空手続けてますよ!
GW前半4月29日空手の昇級審査が行われました。
ワタクシもちろん初参加。3級、緑帯を目指して華麗(?)に「形」4つ演武しました。
まだ結果は出ておりませんが、たぶん大丈夫!って、すごい自信と勘違い。アハハ。
大人になってから、大勢の人前で何かを表現するなんて初めての事。
手は震えるは、足の裏からも汗が流れるわ、瞬き忘れて目の玉渇くわで、グッタリでした。
後で夫がコッソリ覗きに行ったことを知り、び、びっくり「真面目にやってたから入って行けなかった」って、真面目に決まっているでしょ

写真は昇級試験の後行われた、浜松で活動してらっしゃる創作エイサー団体「琉彗」さん達の演舞を堪能しているところ。
沖縄空手とエイサーは通じているところが多く、体幹の使い方、基本の自護体立ち、さらに空手の形を踊りに取り入れてらっしゃるそうです。
リーダーは糸満市出身だそうですが、初めて浜比嘉でエイサーを見た時に感じたあの感動がよみがえり、涙腺がピンチ!
f0097924_18100630.jpg
自分がお稽古しているのは松林流という首里・泊手系の流派 (今のところピンアン5段は一番好きな形)なのですが
お恥ずかしい話、全く、歴史的な事を知らずに始めたので、もうそこからして面白くて興味深い。
f0097924_18143646.jpg
と!ここ数か月、空手がいいぞ、いいぞと会う人会う人に言っている上に、ブログでもくどいぞ!と、思われるのもちょっぴり悲しいので
ここで畑の妖精の登場ですパチパチ!
f0097924_18110079.jpg
4月は2日連続でイベント参加。
オリーブの苗をにこやかに販売。
4月21日の妖精。久々の豊田市のSTREET & PARK MARKETに参加。
少し緊張気味ですが、高額(と言っても1,000円)オリーブが売り切れたので、後半元気。
f0097924_18113074.jpg
4月22日の妖精。地元浜松のイベントなので少しリラックス。
小さな苗が完売したので、やはり後半元気。
写真、なぜか靄がかかって幻想的・・・・・このボケた感じ、レンズに付いてしまった私の手の汚れと判明
f0097924_18114690.jpg
そうしてGW前半の一大イベント!
私が空手の昇級審査なら夫はえーっと、玄関前居酒屋OPENかな?
f0097924_18124833.jpg
「オリーブで儲かったから高い肉食べようぜっ!」とノリノリで近所の高級スーパーへ行ったものの
霜降りの牛の値段&脂肪の高さに弱気になり、岩手の館ケ森アーク牧場の豚さんのロースにしました。
アーク牧場の豚肉美味しいのですよっ!
これが炭火でカリッカリに脂の部分を焼いて塩コショウで食べたら、久々「旨いっ!」叫んでしまいましたよ
f0097924_18111194.jpg

我が家のアスパラも炭火焼きにすると、甘ーいトウモロコシのような味になりますっ!
f0097924_18133298.jpg
ごく普通な食パンも、なぜか炭火で焼くと、カリッふわっと焼き上がり、それにオリーブオイルをタップリ染み込ませて食べるのは
我が家の定番になりました。

f0097924_18130751.jpg

玄関の明りに集まるカメムシがちょっと気になりましたが、玄関前居酒屋今年度初OPEN大成功でした。

そんな感じでGW後半は
ご近所は浜松まつりで大賑わいですが、また妖精は畑に逃げ込み、
私は部屋を掃除しながらメルカリに出店できそうな金目のものを物色中。ムフフ




[PR]

by furimukebakaeru | 2018-05-03 18:31 | 浜松(生活) | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 29日

50歳からの沖縄空手

みなさ~ん!(懐かしのつボイノリオ風)
空手が沖縄発祥の地と知ってましたか?
つい数か月前までは発祥どころか空手の「か」の字さえも自分の中に存在しなかった女が何言ってんの?って感じですが
まあ、私の世代は空手と言えば読んだことはないけど「空手バカ一代」「空手バカかずよ」ではないですよ!!

空手の「形」がオリンピックの種目になってから、NHKなどで特集をしたり
キリッとしたお顔の女性選手などを目にするようになって、

得意の更年期を理由に第2期自己嫌悪月間に陥っていた私は
「形」をやったら、この呑気な危機管理ゼロの主婦も鋭い目つきになるのだろうか、何かが変わるのだろうか?と、浅はかな考え
とにかく、リアルで形を見て見たい!と、いてもたってもいられなくなって道場探し。
ラッキーな事に、沖縄の伝統空手を稽古してくださる方がすぐ見つかり、
即連絡「ぜひ見に来てください」と、なりました。

お稽古場は区の体育館の一角。
護身術研究会という名で活動されてました。
代表の方は松林流6段で大手自動車メーカーをリタイアされて数年だそうで
それだけでも、すごい。いや、本当にすごい。
なんと!私には68歳の黒帯ご婦人が指導してくださいました。
メンバーは会社帰りのサラリーマンと8人ほどですが
坐禅から始まり、礼、決められた準備運動に基礎鍛錬、形、各々自主練
みなさん、動きキビキビッですよっ
空手着の擦れるサッ、サッという音が聞こえる様に動けるまで何年かかるでしょうかねぇ。

気が付けば気分は既に「空手バカかずよ」
お稽古5回目にして空手着購入。
もちろん、形どころか、まともに歩けないです。テヘッ
f0097924_14322685.jpg
これも後に知りましたが、本土にはピュアな沖縄伝統空手の道場が本当に少ないそうで。
浜松市内道場は多々あれども「形」を重視している流派は無く、殆ど競技系で、格闘技のイメージが強く。

練習後、興奮しながら話をする私をスニフのネコのような目で見る夫。
まあ、武士道に憧れるアメリカ人がリアルサムライに会いたいと、日光江戸村に行くぐらいの勘違いしてると思ってるでしょう?えっ?と、すごんでみたりして。
まあ、勘違いでもしてないと、50歳越えて空手をやりたいとは思わないか・・・
f0097924_14315344.jpg
松林流入門のしおりに記してある

空手は一生のマラソンにして自己との戦い ただ創造の努力あるのみ
青年よ和して同ぜず我が道を行け

くーっ、カッコイイ!!
この一言一句に猛烈に感動している内は、激しい筋肉痛にも耐えられそうです。
いつまで空手に、熱い「かずよ」でいられるか・・・・まついかずよにならないように気をつけます。
オヤジギャグで逃げるわたし
隙をついて逃げる、護身術。

[PR]

by furimukebakaeru | 2017-09-29 14:44 | 浜松(空手) | Trackback | Comments(1)